仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

75676384dc8aa36fd87e0bdc7d6e0a3c s

仮想通貨取引所のウォレットとハードウォレットの違いは?

仮想通貨を取り扱う上で重要となってくるウォレット。ウォレットとは仮想通貨をしまっておく電子的なお財布のことです。そんなウォレットについてきちんと理解することはもちろん大事です。そして、ハードウォレットとの違いとは?という人も多いはずです。今回はそんなウォレットについて説明していきたいと思います。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/16 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

仮想通貨のウォレットとは?

ビットコイン_ビジネスマン

現在では多くの種類が存在する仮想通貨ですが、仮想とはいえ所持している方はどこかに入れて保管する必要があります。

この入れ物をウォレットと呼び、現在では多くの種類が準備されていて、無償で利用できるものから物理的なデバイスに格納して携帯できるもの等があります。

但し、実体の無い仮想通貨を入れる(保管する)事になるので一般的な通貨の入れ物となる財布とは保管の形態が大きく異なり、ウェブもしくはPC、専用デバイス上に定義された仮想的な空間に保管する形になります。

実体通貨を保管するものではなく電子的な財布ですのでネットとの相性は良いので、取引に際しての使い勝手が良い事はメリットですが、常に悪意の第三者からのハッキング等の脅威に晒されている事はデメリットとして認識しておく必要があります。

以下に各種ウォレットについてどのような種類があってその利用方法にはどういったものがあるのか、それぞれのメリットとデメリットをご紹介させていただきます。

ウォレットの種類と特徴

前項にて触れましたが、ウォレットには多くの種類があり、それぞれの特徴を理解した上で利用していく事が 効率的かつ安全に仮想通貨を運用できる事に繋がっていきます。

ウォレットはその格納先により、いくつかに分類され、利用者のPCにインストールして利用されるソフトウェア(デスクトップ)ウォレット、ウェブ上に仮想的に定義されるウェブウォレット、スマートフォン等のモバイル端末にインストールされるモバイルウォレット、紙媒体上に保管(印刷)されるペーパーウォレット、仮想通貨保管用の専用機器に格納されるハードウェアウォレット等です。

上記のウォレットの中で オフラインにて保管されるものはコールドウォレットとも呼ばれ、ネットから切り離された状態で保管されるのでハッキング等のネット犯罪に巻き込まれる可能性は非常に低く高額の資産を保管するのに適していますが、利便性という観点では オンラインとなるウェブウォレットが資産の運用に際しては非常に使い勝手が良いという特徴を持っています。

以下に各ウォレットの特徴を一覧に整理させていただきましたのでご参照下さい。

仮想通貨ウォレット比較
種類 安全性 扱いやすさ 考えられるリスク
ホットウォレット ウェブウォレット × ・ハッキング等による資産盗難
・サービス提供側の問題による利用不可
ホットウォレット ソフトウェアウォレット ・コンピュータウィルス等での情報漏洩
・OSやアプリ等の不具合での情報喪失
コールドウォレット モバイルウォレット ・デバイスの紛失
・機械的な故障
コールドウォレット ペーパーウォレット × ・火災等による焼失
・盗難
コールドウォレット ハードウェアウォレット ・機械的な故障
・破損

ウェブウォレット

ビットコインとタブレット

インターネット上に設定するウェブウォレットとなり、口座開設はメールアドレスの登録等で行える手軽さもあり非常に利便性が高いウォレットという事が出来ます。

反面、インターネット経由で行われているネット犯罪(ハッキング等による不正アクセスや資産の盗難等)に対しての脆弱性は常に指摘されていますので、その危険性を認識し万が一犯罪に巻き込まれると所持していた資産が全て盗まれてしまう可能性も否定できません。

また、セキュリティレベルについてはウォレットの運営会社での設定に一任せざるを得ない事が懸念として考えられますし、サーバ障害等で一時的にウォレットが利用不可となったりすると仮想通貨の売買タイミングを失ってしまい、想定していなかった損失を被る場合も有り得ます。

