仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Bitflyer %e3%83%93%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc  2

ビットフライヤー(bitFlyer)からBTC(ビットコイン)を送金するやり方

皆さんは仮想通貨を送金する方法はご存知でしょうか?この記事ではビットフライヤーにおけるビットコイン取引について、ビットコインを送金する方法を分かりやすく解説します。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/17 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ビットフライヤーとは?

ビットフライヤーとは?

ビットフライヤーとは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を取引するための仮想通貨取引所の1つであり、コインチェックやザイフと並んで、日本発の取引所として知られます。

ビットフライヤーでは、ビットコインやイーサリアムをはじめとして、2018年1月現在では6種類の仮想通貨を売買することができます。

このように、ビットコインだけでなく様々な仮想通貨を取引できるビットフライヤーですが、ビットフライヤーにおいては、もっとも有名なビットコインこそ、取引の中心とも言える仮想通貨です。

というのも、ビットフライヤーではビットコインの取引量が日本1位かつ世界2位であり、日本国内ではビットコイン取引において雄たる存在なのです。そのため、ビットフライヤーから自分が口座を有する他の取引所へとビットコインを送金する人も多いはず。

そこで、この記事では、ビットフライヤーにおけるビットコイン取引について、ビットコインを送金する方法を解説します。

ビットフライヤーで送金できる仮想通貨と手数料

ビットフライヤーで送金できる仮想通貨と手数料

ビットフライヤーから他の取引所へとビットコインを送金する方法を説明する前に、ビットフライヤーでは、ビットコイン以外にどの仮想通貨を送金できるのか説明しておきます。

これについては、ビットフライヤーからはビットフライヤーが扱う6種類の仮想通貨のすべてを他の取引所へと送金することができます。

このとき、ビットコインの送金に際しては、0.0015BTCの送金手数料がかかるのに対して、イーサリアム・イーサリアムクラシック・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・モナコインの5種類の仮想通貨の送金に際しては、送金手数料はかかりません。

ビットコインの送金に際しては、特別に手数料がかかることをしっかり認識しておきましょう。

ビットフライヤーで送金できる仮想通貨
仮想通貨名 手数料
ビットコイン(BTC) 0.0015BTC
イーサリアム(ETH) 基本手数料無料
イーサリアムクラシック(ETC) 基本手数料無料
ライトコイン(LTC) 基本手数料無料
ビットコインキャッシュ(BCH) 基本手数料無料
モナコイン(MONA) 基本手数料無料

ビットフライヤーでビットコインを送金する方法

ビットフライヤーでビットコインを送金する方法

以上に述べたように、ビットコインの送金に際しては手数料がかかってしまうことが多いものの、ビットコインは仮想通貨の中では依然として活発な取引がなされているため、ビットコインの送金方法を覚えておくことはマストです。

以下では、ビットフライヤーにおいてビットコインの送金をスムーズに完結していただくため、ビットコインの送金方法を一つ一つ流れを追って解説します。

左側のメニューから入出金を選択

ビットフライヤーから他の取引所へとビットコインを送金する際、まずはじめに行うべき操作は、左側のメニューから入出金の項目を選択することです。

また、これはビットコイン以外の5種類の仮想通貨の送金の際も同様です。

BTCご送付を選択

左側のメニューから入出金の項目を選択したら、次は、送金する仮想通貨の種類を決定します。

ビットコインを送金する場合は、ビットコインの仮想通貨としての単位であるBTCを選択しましょう。

この際、仮想通貨の単位を間違えないよう注意しましょう。

送り先のビットコインアドレスを入力して追加するを選択

ビットフライヤーからビットコインを送金するにも、送り先の仮想通貨取引所がどこであるのかを入力しなければなりません

仮想通貨取引では、自分が口座を開設している個々の取引所にアドレスが付与されているはずなので、ビットフライヤーからビットコインを送金する際は、送り先のアドレスを入力します。

送金するビットコインの量を入力する

ビットコインを送金するにあたって、ビットフライヤー上でビットコインの送付先のアドレスを入力したら、次は送金するビットコインの数量を入力します。

優先度を決める

次に、ビットコインの送金に際しては、優先度なるものを決定します。

優先度とは、技術的に言えばトランザクションのことであり、優先度の欄でさらに手数料を支払うことで、自分の送金の処理速度を上げることができるというわけです。

ただし、急ぐ必要のない場合は、特別高い優先手数料を支払う必要はありません。テキスト

ビットコインを外部アドレスに送付するを選択

ビットフライヤーからビットコインを送金する際の最後のステップは、外部アドレスへの送付です。「ビットコインを外部アドレスに送付する」を選択すれば、ビットコインの送金に際してのビットフライヤー内の操作はこれで完結します。

ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)を送金する方法

ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)を送金する方法

以上、ここまでは、ビットフライヤーにおけるビットコイン(BTC)の送金の方法を説明しました。

ただし、冒頭にもお伝えしたように、ビットフライヤーにおいては、ビットコイン以外にも、イーサリアムやイーサリアムクラシックなど5種類の仮想通貨を他の取引所へと送金することができます。

