仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Coincheck

コインチェック(Coincheck)の2段階認証でログイン方法とできない時の対処法

大手仮想通貨取引所のcoincheckでは、少し複雑な二段階認証があるようです。そもそも二段階認証とはなんだという人もいるのではないでしょうか。二段階認証は仮想通貨のセキュリティー強化に欠かせないものです。今回は二段階認証とコインチェックでの二段階認証について説明していきたいと思います。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/22 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

2段階認証とは?

二段階認証
2段階認証の特徴
長所 短所
不正ログインを防止できる ログインするまでに手間がかかる
保証プランが受けられる取引所もある 完璧ではない
パスワードが見破られた時に通知してくれる 取引所の対応が遅れて事前対処が間に合わない事がある

仮想通貨に対するハッキングによる盗難被害が度々ニュースに挙がりますが、誰も盗難被害になんて遭いたくはないですよね?

対処のしようがない部分は除いて、個人で対応できるセキュリティ対策は取っておいたほうが安全でしょう。

その一例として取引所の二段階認証があります。

二段階認証とは、アカウント認証を個人の電話番号や携帯端末などと紐付けて、他者にはログインすることを防ぐことを目的としたシステムです。

そんな機能があるならデフォルトでつけておいてほしいと思うかもしれませんが、基本各取引所にて二段階認証の機能自体は備わっていますが、使用するかどうかはあくまで推奨となり、選択制となっています。

その理由として、ログインに手間がかかることや、自身の携帯端末などの二段階認証に必要なものが揃っていないと、自分でもログインできなかったりするなどのデメリットも有ることでユーザーにとっての優先度がセキュリティか利便性かが異なる実情が挙げられます。

そこで今回は、大手仮想通貨取引所のコインチェックを例に、二段階認証の設定方法を見ていくことにしましょう。

コインチェックで2段階認証を設定するメリット

コインチェックCM

引用元: コインチェックCM

ビットコインの取引所を選ぶ場合、まずは取引所自体のセキュリティの信頼性を重視する必要があります。

その点ビットコイン取引高No,1のコインチェックは大手取引所の一つであり、取引量の少ない取引所よりは安心して利用することが出来ると推測できるでしょう。

コインチェックは初めてビットコイン取引所を開設する人にも、2箇所目以降の取引所を開設する場合にも、オールマイティーにおすすめできる取引所の一つです。

不正ログインの防止

コインチェックの二段階認証は自身のスマホと紐付けたグーグルの認証用アプリを使用するため、他者が不正にログインすることを防ぐことができます。

仮にメルアドやパスワードをハッキングされても(その時点で勘弁してほしいですが)アカウント所有者本人のスマホがハッカーの手元にない場合はセキュリティコードがわからないのでログインすることが出来ません。

コインチェックの保証プランを受けられる

コインチェックの保証として二段階認証を設定している利用者がハッキングなどの不正ログインによる盗難などの損害が発生した場合、最大100万円までの保証を行っています。

この最大100万円までの保証は二段階認証を設定していないアカウントの場合は適用されませんので、万が一の際に保証を受けるためにも二段階認証をしておくと良いでしょう。

コインチェックで2段階認証を設定するためにまずは口座を開設する

コインチェックトップページ

引用元: コインチェックトップページ

それでは、コインチェックの口座開設方法について見ていきましょう。

まずはコインチェックのホームページにアクセスし、登録を行いましょう。

※既にコインチェックに登録している方はログインし、下の「コインチェックで2段階認証を設定する方法」の項目に進んでください。

メールアドレスとパスワードを設定する

コインチェックのホームページにてメールアドレス、パスワードを入力し登録するをクリックすると、登録時に入力したメールアドレスに確認メールが届きますので、メール記載のURLをクリックして認証を行いましょう。

また、メールアドレスとパスワード以外にもFacebookのアカウントでも登録できますので、お好きな方を選んでください。

「本人確認書類を提出する」を押す

コインチェックに登録、認証が済んだら、本人確認書類の提出を行います。

認証、ログイン後の画面から本人確認書類の提出を選択すると、電話番号認証画面になりますので、ご自身の電話番号を登録します。

入金とビットコインの売買までは本人確認書類提出後に送られてくるハガキ到着前にも出来ますが、ハガキ到着確認後でないと送金が行えなく、入金額や出金額に制限がかかり、全機能を使用できませんのでご注意ください。

