仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Image 1

Zaif Payment(ザイフペイメント)とは?手数料ゼロ?

仮想通貨を買って儲けようという方も多いかもしれませんが、実際に決済に仮想通貨を使用するサービスも徐々に誕生しています。取引所のZaifでは「Zaif Payment(ザイフペイメント)」というサービスを開始し、実際に日常生活で仮想通貨を使用できるようになりました。ではどのようなサービスなのでしょうか?ご紹介します。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/06/19 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で5,500円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

Zaif Paymentとは?

ZAIF PAYMENT

引用元: Zaif

価格の乱高下が注目され、値上がり狙いの投資対象商品としての注目ばかり集まりがちなビットコインですが、その一方で、ビットコインでモノやサービスの対価を支払うという決済利用のインフラも拡大しつつあります。

そんな中で、国内大手仮想通貨取引所の一つであるZaifが、「Zaif Payment(ザイフ・ペイメント)」という仮想通貨の決済システムを企業向けに2017年7月から提供しています。

ビットコインでの決済に加え、日本発の仮想通貨であるモナコインでの決済も出来るシステムで、しかも決済手数料は無料となっています。

ビットコインでの決済サービスは、Zaifと同じ大手取引所であるbitFlyer「bitWire SHOP」や、coincheck「coincheck payment」など、サービスの多様化が始まっています。

この記事ではZaif Paymentについて、どんなサービスなのかをご紹介したいと思います。

Zaif Paymentで提供している機能

Zaif Paymentの流れ

引用元: Zaif

Zaif Paymentはビットコイン・モナコインでの決済サービスを企業(店舗)向けに提供するシステムです。

円やドルと異なり、仮想通貨には実物が存在しないので支払の際にお金を「渡せ」ません。

仮想通貨で支払をするためには、何らかの電子的なデータのやり取りが必要になります。

Zaif Paymentはそうしたデータのやり取りを簡易に行うことを可能にし、Zaif Paymentが導入された店舗では、消費者はモノやサービスの購入代金をビットコインやモナコインで支払うことが出来ます。

流れはこうです。

店舗が日本円で価格を設定すると、消費者にはビットコイン建て・モナコイン建てでの価格が表示されます。

消費者はシステムから指定されたアドレスを入力するか、QRコードを読み取って、自分のウォレットから送金します。

消費者が仮想通貨で支払った代金は、支払が行われてから2営業日後に、Zaifが日本円に換算して店舗に入金します。

決済手数料はかかりません。

Zaif Paymentの特徴

コイン

Zaif Paymentを導入すれば、ビットコイン・モナコインでの決済を低コストで簡単に実現することが出来ます。

通常の支払手段ではなく仮想通貨で払いたいという消費者のニーズに対応できますし、その結果として顧客層を広げる効果も期待されます。

また、消費者が支払をしてから2日後に入金され、決済手数料もかからないため、クレジットカード決済に比べて店舗のコスト(資金繰りコストや手数料)を削減することが出来ます。

支払いが簡単にできる

消費者にとってみれば、ビットコインやモナコインでの支払を簡単に行えるというメリットがあります。

値上がり狙いで仮想通貨を購入した人でも、保有する仮想通貨の残高が増えて総資産に対する比率が高くなれば、モノやサービス購入の支払に使いたいというニーズが出てくることが考えられます。

欲しいものを買う時に保有する仮想通貨を一度売却して円に換え、銀行口座に送金して、支払を行う…というのでは時間も手間もかかりますし、売却や送金にかかる手数料も無駄です。

保有している仮想通貨でそのまま支払できれば、そうした無駄を省いて簡単に仮想通貨を使った支払が出来ます。

手数料が無料

店舗にとってみると、決済に関する手数料が無料というのは大きなメリットです。

メジャーな決済手段の一つであるクレジットカードは、決済手数料として決済金額の数%~10%程度(店舗の規模や業種によって異なり、カード会社との交渉によって決まります)を店舗が支払います。

既存の他のビットコイン決済サービスはクレジットカードに比べると大幅に低い手数料ですが、それでも1%程度の手数料が必要です。

一方、Zaif Paymentは決済手数料が無料となっており、零細企業や個人でネットショップを運営しているケースなど、支払処理に大きなコストをかける体力が無い店舗にとってメリットは大きいと言えます。

入金時間が早い

クレジットカード決済の場合、一般的には店舗に入金される金額(の合計)を確定する締め日が月1~2回、確定した金額が振り込まれるのは締め日から2~4週間後となっていて、消費者が支払をしてからの日数で測ると、店舗への入金には2週間から1か月以上の時間がかかります。

最近は、カード会社と店舗の間に決済代行会社が入り、もう少し短い期間で入金をするサービスもありますが、それでも店舗での販売から入金までには数週間がかかるのが一般的です。

