仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Bitcoin 2921930 640

コインチェックの入金方法まとめ|反映にかかる時間は?

人気上昇中の国内大手の仮想通貨取引所coincheckですが、入金方法や手数料など、知らないことも多いのではないでしょうか。今回はコインチェックの入金方法など、使い方についてわかりやすく説明していきたいと思います。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/12/06 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

コインチェックの入金方法

ビットコインのイメージ

ビットコインを始めとする仮想通貨への投資に注目が集まっています

このところのビットコイン価格の急上昇や急落に関するニュースを見て、自分も投資してみようと思っている人も多いでしょう。

初めて仮想通貨への投資をするのであれば、やはり日本の大手取引所で購入するのがわかり易くて安心です。

コインチェックは国内でも有数の大手取引所であり、また取引のやり方が初心者にもわかり易いと言われています。

最近は出川哲朗さん出演のCMも話題ですね。

そこで今日は、コインチェックにアカウントを開いた後、仮想通貨を購入する前に必ず必要となる大事なプロセス、「コインチェックに仮想通貨の購入資金を入金する」方法について説明したいと思います。

えっ、お前知っているのかって?・・・「兄さんが知らないはずないだろう」 (わからない方はリンクの動画をご参照ください)

入金方法は4つ

コインチェックにアカウントを開き、本人確認と電話認証が終わったらいよいよアカウントに購入資金を入金します。

コインチェックのアカウントに入金する方法は、銀行振込、コンビニ入金、クイック入金(ペイジー入金)、海外からの送金の4通りです。

加えて、アカウント入金をしなくてもクレジットカードを使って一定の金額までビットコインを購入できる仕組みもありますから、入金方法は4つ+1というところでしょうか。

それぞれの入金方法には下の表にまとめたようにメリットやデメリットがあり、一概にどれがいいとは言えません。

入金出来る時間の制約、残高反映までにかかる時間、入金手数料など入金にかかる費用、入金した後の資金移動への制約など、各方法の違いを考えて、その時々のニーズに応じて使いこなすことが望ましいでしょう。

コインチェック 各入金方法のメリット・デメリット
メリット デメリット
銀行振込 ・わかりやすい
・入金手数料が無料(注:各銀行に払う送金手数料は投資家が自分で負担)
・銀行の営業時間外には入金できない
・銀行の営業時間内に送金手続しても、着金・反映までに時間がかかることがある
コンビニ入金 ・入金後すぐに残高に反映される
・24時間365日入金できる
・入金額に応じて入金手数料がかかる
(~3万円:756円、3~50万円:1,000円、50万円~:入金額×0.108%+486円)
・1回あたりの入金額に上限(30万円)がある
・入金後7日間は入金した金額の1/2を資金移動できない
クイック入金 ・入金後すぐに残高に反映される
・24時間365日入金できる
・入金額に応じて入金手数料がかかる(コンビニ入金と同額)
・入金後7日間は入金した金額の全額を資金移動できない
・銀行によってペイジーへの対応有無やインターネットバンキングでの対応有無がある
海外から入金 ・海外からドル又は円で入金可能 ・入金手数料がかかる(ドル:25ドル、円:2,500円)
・入金後、アカウントに反映されるまで3日程度かかる
・ドル送金の場合、入金時為替レートで円換算されてしまうので、円建の入金額が事前にわからない
クレジットカードで買う ・24時間365日いつでも購入可能
・100万円まで購入可能
・クレジットカードのポイントが貯まる
・クジレットカード手数料が販売手数料に上乗せされる
・購入後7日間、購入額相当の円出金や購入したコイン出金が出来ない

本人確認と電話認証は事前に済ませておく

2017年4月に改正資金決済法が施行され、マネーロンダリングや脱税などの不正行為を防止する策も厳しくなってきました。


コインチェックでもアカウント開設時に電話番号認証本人確認書類提出を求められ、この手続きをしないと仮想通貨の購入は勿論、アカウントへの入金も出来ません。

主な手続の流れは以下のとおりです。

(1).アカウント開設ページでメールアドレスを登録すると確認メールが届くので、その中にある「本人確認書類を提出する」をクリックします。

(2).電話番号認証の画面で電話番号の欄に携帯電話の番号を入力します。

(3).「SMSを送信する」をクリックすると、ショートメッセージが届くので、メッセージ内の6桁の数字を「送信された認証コード」欄に入力し、「認証する」をクリックすれば電話認証が完了です。

