仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e4%bb%ae%e6%83%b3%e9%80%9a%e8%b2%a8 180115

ライトコイン(LTC)が高騰した時のマイケル・ノヴォグラッツ氏の発言

2018年1月現在、時価総額6位となったライトコイン。ビットコインより承認速度が4倍も速く、実用性に優れた仮想通貨と期待されていますが、仮想通貨ヘッジファンド「ギャラクシー・インベストメント・パートナーズ」の創設者で著名な仮想通貨の投資家であるマイケル・ノヴォグラッツ氏はライトコインの今後について、否定的な意見を述べています。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/06/19 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で5,500円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ライトコイン市場の動向について

仮想通貨①180115

2017年12月13日に著名なビットコインバイヤーのマイケル・ノヴォグラッツ(Mike Novogratz)氏は、ライトコイン(LTC)の今週に入ってからのさらなる高騰は、持続的なものだとは信じがたいとし「ここで売りなさい。」と発言しました。

ライトコインはどのような仮想通貨なのか、マイケル・ノヴォグラッツ氏とはどのような人物なのか、この発言をうけてライトコインの価格はどのように変化したのか、について説明します。

ライトコインとはどのような仮想通貨なのか

ライトコインは時価総額が6位と安定した人気を誇る仮想通貨です(2018年1月15日現在)。

概要は以下の通りです。

名前   :Litecoin(ライトコイン)

通貨コード:LTC

発行上限 :8,400万

承認時間 :約2分半

半減期  :840,000ブロック毎(ビットコインの4倍)

コンセンサスアルゴリズム :プルーフ・オブ・ワーク(PoW、ビットコインと同じ)

ライトコイン 公式WEBサイト:https://litecoin.org/ja/

ライトコインは、2011年10月7日に元GoogleのエンジニアであるCharlie Lee氏によってGitHub上でリリースされました。

GitHubとはバージョン管理システムのことで、Gitの仕組みを利用して、世界中の人々が自分の作品を保存、公開することのできるウェブサービスです。

ライトコインは、ビットコインに比べると決済スピードも速く、実際に使われるために実用性に重きを置いている仮想通貨です。

ビットコインよりも発行枚数が多いので、ビットコインのようには高騰しにくく、使い勝手の良い通貨になっています。

ビットコインは、金のような資産保有に適していますし、不動産など価格の大きな取引には向いていると思いますが、ライトコインは、ビットコインよりも承認スピードが速く、ビットコインが10分に対して、ライトコインは、承認時間が2分半と4倍もスピードが速く実用性が高いと言えます。

また、ビットコインのマイニング(採掘)よりも電力使用量が抑えられているので、マイニングコストが安いのも魅力的です。
ですので、マイナー(採掘業者)からの評価が高い通貨でもあります。

また、ライトコインは、Segwitをいち早く導入した暗号通貨です。
(Segwitとはブロックサイズを拡張することが可能で、1つのブロックチェーンで送金できる件数を増やせる技術のことです)

ライトコインの主な特徴は以下の通りです。

・送金スピードがビットコインよりも速い

・ビットコインよりも実用性に優れている

・マイニングにかかるコストがビットコインより安い

・アップデートが進みやすい


ライトコインは、初めてライトニングネットワークに成功した仮想通貨です。
(ライトニングネットワークとは少額な取引を可能にして、手数料を安くするソリューションです)

ブロックチェーン以外の場所で送金するができます。

また、アトミック・スワップにも成功しています。
(アトミック・スワップとは互いにコインを交換することのできる仕組みです)

アトミック・スワップを使うことで、ビットコインからライトコインに交換して、ライトコインで支払いをした後にまたビットコインに戻すというような利用ができるようになります。

マイケル・ノヴォグラッツ氏とは?

