仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Stock market 2616931 640

Zaif(ザイフ)で自動取引のbotではどんなことができる?

仮想通貨の自動取引botをご存知でしょうか?このbotによって自動で取引を行えることができます。今まで取引に使っていた時間をほかの時間に回すこともでき、さらにお金も増やせるという一石二鳥のサービスです。設定が難しいなど思う方はこの記事を読んでみてください。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/22 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

自動取引botとは?

株式チャート

「システム売買」という言葉を株式市場関係のニュースで聞いたことはありませんか?

高性能コンピューターでプログラミングをして、高速で自動的に株式取引をして利益を得るやり方で、今や世界中の大手金融機関や投資ファンドなどが何らかの形でシステム売買を行っています。

こうした、プログラミングによって自動的に取引を行う方法は、ある程度のコンピューター知識があれば自分のPCでも行うことが出来ます。

仮想通貨の取引でも何らかの儲けのロジックをプログラミングしておくことで、自動取引を行うことが出来、実際に自動取引を行っている投資家も数多くいます。

インターネット上で何らかの作業を自動で実行するプログラムのことをbot(ボット)と呼ぶので、インターネットでつながった取引所に対して売買の指示を出すプログラムは「自動取引bot」と呼ばれます。

自動取引botを使ってZaifでできること

PCで作業する人

自動取引を行うためにはbotと呼ばれるプログラムが必要です。

プログラムを入手するには自分で作るか既存のものを買ってくるかが必要ですが、いずれにしてもプログラミングにはAPIと呼ばれる取引を行う取引所システムの機能・仕様が公開されていることが必要になります。

国内の大手取引所はたいていAPIを公開しており、ZaifもAPIを公開しているので、botの作成が可能です。

では、Zaifで自動取引botを使うとどんなことが出来るのでしょうか。

自動で取引ができる

「自動取引」なので当然と言えば当然ですが、自分で一回一回取引注文の操作を入力しなくてもプグラムが自動的に注文をして売買をしてくれます。

これだけだと大したことがないように聞こえますが、例えば相場が大きく動いていて短時間に売り買いを何度も繰り返したい時などは、マニュアル取引だと端末の前に長時間張り付いて操作する必要があります。

自動取引であれば、注文を出す操作はプログラムが行ってくれますので、長時間拘束されることがありません。

また仮想通貨取引所は24時間365日動いているので、相場が動いた時などをタイムリーに捉えるには不眠不休で端末の前に張り付かなればなりません。

これも自動取引であれば、プログラムが事前に与えられた条件に沿って24時間いつでも自動で取引を行ってくれます。

なにもしなくても利益を出せる可能性がある

自動取引は事前に与えられた取引の判断ロジック(アルゴリズム)に従って、人間が行うより早く継続的に取引を行うことが出来ます。

相場のある商品で利益を出すポイントは、「安く買って高く売る」ことですが、仮想通貨の価格がいつ高くなりいつ下がるかを正確に見極めることは至難の業です。

勿論、過去の相場の動きの法則性などから価格の動きを予想して取引する方法はあり、そうしたロジックに基づいて自動取引をするbotも存在しています。

しかし自動取引で利益をあげるために、一番使われる手法は「裁定取引(アービトラージ)」です。

要するに、いくつもある取引所の間で短時間だけ存在する価格の差を見つけて、安い取引所で買って高い取引所で売るということなのですが、この手法であれば相場の法則性の分析などしなくても、コンピューターの処理の早さと継続性を活かして利益をあげられる可能性があります。

・・・あくまでも「可能性がある」ということですが。

判断ミスを無くすことができる

裁定取引を含めて自動取引botが行うような処理は、人間が自分で(マニュアル処理で)行うことも可能です。

しかし、複数の取引所での売値と買値を取得し比較して、手数料まで勘案した上でどこから買ってどこで売れば利益が出るかを、しかも価格差が修正されてしまうまでのわずかな時間で判断し、取引注文処理を人間が実行することは、とてつもない集中力と頭の回転の速さを必要とします。

コンピューターであれば、こうした判断を短時間に正確に行ってくれるので、人間がマニュアルで行う時に発生しうる判断ミスを無くすことが出来ます。

自動取引botを自分で作るには?