(4).その後、各種重要事項のチェック、住所などの個人情報の登録を済ませます。

(5).本人確認書類(免許証、パスポートなど)の写真を用意します。表面・裏面に加えて、本人確認書類を自分が持っている写真も必要です。

(6).画面の指示に従って、写真のファイルをアップロードし、「本人確認書類を提出する」をクリックします。

(7).数日後、本人確認用のハガキが届けば本人確認も完了です。

銀行振り込み

コインチェックトップ画面

それでは、コインチェックへの入金方法を一つずつ見て行きます。

最初は、送金方法として最もお馴染みの銀行振込です。

銀行振込はわかり易く、コインチェックに支払う入金手数料が不要です(送金依頼する銀行に支払う送金手数料が無料な訳ではないのでご注意を)。

更に、他の入金方法と異なり、入金した資金をコインチェックから動かす時の制約がありません

その反面、時間的自由度は低く、利用できる時間には限りがあります

銀行の営業終了(15:00)後の振込依頼は翌日扱いになってしまいますし、土日祝日も送金できません。

また送金依頼をして自分の手元を資金が離れても、送金銀行もしくは着金銀行の事務処理の関係でアカウント残高に反映されるまで時間がかかることもあります

コインチェックの振込先銀行はりそな銀行と住信SBIネット銀行の2つです。

りそなの場合、振込先口座番号が顧客毎に異なります。

住信SBIの場合は、送金依頼人の名前の前に自分のユーザーIDをつける必要があります。

口座番号もユーザーIDも、自分でログインした上で、入金画面で確認が必要です。

りそな銀行

コインチェック・りそな口座番号

りそな銀行の口座に送金する場合、以下の2点に注意が必要です。

(1).顧客毎に振込先の口座番号が異なる

顧客毎に振込先口座番号は異なります。

他の人から教えてもらった番号に送金したりすると、送金しても自分のアカウントに残高が反映されません。

必ず自分のIDでログインして、口座番号を確かめましょう。

尚、顧客毎に口座番号が異なるため、下記で説明する住信SBIへの送金のように、送金名義人の名前にユーザーIDをつけるといった対応は不要です。

(2).送金先の口座種別が「当座」

送金先は一般的に馴染みのある普通預金ではなく、当座預金です。送金依頼時に間違えないようにしましょう。

住信SBIネット銀行

コインチェック・住信SBI

住信SBIネット銀行への送金の場合、誰のアカウント宛の送金がを識別するために、送金依頼時に振込名義人の前に数字7桁のユーザーIDを付ける必要があります。

「1234567 コインタロウ」のような形になります。

万が一、ユーザーIDを付けずに振込をしてしまった場合は、コインチェックのホームページ内の「日本円入金のお問い合わせ」から、振込内容の情報を送信してアカウントへの反映を依頼します。

日本円送金に関するお問い合わせ

尚、住信SBIネット銀行は、個人顧客の住信SBIネット銀行内口座宛の送金手数料は無料になってします。

住信SBIに口座を持っている場合、それを活用して送金手数料を節約することもできます。

コンビニ入金

コンビニ入金画面

次はコンビニ入金の手順を説明します。

(1).メニューの「日本円/USドルを入金する」を選び、「コンビニ入金」を選択します。

(2).画面で名前、電話番号、メールアドレスと金額を入力して、「決済申請」をクリックします。

(3).利用するコンビニを選びます。(利用可能なコンビニはローソン、ミニストップ、セイコーマートとファミリーマートです。)

(4).例えばファミリーマートを選択すると、手数料を含めた支払金額、企業コード、注文番号の3つが表示されます。ローソンの場合は、支払金額と受付番号が表示されます。

(5).ファミリーマートの場合、店頭にあるFamiポートという緑の機械で、代金支払→収納表発行を選択し、企業コードと注文番号を入力します。ローソンの場合はLoppiという赤い機械で各種番号をお持ちの方を選択し、受付番号を入力し、次に連絡先電話番号を入力します。FamiポートでもLoppiでも申込券が発行されます。

(6).レジへ申込券を持っていき、指定された金額を支払います。

コンビニ入金のメリット

コンビニ入金のメリットは以下のようなものです。

(1).反映が早い

コンビニ入金の最大のメリットは入金残高への反映が早いことです。

コンビニの店頭で支払ってから、早ければ数十秒で入金残高に反映されます。

相場が動いて購入のチャンスと思ったのに、入金できなくて儲け損なったといったことを避けられます。

(2).銀行口座が不要

コンビニ入金はコンビニの店頭にお金を持っていて支払うので、銀行口座が不要です。

海外では銀行口座を持っていない人が多い国もありますが、さすがに今の日本では銀行口座を開けないというのはとても限られたケースでしょう。

それでも、普段、生活に使っている口座を投資取引用には使いたくない、家族に内緒のヘソクリでの投資なので口座に記録を残したくないなど、口座を使わずに取引所に入金したいという時にコンビニ入金は便利です。