マイケル・ノボクラッツ氏は、仮想通貨ヘッジファンド「ギャラクシー・インベストメント・パートナーズ」の創設者で著名な仮想通貨の投資家です。

マイケル・ノボクラッツ氏は2017年12月のCNBCとのインタビューに対し、「ビットコインがこの第4四半期後も投資家にとって買い場の機会を与えてくれると考えているが、ライトコインが同じ上昇をもたらすとは考えていない。」と答えています。

また、「ライトコインの売買にはビットコインと同じ足が存在するとは思えない。私ならここで売る。そしてビットコインを買う。」とも答えています。

このインタビューの前週には、ライトコインの価格は3倍以上に上昇し、仮想通貨取引所GDAXにおいては400ドルを超えていました。

マイケル・ノヴォグラッツ氏は、この上昇は、ライトコインの創設者であるチャーリー・リー(Charlie Lee)氏がいくつもの注目メディアに出演して、ビットコインとライトコインの両方に実装される予定のライトニングネットワーク技術について誇大宣伝をしていると伝えた結果だと考えているようです。

(ライトニングネットワークを実装することにより、より早いトランザクションが可能となるとされています)

マイケル・ノヴォグラッツ氏の発言はライトコイン市場にどのような影響を与えたのか

マイケル・ノボクラッツ氏の発言は、急騰したライトコインに対して冷や水を浴びせることにはなったものの、年末年始には多くの仮想通貨が調整局面となっていたために持続的に大きな下落を生じさせるものにはなりませんでした。

また、マイケル・ノボクラッツ氏自身がビットコインの急激な価格上昇を読みきれていなかったことを認めたため、その発言に疑問符が付いたことの影響もあったかもしれません。

しかしながら、ビットコインやライトコインなどの価格上昇に対する一定の注意喚起の効果はあったとする意見も見受けられます。

ライトコイン(LTC)の今後について

仮想通貨②181115

ライトコインの最も注目すべき特徴として、仮想通貨の問題点に対するポテンシャルが高く、仮想通貨コミュニティにおいても大きな勢力を誇っていることも挙げられます。

オフチェーンでの取引をより迅速に行うためにブロックチェーンアップグレード手法としてSegWit(Segregated Witness)が提案された際も、ライトコインはこの提案に対し注力した結果、Segwitを最初に採用することができました。

SegWitは、ライトコイン及びライトニングネットワークを採用している人々に対し、実質コストフリーで仮想通貨を交換することを可能にします。

開発者は、ライトニングネットワークの採用に向け、日々前進しており、先日公開リリースに必要とされているほとんどのクオリティ保証テストを完了させています。

最近のテストでは、アルファバージョンを利用してスターバックスのコーヒーを手数料なしで購入することができ、その他の支払い方法では成し得ないであろう結果を出すことに成功しました。

多くの仮想通貨の評価を行う人々は、そのスピードからライトコインに注目しています。

あるユーザーが行ったコインを取引所からTrezorのようなウォレットへ移動するスピード検証する実験では、ライトコインが、23コインを10秒以内で完了させ、見事最速を記録しました。

ライトコインの支払い分野での急速な発展に注目している多くのビジネスは、既に自身のエコシステムにライトコインを取り入れ始めています。

ライトコインでの取引の容易性から、BTCTrip、Bitify 、AllThingsLuxury、Bitcoin.shopなどのEコマース分野への導入が多く見られます。

さらに、Eコマース分野での大手小売業者である Overstock.comでもライトコインを1つの支払い方法として採用しています。

人々は、ギフトや、バケーション、家電を始め、希少金属や宝石類もライトコインを使用して容易に購入できるのです。

このように、小売への採用が積極的に行われている中、仮想通貨、加盟店、取引所、ウォレットや他のインフラでもライトコインの採用が増加してきています。

また最近では、ビットコインの送金時の手数料高騰などが問題だとし、ビットコイン決済を停止した人気オンラインゲームプラットフォームSteamが、バウチャーの購入にライトコインを採用したニュースがあります。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。