SMSを利用して電話番号認証を行う

電話番号を登録するとSMSが送られてきますので、そこに記載されている認証コードを入力し、電話番号認証を完了します。(認証コードは決して第三者には教えないでください。)

本人確認書類をアップロードする

電話番号認証を完了後,氏名、生年月日、住所などの情報を入力し、身分証明書及び、身分証明書とご自身の顔が映った写真を提出します。

本人確認が終了するとメールが届きますので、ご確認ください。
また、不備がある場合もメールが来ますので、記載の内容に従って再提出してください。

本人確認終了から数日後にハガキが届きますので、そのハガキの受け取り及び確認を持って、本人確認が完了となります。

受け取った後にログインページにてハガキ到着が確認出来た旨のステータスに切り替わるのを確認してください。

入金する際はご自身用に指定の口座が割り当てられますので、その口座に振り込みを行うと、ご自身のアカウントに日本円が反映され、いよいよ仮想通貨を購入可能になります。

コインチェックで2段階認証を設定する方法

コインチェック二段階ログイン

引用元: コインチェックホームページ

コインチェックで二段階認証をする方法について見ていきましょう。

PCとスマホを併用して、あるいはスマホのみでも設定可能で、手順もほとんど同じなのでお好きな方で行って頂いて大丈夫です。

PCとスマホを併用する場合、PCの画面のQRコードをスマホで読み取るだけなので、簡単です。

スマホのみの場合もスマホで認証アプリをダウンロードし、コインチェックアプリで二段階認証を選択すると、認証アプリ起動という画面に直で移行できるので楽です。

Google Authenticatorをダウンロードする

次に「Google Authenticator」というグーグルの認証用アプリをダウンロードします。

PlayストアまたはApp Store から「二段階認証」または「Google Authenticator」と検索窓に入れて検索すると出てきます。

コインチェックのメニューから2段階認証を選択

アプリダウンロードが完了したら、PCからの場合はログイン後、メニュー一覧から設定>二段階認証を選択してください。

スマホアプリからの場合は、メニュー一覧から設定>二段階認証設定という名称の項目を選んでください。

表示されたQRコードをGoogle Authenticatorで読み取る

PCからの場合は、設定するをクリックし、表示されたQRコードをスマホで読み取ります。

スマホの場合は、認証アプリ起動という項目を選択し、トークンの追加でははいを選択してください。

表示された6桁の番号を入力する

そうすると、Google Authenticatorにて六桁の数字が表示されますので、そちらをコインチェックにて入力して設定するを選択してください。

スマホの場合はGoogle Authenticatorにて表示された六桁の数字を長押しし、コピーしましたと表示されたらGoogle Authenticatorを閉じてコインチェックアプリを立ち上げるだけでOKです。(左上の戻るボタンが楽です)

これで二段階認証の設定は完了です。

やってみると意外と簡単なことがわかると思います。

コインチェックの2段階認証でのログイン方法

コインチェック二段階認証

引用元: コインチェックホームページ

それでは、二段階認証設定後のログイン方法について見ていきましょう。

設定していない場合と比べてGoogle Authenticatorの数字を入力する手順が必要になります。

PCもスマホも同じような手順で可能ですが、スマホでは入力する手間が省けるのでスマホの方が簡単です。

トップページ右上のログインを押す

PCの場合は画面右上のログイン>取引アカウントを選択するか、画面下のログインはこちらを選択します。

スマホの場合はログアウトしている状態のときはログインを選択します。(既にログインしている場合はアプリを立ち上げるだけで大丈夫です)

メールアドレスとパスワードを入力する

次にメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

Google Authenticatorで表示された番号を入力する

次に六桁の数字を入力する画面になりますので、Google Authenticatorにて表示された数字を入力します。

スマホの場合は設定時と同様に認証アプリ起動の項目がありますからそちらを選択し、Google Authenticatorにて表示された六桁の数字を長押して、コピーしましたと表示されたらGoogle Authenticatorを閉じてコインチェックアプリを立ち上げてください。(左上の戻るボタンが楽です)