最近では正規のウェブウォレットの運営会社サイトを模した疑似サイトに誘導しユーザー情報を不正取得するフィッシング詐欺等も発生している様ですので、利用サイトのURL確認等(httpsではない等)で利用者自身でのセキュリティ意識も高める必要もあります。

利用する際には十分な注意が必要ですが、セキュリティ設定がある程度のレベルで設定されている事と少額の資産を一時的に保管する場所として利用する事を考えれば、その利便性は他のウォレットと比較して高いと言えます。

Blockchain(ブロックチェーン)

blockchain.info_portal

オンラインウォレットとして世界的に有名なもので日本語対応もしている事から日本国内でも多くの利用者がします。

口座開設もメールアドレスとパスワードを登録するだけで口座開設できる手軽さが特徴です。

新規作成した財布(口座)を利用するには初期設定が必要ですので、登録したメールアドレスに送付されるメールに記載されている検証リンクをクリックするとログイン画面が表示されますので設定したパスワードにてログインします。

ログイン後にバックアップ用の12個の文字列(フレーズ)が表示されるので、記入用紙となるRecovery Sheetを印刷して順次表示される文字列を記録して下さい。

その後、2段階認証とTOR要求のブロックを設定すればウォレットとして利用可能となります。

セキュリティとしては2段階認証を利用しますのである程度のセキュリティ強度と言えますが、オンラインウォレットである事を忘れずに少額のみの保管に利用いただく事を推奨します。

ウェブウォレット(仮想通貨取引所)

仮想通貨取引所

取引所でのウェブウォレットはセキュリティレベルが取引所側に合わせられてしまう事が懸念ですが、2段階認証の設定や一部ですがウェブウォレットの補償制度を設けている取引所も存在しています。

また、利用者から預かっている仮想通貨での流動性の低いものについてオフライン状態で保管する仕組みを導入しているところもありますし、指定回数を超える理ログイン試行ではアカウントロックを行う対応等もありますので、セキュリティという面では以前に比較して強くなっていると言えます。

取り扱っている仮想通貨の種類もビットコインをメインにするのかアルトコインも併せて運用するかにより取引所の選択も変わりますし、売買手数料や入出金手数料についてもそれぞれの取引所で料金設定が異なっています。

取引所に支払う手数料がマイナス設定となっている取引所もありますので、取引を行う際には各取引所を比較検討する事が望ましいのではないでしょうか。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer_portal

bitFlyerは日本国内では登録者数60万人(2017年9月)を超える最大規模の仮想通貨取引所となります。

取扱所がハッキングされ利用者の預けた資産が盗まれた場合には、前提条件となる利用者自身で行うセキュリティ設定はありますが、補償制度を設けている取引所となります。

取り扱っている仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラッシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインの計6種類の仮想通貨の取引を行う事が出来ます。

セキュリティ強度については、ログイン時のパスワード強度チェックや2段階認証(ID/パスワード以外の認証コードを併用してログインすること)、まだ国内の仮想通貨取引所では実装が少ない高セキュリティ機能のマルチシグネチャ(マルチシグ)の実装があり、利用者に安心感を与えるセキュリティレベルであると言えます。

coincheck(コインチェック)

coincheck_portal

coincheckも日本国内では大手の仮想通貨取引所となり、こちらの特徴は他に類を見ない多彩な仮想通貨の取り扱いです。

ハッキング被害による補償制度はありませんが取引所にて設定されているセキュリティについては2段階認証設定やアカウントロック、利用者から預かった資産のコールドストレージ管理テキスト等を実装していますので他の仮想通貨取引所と引けは取らないレベルではないかと考えます。
「coincheck Payment」と呼ばれるサービスでは店舗で利用者がビットコインにて決済してcoincheckから日本円にて店舗へ支払うという形態のものや電気代をビットコインで支払う「coincheckでんき」等のサービスがあるのも特徴の一つではないでしょうか。

取り扱っている仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラッシック、リップル、ライトコイン、NEM、DASH、Monero、Zcash、LISK、Augur、Facom、ビットコインキャッシュの計13種類の仮想通貨の取引を行う事が出来ます。

