仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

150425254647 tp v

コインチェックの指値・逆指値・成行注文のやり方・キャンセル方法

CMをはじめ、日常生活でも「コインチェック」という言葉を聞くことがあるのではないでしょうか? 仮想通貨取引所のコインチェックは、初心者でも取引できるシンプルで簡単なことで注目度の高い取引所です。今回は様々な取引の仕方をまとめてみました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/22 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

コインチェック(coincheck)でビットコインを買う

ビットコイン取引

出川哲朗さんのCMでもお馴染み、仮想通貨取引所大手のCoincheck(コインチェック)

アカウントを作って、本人確認までして・・・と、そこまでで止まってしまっている人はいませんか?

いざ投資をはじめようと思っても、最初はわからない言葉も多く、次から次へと注文板が動くのにも圧倒されますよね。

大損失を出してしまったらどうしよう、なんて不安もあるかもしれません。

でも大丈夫。

コツさえつかめば、誰でも気軽に仮想通貨取引に参加できるんです。


今日は、

コインチェック上で取引ってどうやるの?
未経験だけど短期トレードに挑戦したい!

という方にもわかりやすく、コインチェックでの注文の仕方(指値・逆指値・成行注文)について紹介します。

販売所と取引所の違い

まず押さえておきたいのが、「販売所」「取引所」の違い。

簡単に比較すると、下のようになっています。

販売所

仮想通貨取引所が保有しているビットコインを購入あるいは売却するところ。

確定した売買価格が最初から提示されている。

必ず所定のレートで売買できる代わりに、取引所に比べて若干割高になるケースも。

取引所

個人対個人の取引でコインを売買できるところ。

希望売却額、購入額を板に並べていくMakerと、板に並んだ注文を取りに行くTakerがいて、双方の希望が合致すると注文が成立する。

値動きが希望注文額からずれて注文が成立しない場合も。

自分が希望するレートでコインを売買できる。

今日紹介する注文は、取引所で行えます。

ビットコイン取引にはトレードビューを使うと便利

多くの取引所が、ビットコインの取引用に2種類の取引画面を用意しています。

一つは、通常の簡易的な取引所

コインチェックなら、通常トップ画面に以下のような取引所画面が表示されています。

右側の買い板/売り板を参考に、左側で希望の注文を入力します。

取引所画面

そしてもう一つがコインチェックなら「トレードビュー(TradeView)」と呼ばれるトレードシステム。

トップ画面上部のメニュータブ左から3つめの「トレードビュー」を選択すると、下記のような黒っぽい画面が開きます。

メニューバーTradeView画面

通常の取引所での注文に慣れてきたら、トレードビューがおすすめ。

ローソク足チャートがあるので一目見て市場が上がり調子なのか下がり調子なのかが分かりますね。

ちなみに
緑のグラフ=陽線(終値が始値より高くなった)
赤いグラフ=陰線(終値が始値より安くなった)

です。

(この図だとここ2時間分ぐらいの価格の変動が表示されていて、下がり調子なのが読み取れます)

トレードビューでは通常の簡易な取引所にはない、様々なコインの買い方・売り方が選択できるので、本格的に仮想通貨取引を行なっている人は圧倒的にトレードビュー派が多いです。

覚えておきたい取引所の用語

では、いよいよビットコインの売買をはじめるにあたり、取引所で使われる用語の意味を理解しましょう。
(株やFX経験者は以下飛ばして読んでください。)

コインチェック取引用語解説
解説
約定 注文が確定すること
成行注文 価格は問わず今のレートですぐに売買する
指値注文 指定の金額以下になったら買う・指定の金額以上になったら売る
逆指値注文 指定の金額以上になったら買う・指定の金額以下になったら売る
現物取引 取引所にプールしてある金額までコインを購入する
レバレッジ取引(FX) 取引所にプールしてある金額を証拠金としてそれ以上の金額を動かす取引方法

指値注文

通常の簡易取引所で取引が可能なのは指値注文のみです。

これは自身で買いたい・売りたい価格と数量を決めて、注文の希望を出すこと。

指値注文をする人をMakerといいます。

取引所の買い板と売り板には、Makerが提示した指値注文が並んでいきます。

指値注文では希望額より安くなった時に買い、希望額より高くなった時に売ることができます。

一方、トレードビュー画面では他多様な取引が可能です。


成行注文

まず、希望価格は提示せず、Makerが板に並べた価格で希望数量を売買するのが成行注文

Makerが板に並べた希望注文を消費するのでTakerと呼ばれます。

とにかく今すぐ売りたい・買いたい時に成行注文をすることが多いです。


逆指値注文

指値注文に対して、希望額より高くなった時に買い・安くなった時に売るのが逆指値注文

損切りをする際に行うことが多いです

(損切り/ロスカット・・・コインの価格が下がり価格上昇が見込めない際に価格が下がった状態でも売却し損額を確定させること)