コインチェックで2段階認証のログインができない時の対処法

ログインできず

このように二段階認証にはGoogle Authenticatorをインストールしたスマホが必要です。

そのため、Google Authenticatorをインストールしたスマホが手元になかったり、Google Authenticatorをインストールしたスマホのデータを削除してしまったり、スマホが故障や電池切れで起動できなかったりして、ログインできなくなってしまうケースが考えられます。

そのような自体に陥った場合、どのように対処すればよいでしょうか。

コインチェックに問い合わせる

まずは取引所であるコインチェックに問い合わせましょう。

銀行でのトラブルは銀行へ、クレジットカードのトラブルは信販会社へ問い合わせるのと同様に、コインチェックのトラブルはコインチェックに問い合わせることになります。

コインチェックに問い合わせフォームがありますので、そちらに

・名前
・メールアドレス
・件名
・お問い合わせ内容
・詳細

をそれぞれ入力しお問い合わせを送信をクリックします。

コインチェック問い合わせフォーム

その後、コインチェック担当の方から連絡がありましたら

・お名前フルネーム
・ご登録の携帯電話番号
・IDセルフィー画像

の提示が求められ、照合が確認出来次第、二段階認証の解除という流れになります。

コインチェックの2段階認証を再設定する

その後は二段階認証が解かれていますから、二段階認証無しでログインが出来ますので、再度二段階認証の設定を行う流れになります。

設定方法は前述のとおりですが、依然スマホの準備ができていないなど、また二段階認証を行うとログインできなくなる場合も考えられますから、再度二段階認証を設定しても問題ない状態になってから再設定を行いましょう。

コインチェックで2段階認証のログインできない時の原因

ログイン対処

二段階認証ができない理由が思いつかない場合、どのようなケースが考えられるでしょうか。

セキュリティ対策に本人が引っかかることになれば本末転倒です。

有事の際などにログインが出来ないとなると困りますよね。

いくつか考えられるケースを挙げてみましょう。

Google Authenticatorに登録したスマホを紛失した

前述の通り、二段階認証にはGoogle Authenticatorをインストールしたスマホが必要ですが、スマホを何らかの理由で紛失してしまったりした場合など、スマホが手元にない場合、6桁の数字が確認出来ないためにログインすることが出来ません。

家にあるなどスマホの在り処がわかればまだ良いのですが、紛失の場合はスマホを見つけないといけませんし、悪用された場合や故障した場合など、場合によっては、再度Google Authenticatorをインストールしたスマホを用意し、紐付ける必要が出てきます。

Google Authenticatorに登録したスマホのデータを消去した

データが消えた場合は認証の紐付けが説かれてしまうため、再度Google Authenticatorをインストールし直して紐付けるか、別のスマホを用意して再度二段階認証設定を行う必要が出てきます。

Google Authenticatorに登録したスマホ以外でバックアップを取っていなかった

データのバックアップは重要です。

いつ、何時、何があってデータが消えるかわかりません。

バックアップをこまめに取っていれば被害は最小限で済みますが、端末単位やハードディスクごとになるともはや人によっては二段階認証どころではなくなるでしょう。

もちろんすべて再度用意する必要が出てきますが、もし心あたりがある方は、今すぐ、もしくは家に帰ったらすぐにこれを読んだことを機に、スマホデータのバックアップを取りましょう。

2段階認証を設定してセキュリティを強化しよう

セキュリティ対策

2段階認証の重要性と設定、ログイン方法やログインできない時の対処法についてはいかがでしたか?

コインチェックにおいてはスマホアプリでは特に設定後も変わりませんが、PCログイン時に手間を感じることがあると思います。

また、二段階認証がスマホに依存するために、スマホが手元にないとログインができないのが最大のデメリットかと思います。

しかし、大切な資産を守るという点においては二段階認証は是非行っておきたい設定でもあります。

利便性を取るか、安全性を取るか。

スマホのバックアップをこまめに取り、スマホのコインチェックアプリを常用するのが落とし所かもしれませんね。

まだ未設定で二段階認証をやってみたい方は、設定自体は簡単でセキュリティ対策にもなりますから、是非トライしてみてください。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。