Zaif(ザイフ)

Zaif_portal

Zaifは日本国内ではbitFlyerとcoincheckと並んでリストされる事の多い取引所ですが、2015年に日本で初めて仮想通貨/円とのトレードと仮想通貨同士のトレードを行った事はあまり知られていない様です。

この取引所では仮想通貨の取引手数料がマイナスとなる大きなメリットがあります、取引を行う事で手数料から利益が得られるのはこちらだけになります。

また、仮想通貨による積立という他には見られないサービスや後述するハードウェアウォレットの販売等も行っていますので、ちょっと他の仮想通貨取引所とは趣が異なりますが、利用者にとってはいろいろなサービスの選択肢が多く楽しみながら仮想通貨の知識を習得できる付加価値の高い取引所ではないでしょうか。

また、Zaifは独自の仮想通貨とも言えるトークンを販売していますので、投資として考える方は一考する価値はあるのではと考えます。
セキュリティレベルも2段階認証他の取引所とはほとんどレベルの差はありませんので、利用に際してセキュリティの懸念は無いと考えます。

取り扱っている仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、NEM、モナコイン、ビットコインキャッシュの計5種類の仮想通貨の取引を行う事が出来ます。

※Zaifトークンを含めると取り扱い仮想通貨は6種類となります。

ソフトウェアウォレット

ビットコインPC

仮想通貨を入れておくウォレットの一つであるソフトウェア(デスクトップもしくはローカル)ウォレットですが、ウェブ上にビットコインが格納されるオンラインウォレットと同様の利用形態のものとオフラインでも利用できるものがあります。

ソフトウェアウォレットはPCにインストールして利用しますが、インストールタイプとして既存のブロックチェーン情報を全て含む完全版と簡易版があり、完全版は数十GB(ギガバイト)の大きさなのでインストールするPCの環境(空データ容量)も考慮する必要があります。

このウォレットはネットワークから切り離す事の出来るPCにインストールされるので、オンラインウォレットと比較してハッキング等の脅威に対してはオンラインウォレットに比較してセキュリティレベルは高いと言えますが、PC(OS)自体のコンピュータウィルス等の脅威への対策は必要となります。

PCに設定するセキュリティについては利用者本人の意識に大きく影響されますので、利用者が正しいセキュリティ知識とリスク管理を理解して対応する必要があります。

また、PCにインストールする事はそのPCがソフトウェア/ハードウェア的に不具合や故障した場合には仮想通貨を利用不可となりますので、バックアップ等の対応策を実施しておく必要があります。

Bitcoin Core(ビットコインコア)

Bitcoin Core_portal

このソフトウェアウォレットは日本語対応ですが完全型となる為、インストールするPCのディスクに数GB(ギガバイト)の空き容量が必要となります。

完全型はビットコインでの取引履歴過去から全てダウンロードする必要があるので、インストールが終了するまでにかなり時間が掛かる事が予測されますのでインストールされる場合には時間的な余裕を見て対応して下さい。

また、ウォレットとしてのセキュリティ設定が暗号化のみである為、一般的に認知されているコンピュータウィルスなどの脅威に対してはアンチウィルスもしくはアンチマルウェアアプリケーションなどのソフトウェアをPCに導入する事でしか対抗できない点は大きな懸念点と考えらえます。

ウォレットの暗号化には対応していますので、ビットコインを格納後は速やかに暗号化を行い、パスフレーズは利用者本人にて管理する事を推奨します。

Electrum(エレクトラム)

Electrum_portal

簡易型のソフトウェアウォレットとなり、ブロックチェーンの履歴情報が不要なのでインストール後に直ぐに利用可能となります。

前項でご紹介したbitcoincoreと同様に日本語対応のウォレットであり、オフライン環境下でも取引可能なコールドストレージ機能を持つ事が特徴です。

ウォレットのインストール時に12個のseedと呼ばれる英単語が表示されるのですが、このseedはウォレットに格納されている各種情報(全てのビットコインアドレスと秘密鍵)に対してのアクセスに利用されますので、利用者本人にてセキュリティを考慮した安全な環境に保管しておく事を推奨します。