コンビニ入金のデメリット

コンビニ入金にも以下のようなデメリットがります。

(1).手数料が高い

コンビニ入金はコンビニに払う手数料に加え、取引所にも入金料を払う必要があります。

コインチェックでは3万円未満が756円、3~50万円は1,000円、50万円以上は入金額×0.108%+486円の手数料が発生します。

(2).1回の入金額に上限がある

1回の入金の上限額が30万円に制限されています。

1日当たりの合計額には制限がないので、大きな金額を入金したい場合は何回かに分けて入金出来ますが、面倒臭いですね。

(3).入金した資金の移動に制限がある

セキュリティ上の問題から入金後7日間入金額の半分にあたる額の資産(日本円や購入した仮想通貨)の出金や、レバレッジアカウント(証拠金取引)への資金移動が出来ません。

(4).使えるコンビニに限りがある

現在、コンビニ入金できるコンビニチェーンは4つだけです。

最大手であるセブンイレブンは対応していません

自宅近くに利用可能なコンビニがあるかの確認が必要です。

クイック入金(ペイジー入金)

クイック入金

次はクイック入金です。

クイック入金は国内の多くの金融機関が加盟している、ペイジー(Pay-easy)を利用します。

主な手順は以下のとおりです。

(1).メニューの「日本円/USドルを入金する」を選び、「クイック入金」をクリックする。

(2).氏名、住所、電話番号、入金額など必要事項を入力します。手数料は自動的に計算されて、支払総額が表示されますので、確認して「決済申請」をクリックします。

(3).支払金額、収納機関番号、お客様番号、確認番号が表示されます。ペイジーでの処理に必要なので、メモしておきます

(4).金融機関のインターネット/モバイルバンキングページや、近くの銀行ATMからペイジーを選択します。

(5).先ほどメモしておいた収納機関番号やお客様番号などを、ペイジーの入力画面に従って入力し、「支払」をクリックすれば完了です。

クイック入金のメリット

クイック入金のメリットは以下のようなものです。

(1).いつでも入金できる

インターネットバンキングを使えば、深夜や土日祝日など24時間365日いつでも入金が可能です

(2).反映が早い

コンビニ入金と同様、クイック入金もアカウント残高に入金がすぐに反映されます。

(3).インターネットで完結する

インターネットバンキングを使えば、コンビニ入金と違いコンビニの店頭までいかなくても家にいながらにして入金が可能です。

(4).送金の限度額が無い

コンビニ入金と異なり1回の送金の上限が無いので、大きな金額の入金も1度で可能です。

(5).資金の手当て手段の自由度がある

ペイジーは銀行口座から引き落としで資金を支払うことが可能ですが、ATMまで出向いて入金処理をする場合、現金での支払いも可能です。

入金に使う資金をどのように手当てするかを選択することが出来ます。

クイック入金のデメリット

クイック入金にもデメリットがあります。

(1).手数料が高い

コンビニ入金と同様に取引所に入金手数料を払う必要があります。

3万円未満が756円、3~50万円は1,000円、50万円以上は入金額×0.108%+486円です。

(2).入金した資金の移動に制限がある

セキュリティ上の問題から入金後7日間は入金額の全額にあたる資産(日本円や購入した仮想通貨)の出金や、レバレッジアカウント(証拠金取引)への資金移動が出来ません。

(3).銀行により対応に差がある

現在、ペイジーは国内の多くの金融機関が加盟していますが、金融機関によってインターネットバンキングのみで利用可能、インターネットバンキングとATMの両方で利用可能など対応状況に差があります。

また、インターネットバンキングは別途、銀行との取引申込手続が必要になります。

更に、一般に馴染みのある銀行でも、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、新生銀行、イオン銀行などペイジーが利用できない銀行もあります。

クイック入金を利用したい場合は、事前に自分が利用している銀行のペイジーへの対応を確認しましょう。

海外から入金

海外から入金

海外からの入金は、海外の投資家や日本人で海外に資産を持っている人がコインチェックを通じて仮想通貨を取得する場合に便利です。

入金できるのはUSドル海外銀行にある日本円になります。

手続きは通常の海外銀行から住信SBIネット銀行への電信送金(外為送金)ですが、7桁数字のユーザーIDを送金に関するメッセージ欄に記入し、送金がどのアカウント宛のものであるのかを明確にします。

万が一、ユーザーIDを添えずに送金した場合は、国内銀行振込の時と同様、コインチェックのホームページ内の「日本円入金のお問い合わせ」から、振込内容の情報を送信してアカウントへの反映を依頼します。

