仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Bitflyer %e3%83%93%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc  4

ビットフライヤー(bitFlyer)でのレバレッジは何倍までOK?

レバレッジ取引というのをご存知でしょうか?レバレッジ取引では自分が保有している額よりも多くの額を使って取引することができます。今回はビットフライヤーでのレバレッジ取引のやり方を説明していきたいと思います。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/12/06 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

bitFlyerでの仮想通貨取引で利益を出すには

bitFlyerでの仮想通貨取引で利益を出すには

ビットフライヤー(bitFlyer)で取引を始めてみたけれど、儲け方がイマイチ分からないという方は多いのではないでしょうか。

特に、仮想通貨の中でも、ビットコインを1単位でも手に入れようとすれば、いまや大きな金額が必要とされます。

しかし、ビットコインも取引のやり方次第では大きな利益が得られます。その方法とはレバレッジ取引のことであり、ビットフライヤー(bitFlyer)にはこの機能があるのです。

そこで、この記事では、ビットフライヤー(bitFlyer)でビットコインの取引を行うことを想定し、レバレッジ取引のやり方を詳しく解説します。

bitFlyer Lightningで仮想通貨取引を行う

bitFlyer Lightningで仮想通貨取引を行う

ビットフライヤー(bitFlyer)にはbitFlyer Lightningというレバレッジ取引のためのシステムがあり、これを利用することで、一般的なFX取引と同じようにレバレッジをかけた取引を行うことができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)のbitFlyer Lightningでは、ビットコインの現物・FX・先物取引だけでなく、イーサリアムの現物の取引なども行うことができます。

このように、bitFlyer Lightningは普通の取引では得られない利益を得ることができる可能性を秘めている点で、非常に魅力的です。

そこで、以下、ビットフライヤー(bitFlyer)の注目すべき機能としてのbitFlyer Lightningにフォーカスします。

bitFlyer Lightningを利用するには資格がいるの?

bitFlyer Lightningを利用するには資格がいるの?

ところで、レバレッジ取引というのは、現在自分が保有している金額以上の金額をかけることを可能にした取引なことであり、これにより本来は購入できない金額の金融商品をも手に入れることのできる取引です。

そのため、レバレッジ取引には何らかの資格のようなものが必要とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

この点、ビットフライヤー(bitFlyer)のbitFlyer Lightningでレバレッジ取引を行うために必要な資格は、ビットフライヤー(bitFlyer)における「トレードクラス」の会員資格のみです。

この記事をご覧になっている多くの方は既にトラードクラスの資格をお持ちのことでしょう。

仮に、まだ個人情報の登録と認証が完全に終わっていないという方は、ビットフライヤー(bitFlyer)でbitFlyer Lightningを利用するにあたっては、トレードクラスへの会員資格の切り替えを済ませておきましょう。

Lightning FXってなに?

Lightning FXってなに?

ビットフライヤー(bitFlyer)では、bitFlyer Lightningとの関係で、Lightning FXなるシステムも有名です。

これはその名の通り、仮想通貨取引所においてビットコインでFX取引を行うことのできる人気のシステムであり、その利用にあたっては事前に証拠金の入金が必要です。

レバレッジのかけ方も自由に選択することができるため、はじめは資産に余裕のない人であっても一定の高い金額水準でビットコインによるFX取引を行うことができるのです。

ただし、FX取引である以上、レバレッジのかけ方には慎重な姿勢も不可欠であることは言うまでもありません。

この点、ビットフライヤー(bitFlyer)でbitFlyer Lightningを利用する際は、仮想通貨が価格変動の著しく激しい金融商品であることを十分に理解しておく必要があります。

利益が大きいが損も大きいレバレッジでの取引|リスクあり

レバレッジをかけるとは?

大きな利益を出せる可能性がある反面、大きな損失もあり得るため、誰であってもレバレッジ取引には不安が付き物です。

リスクの認識は十分なものでなければなりませんが、とはいっても、レバレッジ取引も歴とした正攻法の一つであることは間違いないのであって、きちんとしたやり方で行えば、大損失を回避できる可能性が高まるだけでなく、利益を得られる可能性も高まります。

そこで、ビットフライヤー(bitFlyer)でbitFlyer Lightningを利用してみたいと思った方のために、以下では、レバレッジ方式で仮想通貨取引を行う方法を説明します。

レバレッジをかけるとは?

レバレッジをかけるとは?