また、seedはウォレット自体のバックアップの役割も併せ持つ事になりますので、別にウォレットのバックアップを取得する必要が無い事も特徴の1つです。

seedを暗号化して格納する機能も実装されていますが、万が一暗号化キーを失念するとウォレットが全く利用出来ないので暗号化は行わずにseedを適切に保管する方が望ましいと考えます。

モバイルウォレット

モバイルウォレット

一般的な利用者が持っているもので最も身近にあると考えられるスマートフォン(これに類するモバイル端末を含む)にインストールして利用するウォレットとなります。

単純な仮想通貨の保管場所としてだけではなく、仮想通貨チャート等に関する情報収集もスマートフォン単体で済みますから、それらの情報を元にリアルタイムにかつ手軽に仮想通貨の取引を行う事が可能となります。

ボラティリティの大きいビットコインの取引にはこの即時性という点は非常に適しているのではないでしょうか。

別の観点では実店舗でのビットコイン決済に利用する事が出来れば、現金が不要となりますのでこれも利便性の向上に役立ちます。

メリットは前述の通りですが、スマートフォン利用にて避けられないデメリットもいくつか存在しています。

スマートフォンも機器ですので故障や落下や強い衝撃による物理的な損傷や搭載しているOSや利用アプリケーション自体の不具合等でスマートフォン自体が利用出来なくなる可能性がありますので、突然のそのような状況が発生しても対応できるようにバックアップは取得しておくべきです。

また、盗難のリスクもありますので、利用者本人によるセキュリティに対する意識(画面ロックや暗号化等)を高くしておく必要があります。

breadwallet(ブレッドウォレット)

breadwallet_portal

サービス開始当初はios用のモバイルウォレットだったのですが、最近Android用のモバイルウォレットもサービスが開始されたようです。

このウォレットは秘密鍵を端末上でのみ管理する仕組みとなっていますので比較的セキュリティレベルは高く、ユーザーインターフェイスはあまり多機能ではない反面シンプルな構成となりますので、あまり取引に慣れていない初心者の方でも操作は簡単で扱い易いのではないでしょうか。

新規にウォレットを作成する場合は復元フレーズを設定しますが、この復元フレーズが表示されている自画面を撮影しようとするとフレーズが自動的に変更される仕様となっている為、自画面の撮影以外(手書き他)で復元フレーズを記録していただく必要があります。

復元フレーズはウォレットの別途設定するパスコードを失念した場合でもウォレットを復元できるので大切に保管して下さい。

ペーパーウォレット

ビットコイン ウォレット

ペーパーウォレットはビットコインの保管方法としては他のウォレットと比較しても高いセキュリティレベルを提供するものです。

ネットワークから切り離された完全なオフラインでの管理となり、ハッキング等のネットワークからのアクセスは不可能なのでネット犯罪には巻き込まれる事はありません。

資産の保管についての安全性は高いのですが、デメリットの1つとして利便性が低い点が上げられます。

例としては資産の残高照会を行う場合には手動入力を行う必要がありオンラインウォレットと比較してやや面倒になります。

また、その他のデメリットとして紙媒体にビットコインアドレスと秘密鍵が印刷される事になり、ペーパーウォレットが盗まれると記載された情報にて第三者へ資産が不正送金されてしまう可能性が非常に高いので、ペーパーウォレットの管理には充分に注意して下さい。

その他にも印刷された情報が何か接触する事で劣化してしまい、ビットコインアドレスや秘密鍵が判別不能となってしまう問題や焼失・紛失・欠損等により記載された情報が読み取れなくなる問題があります。

bitaddress.org(ビットアドレス)

bitaddress.org_portal

bitaddress.orgはPC等のデスクトップ上でウォレットを作成して秘密鍵は利用者自身にて管理する形となるペーパーウォレットとなります。

このペーパーウォレットは12カ国語に対応していますので、日本国内に在住されている外国人の方でも使い易いウォレットだと言えます。

印刷された紙媒体となりますので取引にて残高が変化した場合には別のローカルウォレットにて残高確認を行う必要があります。

利便性という観点からは取引にてビットコイン残高が変化するとペーパーウォレットを再発行する必要があるので使い勝手はあまり良くありませんが、その点が逆に高いセキュリティレベルとなっているとも言えます。