Zaif Paymentの場合、消費者が支払を行ってから2営業日後に店舗に代金が支払われます。

店舗にしてみれば、入金されるまでは販売した商品の仕入や製造にかかった費用が回収できず、資金繰りに組み込むことが出来ませんから、この期間が短くなることは資金繰りに関するコストを低くすることになり、経営上の大きなメリットになります。

店舗のリスクを回避

店舗が日本円で価格設定をすると、Zaif Paymentは消費者にビットコイン建て・モナコイン建ての価格を提示し、消費者が支払を行うとその金額で店舗の受取額が確定します。

つまり店舗は消費者から仮想通貨を受け取ってから日本円に変換するまでの価格変動リスクを回避することが出来ます。

またクレジットカード決済にあるようなチャージバック(使われたカードが盗難や偽造といった不正によるものであった場合、カード会社がその売上を取り消して店舗に入金額を返金させること)も無いので、店舗は消費者の支払時点で入金額が確定します。

こうした売上入金額の変動リスクが回避出来ることで、店舗は資金繰りの管理をしやすくなります。

モナコイン決済もできる

Zaif Paymentではビットコイン決済の他に、モナコインでの決済も出来ます。

モナコインに馴染みのない方のために説明すると、モナコインは2ちゃんねる発で開発された日本製の仮想通貨です。

2ちゃんねるでお馴染みのAAである「モナー」が名前の由来だそうです。

日本発ということで時価総額はそれほど大きくなく、世界的な知名度はまだまだですが、2ちゃんねる発ということもあり日本国内では決済手段として一定の知名度があります。

最近は、コミケでモナコインでの支払を採用するサークルが増えてきているなど、決済手段として成長してきているようです。

Zaifは取引所でモナコインを取り扱っているということもあり、Zaif Paymentもモナコインに対応しています。

仮想通貨の決済サービスで、ビットコイン以外の取り扱いがあるのは、今のところZaif Paymentのモナコインと、BIT Pointのイーサリアムのみです。

Zaif Paymentで商品を購入する方法

Zaif Payment決済画面

引用元: Zaif

Zaif Paymentを使ってビットコイン・モナコインで決済するのは、消費者にとってはいたって簡単です。

基本的には仮想通貨の送金ですので、店舗で提示されるアドレスやQRコード宛に自分のウォレットから指定された金額を送金することになります。

Zaif Paymentで購入することを伝える

店舗やeコマースサイトで欲しい商品を見つけたら、支払手続に移ります。

この際にビットコインやモナコインで支払うことを伝えます(もしくはサイトの支払手段の中で選択します)。

実店舗の場合、複数の仮想通貨決済サービスを導入している例は少ないと思いますが、もし複数のサービスが利用できる場合は「Zaif Paymentを利用する」ことを伝えます。

Zaif Paymentで表示される決済内容を確認する

Zaif Paymentは購入する商品の金額(日本円建)に相当するビットコインもしくはモナコインの金額を表示しますので、金額、通貨(BTCかMONAか)単位を確認します。

合わせて、仮想通貨を送金するアドレスも表示してくれますので、そちらも確認します。

表示されたQRコードを読み取る

Zaif Paymentは決済用のアドレスとして、文字列とQRコードを表示します。

店頭で利用する場合は、QRコードをウォレットの端末(スマホなど)で読み取るのが誤送信防止のために望ましいでしょう。

eコマースなどでPCからアクセスしている場合、アドレスの文字列をコピペします。

QRコードのアドレスにコインを送信する

決済用のアドレスをQRコードや文字列コピーで読み取ったら、自分のウォレットの送金機能で指定されたアドレスに必要額を送金します。

この時にアドレスや金額に誤りがあると、送金してしまった後からの組み戻しは出来ませんので注意します。

Zaif Paymentの状態の欄が「完了」と表示

決済処理が行われると、Zaif Paymentの決済画面にある「状態」の欄が「未処理」から「完了」に変わります。

「完了」の表示が出れば支払処理は完了です。

ビットコインでの決済サービスは今後も拡大

鍵付き決済手段

仮想通貨を所有する人が増え、仮想通貨の流通量が大きくなるにつれて、仮想通貨による決済のニーズも高まっていくことが予想されます。

クレジットカード決済と比べて偽造などの不正も行いにくく、決済手数料も安いうえに、導入に際する初期投資も低く抑えることが可能なので、仮想通貨での決済サービスを導入する店舗は今後も拡大していくでしょう。

Zaif Paymentは決済手数料無料であり、個人がeコマースサイトを運営しているような零細店舗でも導入しやすくなっています。

今後、リンク用のバナーの整備や、対象通貨の拡大など、更に使い勝手が良くなっていくことも考えられますので、引き続き注目していきたいサービスです。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。