レバレッジとは英語では「テコ」を意味する単語ですが、金融取引においては、FX取引に代表されるように、一般に、「金融商品取引において、証券会社などの有する資産を用いて自己資金に対する利益率を高めること」を意味します。

ビットコインなどの仮想通貨取引におけるレバレッジ取引も、基本原理はこれと同じです。

取引額のレンジが大幅に広がるため、レバレッジをかけると大儲けができる場合があります。

しかし、その反面、チャートが思うように動かない場合や予想と逆の動きを見せた場合には、大損失を出してしまう危険もあります。

レバレッジは、そのレンジを広げれば広げるほど、よりハイリスク・ハイリターンになっていきます。

そのため、レバレッジ取引においては、リスクの計算が最重要と言われます。

レバレッジのリスクとは?

レバレッジのリスクとは?

レバレッジの基本的な説明・機能は以上のとおりですが、これを換言すれば、レバレッジとは借金そのものであることもしっかりと認識しておかなければなりません。

レバレッジを駆使して取引を目指す金融商品が仮想通貨であるにせよ、円やドルなどの法定通貨であるにせよ、レバレッジという方法を用いるのならば、現在自分が持つ以上の資産を他から借りていることにほかなりません。

当然ながら、借りたものは返さなければなりません。

レバレッジにリスクを定義できるとするならば、それは「借りすぎのリスク」というべきです。レバレッジをかける際は必ず、この点に留意して行いましょう。

ビットフライヤーではレバレッジを何倍にして取引できる?

ビットフライヤーではレバレッジを何倍にして取引できる?

レバレッジをかける際の注意を促したところで、レバレッジをかけるならば、何倍のレバレッジにするのかを決定しなければならないことにも触れておきます。

この点、ビットフライヤー(bitFlyer)のbitFlyer Lightningにおいては、最大で15倍までレバレッジをかけることができます。

これについては、ザイフやコインチェックではそれぞれ7.77倍と3〜5倍が最大のレバレッジ幅となっているため、レバレッジ幅についてはbitFlyer Lightningのほうに優位性があることが分かります。

レバレッジを使用することができる取引ってどんな取引

レバレッジを使用することができる取引ってどんな取引

レバレッジをきかせて行う取引としては、一般に、FX型・信用取引型・先物取引型の3種類が存在します。

ビットフライヤー(bitFlyer)のbitFlyer Lightningでは、これら3種類のうち2種類の取引が可能です。

この記事では、その2種類を紹介する前に、FX型・信用取引型・先物取引型の3種類の取引とはどのようなものなのかを知っていただくために、以下で、これら3種類の取引の概要を説明しておきます。

レバレッジ取引の類型について知識を待っておくと、実際に取引を行う段階に至ったときに慌てることがありません。以下で、基本的な知識を確認しておきましょう。

FX(外国為替証拠金取引)とはどんな取引?

FX(外国為替証拠金取引)とは、「Foreign Exchangeの略であり、ドルやユーロなどの外国通貨を交換する際の差益を目的として行われる外国為替証拠金取引」のことです。

つまり、レートが1ドル=100円の時にドルを手に入れて、1ドル=120円になった時に手に入れていたドルを交換することで、1ドルあたり20円の差益を手に入れることができるわけです。

ビットコインのFXも基本原理はこれと変わりません。しかし、ビットコインは先に言及しているように、価格変動の激しい金融商品です。

つまり、一般のFXでは通貨単位あたりの差益はわずかしか見込まれないのに対して、ビットコインFXともなれば、大きく価格変動したときに交換すれば、たとえ注入資産がそれほど大きくなくとも、一般のFXでは到底成し遂げられない差益獲得が可能というわけなのです。

信用取引とはどんな取引?

信用取引とは、「現有資産以上の取引を行うために、自らの資金や株式などを証拠金として預け入れて担保とすることで可能になった、より大きな金額の投資」のことです。

信用取引とレバレッジをかけたFXの2者について何が違うかというと、差金決済の有無です。つまり、信用取引では差金決済ができない一方、FXにおいては差金決済ができる点でリスクヘッジが可能というわけです。

先物取引とはどんな取引?

続いて、先物取引とは、「目的とする金融商品を特定の価格で手に入れるために、将来の売買を約束しておく取引」のことです。

先物取引についても、FX・信用取引との違いを探してみます。

まず、先物取引とFXとの違いは、決済の期限の有無です。

つまり、先物取引においては、その性質上、先物の支払期限がありますが、FXについては、交換した外貨をどの程度の期間持ち続けるかは任意なのです。

次に、先物取引と信用取引との違いは、決済期限の有無と差金決済の有無との2点に表れます。

つまり、先物取引においては先物の支払期限がありますが、信用取引においてはFXと同様、それがありません。加えて、先物取引においてはその性質上、差金決済が認められなければなりませんが、信用取引においては、差金決済はなされません。

bitFlyer Lightningで行うことができる仮想通貨取引方法とは

以上のように、レバレッジ取引をするという場合、一般には、FX型・先物型・信用型の3種類が考えられます。さらに、これら3種類のレバレッジ取引には、以上に挙げたような相違点があります。