その利点を活用して高額なビットコインの保管にはbitaddress.orgのペーパーウォレットにて保管し、取引の際にはオンラインウォレットに保管したビットコインを利用するといった資産の分散管理を行う方も多い様です。

ハードウェアウォレット

ビットコイン_バイナリ

ハードウェアウォレットはPCとUSBにて接続してブラウザを経由して利用するウォレットとなります。

ハードウォレットとなる専用デバイスをPCに接続してブラウザから参照する事でオンラインウォレットとして利用する事も出来ますし、PCから切り離してオフラインウォレットとしても利用出来るので、双方の利点(利便性と高セキュリティ)を併せ持つ非常に優れたウォレットとなります。

PCのセキュリティ設定に問題がありPC自体にウィルス等が感染してしまい、データの盗難が発生しても接続されたデバイス(ハードウェアウォレット)に設定された暗証番号が分からないと取引が出来ない為、不正アクセスされる可能性は低いと言えます。

専用デバイスとなりますので利用に際しては機器の導入費用を負担する必要がありますので、この点は他のウォレットと比較してデメリットとして考えられます。

その他のデメリットとしてはデバイス自体が機械的な故障を生じる可能性やデバイスの破損といった事で利用出来なくなる事も考えられますので、取り扱いには注意が必要です。

また、機器のファームウェアの更新が必要となる場合もありますのでその対応が手間に感じられる方もいらっしゃると考えますが、簡単にオフラインとオンラインを切り替えられる利便性と可搬性を両立できる点とセキュリティの高さからPC利用者でリアルタイムに高額な取引を行う方には適しているのではないでしょうか。

Trezor(トレザー)

Trazor_portal

ハードウェアウォレットはいつかの種類がありますが、その中では比較的有名なので、名前はお聞きになられた方もいらっしゃる筈です。

PCにUSB経由で接続を行うだけでブラウザから安全にウォレットへアクセスする事が可能です。

専用デバイスであるメリットを活かして手軽にオンラインとオフラインの切り替えが可能となり、コンピュータウィルス等の脅威からもデバイス自体に設定されている暗証番号が分からない限り仮想通貨の送金処理が出来ない等の高いセキュリティを実現しています。

ハードウェアである限り物理的な故障や破損といった問題は付いて回るのですが、Trezorについては初期設定時に複数個のパスフレーズが発行されるので、そのパスフレーズを紙などに記録しておけばリカバリー(バックアップ)する事が可能です。

もし機械的な故障でアクセスが出来ない状況になっても、別のデバイスにパスフレーズを入力する事で情報を復元する事が可能ですので、高額の仮想通貨を安全に保管する為には適切を言えるウォレットではないでしょうか。

仮想通貨ウォレット【まとめ】

ビットコイン

仮想通貨を利用する上でその資産を安全に保管する為に利用するウォレットについて、タイプを分けてご説明させていただきました。

どういった形で資産を運用していくのか、利用者本人が何を優先するかによって選択するウォレットが変わりますが保有資産が高額になる場合は保管を主にコールドウォレットを選択して取引にはウェブウォレットを利用するといった利用目的別に分ける方もいらっしゃる筈です。

また、利用者の方が普段活用している携帯デバイス(スマートフォン等)にインストールできるウォレットもあり、手軽に仮想通貨を運用したい方には非常に適しているものもあります。

2017年は仮想通貨取扱所のTVCMも流され、世間一般に広く認知される事になりましたが、やはり利用者の方がどういった方法で仮想通貨を使っていくかによって適切なウォレットが決まってくると考えます。

資産運用時の利便性やセキュリティ、ユーザーインターフェイスの使い易さ等で選択するウォレットも様々ですので、利用目的に合ったものを選択してご利用下さい。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。