PC作業する手

自動取引botを自分で作るためには、最低限のPC操作スキルやプログラミングスキル、セキュリティに関する理解などの技術的な知識が必要になることは言うまでもありません。

しかし、そうした技術的知識と同様に、どうやって利益を出すのか(=プログラムにどんな処理をさせるのか)を決めるための仮想通貨取引に関する知識や、手数料の違いなど各取引所に関する情報も必要になります。

仮想通貨の取引で利益を出す仕組みを理解する

先ほども触れたとおり、利益を出すためには「安く買って高く売る」ことが必要です。

これは大きく分ければ、「安い時に買って高い時に売る」「安い場所(取引所)で買って高い場所(取引所)で売る」に分けられます。

こうした取引で利益を出す仕組みの理解は、プログラムにどんな判断ロジック(アルゴリズム)を与えるかの前提として必須です。

(1) 安い時に買って高い時に売る

伝統的な手法、正統派の手法とでも言えるかもしれません。

現在の環境を分析して、「今後はこの仮想通貨がいくらくらいまでは上がるだろう」という自分の相場感を築き、それに従ってどの通貨を買うかを決めるというものです。

(尚、証拠金取引で空売りすることも可とするなら、「いくらくらいまで下がるか」の相場感に基づいてどの通貨を売るか決めることも、この仕組に含まれます。)

尚、この手法には、過去の市場の動きから見ると「XXだと〇〇」という傾向があり、現在の価格はそのXXに当てはまるので今後は〇〇になるだろうという、所謂テクニカル分析も含まれます。

(2) 「安い場所で買って高い場所で売る

上の伝統的な手法では、相場感に基づいて買った後、価格が上がるまでの期間は買った資産を持ち続ける、所謂「ポジションを持つ」ことになり、資産価格の変動リスクを負うことになります。

これに対して、同じ時刻に場所(取引所)によって価格に差がある時に、安い場所で買って高い場所で売ることにより、ほぼポジションを持つこと無く利益を上げるのが裁定取引(アービトラージ)です。

ポジションを持たずリスク無しで利益が上がりますが、実際にはそのような価格差があれば多くの投資家が裁定取引しようとするので、すぐに価格差は解消されて裁定が出来ないか、差益を得られても小さな幅となるケースが多くなります。

プログラミング言語を扱えるようにする

コンピューターに命令し処理をさせるには、命令をコンピューターが理解できるプログラミング言語で行う必要があります。

現在、自動取引botを作成するプログラミング言語は、Python(パイソン)Ruby(ルビー)が使われることが多いようです。

Zaifのサイトを見るとZaifのAPIを利用できる言語にも、これらの言語が含まれています。

これらの言語はシンプルで扱いやすく、C言語などのプロブラミング言語と比べて初心者でも習得しやすいと言われています。

Pythonは1991年に開発されたプログラミング言語で、現在最も広く普及した言語の一つと言われており、組み込みアプリやwebサイトの構築からAIによるディープラーニングまで、様々な開発に使われています。

Rubyはまつもとひろゆき氏によって開発され1995年に公開された言語です。

プログラマーが開発しやすく、WebサイトやWebベースの業務システムを効率良く開発出来る言語と言われます。

国内では食べログクックパッドなどがRubyを使用していることが有名です。

セキュリティに関する知識を身に付ける

自動取引botは自分のコンピューター上で動きます。

もし自分のPCのセキュリティが万全でなく、外部からのハッキングなどにあってしまうと、自動取引の機能を逆手に取られて自分の気付かない間に取引を行われたり、外部に送金されたりするリスクが存在します。