ただし、ビットフライヤー(bitFlyer)でbitFlyer Lightningを利用する際、レバレッジ取引ができる取引は3種類ではなく2種類とされてます。

すなわち、bitFlyer Lightningでは、FX型取引と先物型取引についてはレバレッジをかけることができますが、信用型取引についてはレバレッジをかけることができません。

ビットフライヤーで仮想通貨取引を始めるためのお金の入金方法は

以上では、ビットフライヤー(bitFlyer)におけるbitFlyer Lightning利用の概要を説明しました。

ところで、ビットフライヤー(bitFlyer)でbitFlyer Lightningを利用するにも、ビットフライヤー(bitFlyer)に自己資金の入金をあらかじめ済ませておかなければなりません。一般の仮想通貨取引を開始するためにも、ビットフライヤー(bitFlyer)の口座にはお金を入金する必要があるのです。

そこで、以下では、ビットフライヤー(bitFlyer)でbitFlyer Lightningを利用するために、そして、一般の仮想通貨取引をも行うために、その事前準備として知っておかなければならないポイントを説明します。

銀行振込での入金方法と手数料は?

銀行振込での入金方法と手数料は?

ビットフライヤー(bitFlyer)でbitFlyer Lightningを利用したり、仮想通貨を購入するにあたっては、日本円を入金しなければなりませんが、そのもっとも基本的な方法とは、銀行振込による入金です。

つまり、自分が登録している自分名義の銀行口座から、ビットフライヤー(bitFlyer)から指定された口座へと日本円を入金します。

ただし、日本円を入金する際、手数料がかかるので注意が必要です。

この際の手数料は皆さんがどの銀行に口座をお持ちなのかによって異なるため、日本円の入金手数料はビットフライヤー(bitFlyer)が規定しているものではありません。

これについて言えるのは、入金手数料は毎回かかってしまうため、入金の際は、複数回に分けて入金するのではなく、一度にできるだけ多くの入金をするようにしたほうが良いということです。

クイック入金方法と手数料は?

クイック入金方法と手数料は?

入金手数料は皆さんがお持ちの口座がどの銀行のものであるかによって左右されますが、入金手数料については、入金の方法が1つではなく複数あるため、これについても注意が必要です。

入金の方法は、銀行振込以外には、ネットバンク入金、コンビニ入金、また、Pay-easy(ペイジー)による入金の方法があります。そして、これらについての入金手数料は、ネットバンク入金、コンビニ入金、また、Pay-easy(ペイジー)による入金のすべてで324円かかります。

ビットフライヤー(bitFlyer)で日本円を入金するにあたっては、銀行振込以外に、これらの方法も選択できることをおさえておきましょう。

クレジットカード決済での入金方法と手数料は?

クレジットカード決済での入金方法と手数料は?

ビットフライヤー(bitFlyer)への日本円入金方法としては、これまでに挙げた銀行振込、ネットバンク入金、コンビニ入金、また、Pay-easy(ペイジー)による入金以外に、さらにクレジットカードによる入金という手段があります。

ただし、クレジットカードで日本円を入金する際は、手数料が比較的高くついてしまうことに注意が必要です。

どのくらいの手数料がかかるのかというと、購入する仮想通貨の金額の約10パーセントを支払うことになります。

そのため、クレジットカードで仮想通貨を直接購入するならば、仮想通貨の価格が著しく変動した瞬間など、どうしても逃せないタイミングに絞って購入するように心掛けましょう。

まとめ

以上、この記事では、ビットフライヤー(bitFlyer)にフォーカスし、その中でもテーマとしてレバレッジ取引を扱いました。

ここまで記事をご覧いただいた方は、ビットフライヤー(bitFlyer)とレバレッジ取引の概要が把握できただけでなく、仮想通貨取引において素人の域を出るステップを踏むことができたに違いありません。

最後に、もう一度お伝えしておかなければならないのは、仮想通貨によるレバレッジ取引も現実の金融取引である以上、入念なリスクチェックが不可欠ということです。

資産を増やそうと思って仮想通貨取引に手を出したのに、リスク認識が甘すぎて、かえって損をしてしまったというのでは元も子もありません。

特に、レバレッジをかけて仮想通貨取引を行う際は、「借りすぎは良くない」という当たり前の言葉を思い出しながら取引をしてください。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。