その他、送金時に必要な、受取銀行名、受取銀行の住所、受取人(コインチェック)名、受取人住所などの英語表記、銀行間の電信手段であるSWIFTのコードなどの情報は、メニューの「日本円/USドルを入金する」→「海外からの入金」で表示されます。

海外からの入金のメリット

海外にある資産を活用して、日本国内の取引所で取引が出来ることが最大のメリットです。

海外にある資産を使って国内で仮想通貨取引をする際は、一旦、日本国内の自分の口座に送金し、国内で銀行振込として送ることも出来ますが、間に入る銀行の数が増えることで時間もコストも高くなりがちです。

直接、コインチェックの口座に入金することで、そうした時間と費用の節約が図れます。

海外からの入金のデメリット

海外にある資産を活用できるとは言っても、コインチェックは日本の取引所ですから、やはり日本円で国内から入金するのに比べると様々な点で不利になりがちです。

以下に主なデメリットを挙げます。

(1).入金手数料の高さ

海外からの入金の場合、入金手数料としてUSドルなら25ドル日本円なら2,500円金額にかかわらず固定でかかります。

(2).入金から反映までに時間がかる

コインチェックのウェブサイトによれば、入金後、平均3日で残高に反映されるとのことですが、他の入金手段に比べればかなり時間がかかります。

海外からの送金の場合、間に入る銀行があったり、海外の休日の影響を受けたりして、日本に着金するまでに時間がかかることはよくあることです。

(3).ドル送金の場合、円建ての入金額が事前にわからない

送金されたUSドルは、入金時に住信SBIが提示している為替レートで日本円に自動的に両替されます。

ですから送金手続をとった段階では、円建てでいくら入金されるのかわからないことになります。

クレジットカードでビットコインを買う

クレジットカード

コインチェックではアカウントに入金して購入する方法に加えて、仮想通貨をクレジットカード(VISA、Master、JCB)で購入することも出来ます。

カード決済ですので、24時間365日、オンラインで仮想通貨の購入取引を完結することが出来ます。

以下は主な購入の流れです。

(1).メニューから「クレジットカードで購入」をクリック

(2).決まった金額(5千円分、1万円分、5万円分、10万円分、30万円分、100万円分)の中から購入額を選択するか、「金額を指定して購入する」欄をチェックして任意の購入額(円建)を入力するかして、「購入する」をクリックします。

(3).クレジットカード情報の入力ページが開くので、カード番号有効期限などの必要情報を入力の上、「決済開始」をクリックすれば購入完了です。

クレジットカードでビットコインを買うメリット

(1).いつでも買える

カード決済ですから、他のオンラインショッピングと同様に、24時間365日仮想通貨の購入が可能です。

モバイル端末から取引すれば、取引の場所も選びません。

(2).100万円まで買える

クレジットカードの与信枠があれば、コインチェックにおけるビットコインの購入は100万円まで可能です。

一度にまとまった金額の投資をすることが出来ます。

(3).クレジットカードのポイントが貯まる

他のクレジットカード決済でのショッピング同様に、クレジットカードのポイントが貯まります。

大きな金額を投資すれば、ポイントも大きく貯めることが出来ます。

クレジットカードでビットコインを買うデメリット

(1).購入価格が高い

クレジットカードで決済する場合、明示的に示されてはいませんが、クレジットカード決済手数料が、販売手数料に上乗せされると考えられます。

実際には販売価格の中に折り込まれる形になり、資金を入金して購入する場合の価格よりもクレジットカードでの購入価格は高くなっています

例えば2017年12月28日の時点で比べると、ビットコインの販売所での単価が1,700,155円/BTCの時、クレジットカードでの購入単価は1,820,651円/BTCと約7%、金額にして12万円程度高くなっていました。

(2).資金移動が制約される

クイック入金と同じですがセキュリティ管理上、購入後7日間程度、購入したコインの出金や、コインを売却した資金の出金が出来ません

コインチェック 入金【まとめ】

多くのドア

コインチェックでは様々な方法でアカウントに入金し、仮想通貨を購入することが出来ます。

取り扱っている仮想通貨の種類が多いことと合わせて、投資家に様々なオプションを提供している取引所と言うことが出来るでしょう。

ただ、各入金方法(クレジットカードでの購入も含めて)には、ここでご紹介してきたような、メリット・デメリットが存在しています。

その時々の状況やニーズに合わせて、うまく選択して使いこなすことが必要になってきます。

必要になった時に慌てて各入金方法の詳細を調べるのではなく、こんな時にはこの方法というシミュレーションを予めしておくと、相場の変動などの投資チャンスを的確に捕まえられるかもしれません。

備えあれば憂いなしです。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。