そして、これらのビットコイン以外の仮想通貨は、ビットコインの送金とは違って、送金手数料をかけずに送金することができます。

そこで、以下では、ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)を送金する方法を説明しておきます。

左側のメニューから入出金を選択

ビットフライヤーから他の取引所へとイーサリアム(ETH)を送金する方法も、基本的な操作はビットコイン(BTC)の送金時とほとんど変わりありません。

イーサリアム(ETH)を送金する際も、まずは左側のメニューから入出金を選択してください

ETHご送付を選択

入出金を選択した後では、イーサリアム(ETH)送金を行うために、ETHご送付を選択してください。

この際、仮想通貨の単位を誤らないように注意しましょう。

イーサリアムはETHという単位で表記されます。

ラベルは自分がわかりやすいように入力する

他の取引所へとイーサリアムを送金する場合、ビットフライヤーでは、ラベルを設定することができます。この場合、ラベルの内容は自分が分かりやすいように決定すれば良いです。

送付先のイーサリアムアドレスを入力する

ビットコインのところでもお伝えしたように、仮想通貨取引において仮想通貨を送受信するためには、アドレスが必要です。

ビットフライヤーから他の取引所へとイーサリアムを送金する場合も、送付先のアドレスをビットフライヤー上で入力しましょう。

数量を入力してイーサリアムを外部アドレスに送付するを選択

ビットフライヤーでイーサリアムの送付先のアドレスを入力したら、後は、送付するイーサリアムの数量を入力し、「イーサリアムを外部アドレスに送付する」を選択するだけで、送付先の取引所へとイーサリアムが送金されます。

仮想通貨を送金する際の注意点

仮想通貨を送金する際の注意点

以上、ビットコインとイーサリアムを例に、ビットフライヤーから仮想通貨を他の取引所へと送金する方法を説明しました。

ビットコインもイーサリアムも、またビットフライヤーが扱う他の4種類の仮想通貨についても、送金において何ら難しい操作はなく、比較的簡単に送金できることがお分かりいただけたかと思います。

ここでは、仮想通貨の送金をお考えの方に対して、仮想通貨送金の注意事項を以下に3つ付記しておきます。

送金に際しては、以下の3つの注意事項も忘れずにチェックしておきましょう。

送付先に間違いがないか確認する

送金できたか確認する

ビットフライヤーからビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を送金する際に、念には念を押して慎重になっていただきたい点があります。

それは、送付先に間違いがないかどうかの確認です。

上にも述べたように、仮想通貨の送受信は、自分が口座を有する取引所のアドレス宛に仮想通貨を送金することによって成立します。

つまり、このアドレスの入力を誤ってしまうと、最悪の場合、送金するはずだった仮想通貨がそのまま丸ごと宙に捨てられてしまう事態に陥りかねません。

ビットフライヤーに限ることではありませんが、ビットコインなどの仮想通貨を送受信するにあたっては、送付先に間違いがないかどうかの確認を入念に行いましょう。

送金できたか確認する

送金できたか確認する

ビットフライヤーにおいても、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を送金する際は、送り先のアドレスを入念に確認すべきであることをお伝えしました。

これに伴って行うべき操作として覚えておきたいのは、ビットフライヤーからの送金先の取引所での送金の確認です。

ときに大金が動く仮想通貨の送受信ですから、どれだけ注意をしてもしすぎであるということはありません。

ビットフライヤー上でアドレスに誤りがないことを確認した上で、ビットフライヤーから送金の操作を済ませたら、送付先の取引所においても、送金がちゃんと完了されているかどうかをしっかりと確認しておくべきです。

2段階認証は設定しておく

2段階認証は設定しておく

ビットコイン等の仮想通貨における送受信においては、送付先アドレスの確認は最優先事項であることをお伝えしましたが、送受信自体の操作とは少し離れて、もう一つだけ注意しておかなければならない重要事項があります。

それは、2段階認証です。

やはり大金の移動が伴うことの多い仮想通貨取引においては、トラブルも付き物です。

実際に、身に覚えのないログイン履歴から、勝手に日本円が出金されてしまったケースなどもあり、事件に発展しています。

セキュリティが万全とはいえ、事件が起こってからでは遅いため、自分なりにできる防衛策は必ず講じておきましょう。

そこで、まず皆さんが行うべきは、2段階認証の設定です。これは不正なログインを防ぐだけでなく、不正ログインによる被害を保証してもらうための口実にもなります。

ビットコイン等の仮想通貨の送受信をするに際しても、やはり2段階認証の設定を済ませた上で行いましょう。

ビットフライヤーでコインを送金してみよう

ビットフライヤーでコインを送金してみよう

以上、この記事では、ビットコインとイーサリアムの場合を例に、ビットフライヤーから他の仮想通貨取引所へと仮想通貨を送金する方法を説明しました。

ビットコインの送金にあたっては、前半で述べたように、送金手数料がかかることを再度確認しておきましょう。

また、ビットコインにしてもイーサリアムにしても、あるいは他の4種類の仮想通貨にしても、送受信だけでなく、様々な取引をする際に情報リテラシーの認識は不可欠です。

仮想通貨取引は、取引自体はバーチャルではありません。仮想通貨の取引もあくまで金融商品取引の一つであることを、十分に認識していなければなりません。

とは言っても、ビットフライヤー等における積極的な仮想通貨の取引は、資産運用の賢い方法といって間違いありません。

情報リテラシーを持ちながらも、この記事で紹介しているビットコイン等の送金も駆使して、自分なりの資産形成を成功させましょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。