現物取引/レバレッジ

取引所に置いてある金額まで取引するのが現物取引。

それ以上の価格を動かす際にはレバレッジをかけるといいます。

コインチェックは証拠金という元手金額の5倍の金額で取引ができます。

指値注文のやり方

希望価格・数量を指定し、市場の希望価格と合致すれば約定となります。

メリット
自分が希望する価格・数量で売買できる。

デメリット
必ず約定するとは限らない。

「1BTC 160万円で売りたかったのに150万円まで下がってしまった」なんてことも。


指値注文は簡単取引所でもトレードビューでも行えます。

それぞれやり方を見ていきましょう。

現物指値注文のやり方

取引所で注文する

取引所画面

売り板は安い順に中央から
買い板は高い順に中央から 注文が並びます。

最初は中央の価格を参照して指値をするのが良いでしょう。

左に指値を入力します。

(1)レート欄に希望価格を入力
(2)注文量に希望数量を入力
(3)概算に相当の日本円価格が表示
(4)購入なら買い、売却なら売りを選択し
(5)注文する

トレードビューで注文する

トレードビュー

画面右下から注文できます。

(1)上部のタブから注文を選択。
(2)レート欄に希望価格を入力
(3)注文数量に希望数量を入力
(4)概算に相当の日本円価格が表示
(5)買い注文または売り注文をクリック

買い注文と売り注文で画面の上下に入力箇所が分かれていますので、価格・数量ともにそれぞれの欄に入力します。(上図は買い注文時の入力箇所)

レバレッジ取引で指値注文

取引所で注文する

レバレッジ画面

現物取引の下にレバレッジ取引が表示されます。

(表示されなければ)レバレッジ取引右の「v」マークをクリックすると入力欄が開きます。

レート・注文量の入力は指値注文と同じ。

違いは以下です。


・概算表示の下に必要証拠金が表示される

 レバレッジ取引をするにはレバレッジアカウントに取引の元手となる金額を入れておく必要があります。

 必要証拠金がレバレッジアカウント内に入っている額を超える場合、注文できません。

買いがロング、売りがショート

レートと注文数を入力しなくても「現在プールしてある証拠金の何パーセントを使って購入する」という注文の出し方ができる。

トレードビューで注文する

トレードビューの場合は、上のタブからレバレッジ取引を選択すると以下の画面が表示されるので、あとは簡易取引所と操作方法はほぼ同じです。

トレードビュー レバレッジ画面

逆指値のやり方

逆指値は、指値よりも不利な価格になった時に注文を行う方法です。

市場が上がり調子に入った瞬間に購入し、下がってきたらすぐ売りたい、という時に使われる注文方法です。

逆指値イメージ

メリット、デメリットは指値と同じです。

メリット
自分が希望する価格・数量で売買できる。

デメリット
必ず約定するとは限らない。

現物逆指値注文のやり方

逆指値

現物取引は上のタブから注文を選択します。

(1)逆指値を有効にするにチェック
(2)注文量に希望数量を入力
(3)逆指値にいくらになったら指値注文を有効にするか入力
(4)指値にいくらで買う・売るかを入力
(5)概算が算出
(6)買い注文・売り注文のいずれかをクリック

成行注文のやり方

成行注文は、価格を指定せず現在買い板・売り板に上がっている価格ですぐに売買したい時に使います。

メリット
すぐに売買成立する。

デメリット
想定よりも不利なレートで売買が成立することがある。

現物・レバレッジ取引どちらでも成行取引が可能です。

成行注文

現物成行注文のやり方

上のタブから成行注文を選択し、売買希望数量を入力。

レバレッジ取引の成行注文のやり方

上のタブからレバレッジ取引を選択し、成行注文にチェック、希望数量を入力します。

成行注文で逆指値

逆指値注文は、指値でなく成行注文でも可能です。

その場合は
この金額を超えたら即座に買う
この金額を下回ったら即座に売る
という考え方になります。

成行注文 逆指値

上部のタブから成行注文を選択し、逆指値を有効にするをチェックすると逆指値で成行注文が可能になります。

注文をキャンセルする

「間違えた数量・価格の指値で注文を出してしまった」「売り・買いを逆にしてしまった」「値動きに置いていかれてしまったので、入れている指値注文をキャンセルして新しく注文を出し直したい」

そんな時は、どうしたらいいのでしょう?

売買成立(約定)してしまった注文は取り消しができませんが、約定前なら未約定の注文一覧から注文のキャンセルをすることが可能です。

値動きとかけ離れた注文を出した場合は、暫くすると自動でキャンセルとなりますが、ミスの場合はすぐに以下の方法でキャンセルしましょう。

取引所から注文をキャンセルする

取引所画面の下部にある未約定の注文のタブを選択。

未約定の注文一覧が表示されるので、右端のキャンセルをクリック。

一部既に約定してしまっている可能性もあり、その場合は未約定分のみキャンセル可能です。

例:1BTCの買い注文を出した

0.3BTCは約定 ←キャンセル不可
0.7BTCは未約定←キャンセル可

取引所 キャンセル

トレードビューから注文をキャンセルする

トレードビューでも同様に、画面下部に未約定一覧の表示があり、そちらからキャンセル可能です。

トレードビュー キャンセル

コインチェック 注文方法[まとめ]

以上のように、コインチェックの取引所の利用方法は簡単。

最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、慣れればどんどん使いこなしていくことができるでしょう。

まずは指値注文、そして逆指値注文・・・と少額の現物取引からはじめてみて、少しずつ感触を掴んでいってくださいね。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。