ですから、自分のPC・サーバーやネットワークに対するセキュリティ対策を十分に行っておく必要があります。

また、裁定取引の場合、複数の取引所を利用して取引することになりますので、取引所側のセキュリティ対応にも気を配るべきでしょう。

IDやPWの管理に十分注意することに加えて、二段階認証やログイン時の登録メールアドレスへの通知なども利用することが望ましいと思われます。

ZaifのAPI設定方法

Zaifトップページ

引用元: Zaif

ではZaifで自動取引を行うために、ZaifのAPIを設定する流れをご紹介します。

前提としてZaifにアカウントを開設しておく必要があります。

また、プログラミングに利用する言語を自分のPCにインストールしておきます。

Zaifのサイトには、ZaifのAPIを簡単に使えるプログラムなどをまとめたライブラリ(非公式)へのリンクも貼られていますので、それを利用すると便利でしょう。

zaifにログインする

まずZaifにログインします。

まだZaifに口座を開設していない場合、Zaifのサイトから簡単に登録することが出来ます。

APIを設定した後は、取引を行いますので、本人確認書類の提出も必要ですし、二段階認証などセキュリティの設定も行っておきます。

各種サービスから開発者向けAPIをクリック

Zaifアカウント画面

引用元: Zaif

ログインしたらトップ画面右上の「アカウント」を選択します。

アカウントページが開きますので、画面の下の方にある各種サービスの中から「開発者向けAPI:取引APIを使用する際のAPIキーを管理します。」を選択します。

API Keysを選択

API Keys画面

引用元: Zaif

画面の「API Keys」を選択します。

下の方に「Get Verification Code」ボタンがあるので押すと、認証コードの入力ページに移動します。

登録されているメールアドレスに6桁の数字の認証コードが届きますので、入力ページで数字を入力して「Submit」をクリックします。

APIキーの登録画面が表示される

API Key登録画面

引用元: Zaif

認証コードが正しく入力されると、APIキーの登録画面が表示されます。

画面の真ん中あたりにAPI Keysという欄があり、Verifiedと表示されています。

この画面でAPIキーの設定・登録をします。

Nameに自分の好きな名前を入れる

登録画面の下の方にある「Name」の欄に適宜自由に名前を入力します。

名前の付け方は自由ですが、後で自動取引bot用であることがわかる名前にしておくことが望ましいでしょう。

InfoとTradeにチェックを入れて「Create」をクリック

「Perms」欄にいくつかのボックスがありますので、「Info」(情報の取得)と「Trade」(取引実行)」にチェックをして「Create」をクリックします。

「Withdrawal」をチェックしてしまうと、万が一APIキーが流出した時に日本円の出金等を第三者が出来てしまい損失につながる危険があるので、実行できるコマンドは必要最小限にします。

表示されたkeyとsecretをメモする

APIキー&SECRET

引用元: Zaif

設定されると画面に表されるAPIキーの一覧に、今登録した名前でキーが表示されます。

右側に、KeySecretの36桁の文字列が表示されます。自動取引botを使用する際に必要になるので、メモしておきます。

自動取引botは完璧ではない

Cautionのパイル

APIの設定が終わったら、あとはプログラミング言語でプログラムしていきます。

自分でゼロから構築することも出来ますが、Zaifのサイトには、ZaifのAPIを簡単に使えるプログラムなどをまとめたライブラリ(非公式)へのリンクも貼られていますので、それを利用すると便利でしょう。

ただし利用はあくまでも自己責任です。

自動取引botを使うことで、自分で一件一件行ったのでは実現できないような取引を実行することが出来ます。

その一方で、botのアルゴリズムが必ずしも完全なものである保証は無いですし、机上の設計では問題ないはずのbotが思わぬ動き方をして損失を出すといったこともありえます。

そもそもネットワーク障害などでプログラムが止まってしまうとか、取引所のサーバー障害で取引が出来ないといった外部の阻害要因も存在します。

自動取引botは必ず儲かることが保証されているものではないのです。

自動取引のポテンシャルは理解しつつ、そのリスクも十分に承知して、あくまでも自己責任で取り組むことが必要でしょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。