仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2017 08 28 20.19.53

コインチェック(coincheck)電気でビットコインが貯まる?

ビットコインが日常生活使えるようになっていくのは便利ですよね。仮想通貨取引所のコインチェックでは、電気代をビットコインで支払えるサービス「coincheckでんき」があるのをご存知でしょうか?今回は、どのようなものなのか、細々と説明いたします。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/07/18 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で5,500円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

コインチェック電気とは?

コインチェック

コインチェック電気とは、2016年11月から大手仮想通貨取引所であるコインチェックが始めたサービスで、電気代をビットコインで支払えたり、電気料金の支払額に応じて無料でビットコインを貯める事ができてしまうという画期的なサービスです。

電気の品質や供給の仕組みを変えることなく、電気代をビットコインで決済したり、電気料金の支払額に応じてビットコインを貯める事ができるサービスです。

ビットコインがもらえる 「 ビットコイン付与プラン 」と、ビットコインで決済できる「 ビットコイン決済プラン 」が選択できます。

コインチェック電気のプランの種類

コインチェック

ここ数年ものすごい勢いで価格が高騰しているビットコインで電気料金の支払いができたり、4~6%の料金割引が受けられたり、あるいは電気料金の4~6%をビットコインとして貰うことができる面白いやつです。

ビットコインなどの仮想通貨はまだまだ値上がりする期待があるので、それだけでもお得です。

さて、そんなお得なコインチェック電気ですが、上述の「電気料金の4~6%をビットコインとして貰うことができる」付与プランと「ビットコインで電気料金の支払いができ、さらに4~6%電気料金が割引」になる決済プランのいずれかを選択できます。

 
コインチェック電気のプラン
 プラン名 支払い方法 特徴
ビットコイン決済プラン ビットコイン 電気料金が既存の電力サービスよりも4%~6%お得
ビットコイン付与プラン 今までの支払い方法と同じ 電気料金の4~6%がビットコインとしてcoincheckウォレットに毎月貯まる

ビットコイン決済プラン

コインチェック

ビットコインで支払うことで、料金が安くなるというプランです。支払期日の正午のレートに従って、自身のコインチェックのアカウントから自動で引き落とされるというものとなります。

万が一、支払いに十分なビットコインが保有されていなければ、申し込みの際に登録するクレジットカードから引き落としされることとなります。

その際は決済プランから付与プランへと移行する形となり、クレジット決済の金額から計算されたビットコインが付与されるようになるので安心してください。

これまでただ単に電気代を支払うだけであったものが、資産として残るか割引きされるというのはすごく嬉しいという声も聞こえてきます。

ビットコイン付与プラン

コインチェック

「ビットコイン付与」だと、電気料金や支払方法は、今までの電力サービスと同じで、電気料金の4~6%がビットコインとしてコインチェックウォレットに毎月貯まるというかたちになります。

電気代の支払いの一部がビットコインで還元されるというプランです。

電気の支払い方法等は今までと変わらず、指定の振込口座に振り込むか自動で引き落とされる形です。

電気料金の支払い・ビットコイン付与は原則として利用月の翌月末となります。

その支払いの1%~7%(地域や契約によって異なる)がコインチェックのアカウントに還元されるということになります。

コインチェック電気を使うメリット

コインチェック

社長自ら開発に携わっていることもあり、「ユーザーの使いやすさ」を追及していることを感じ取ることができます。

投資初心者でも扱いやすく、スマホアプリからも簡単に取引できます。UIがとても見やすく、わかりやすく、個人的にも一番見ています。

コインチェックの良い所が専用アプリを入れることでスマホでも簡単にチャートの確認や送金、受け取りができることです。

コインチェックの魅力は取り扱いの仮想通貨の種類が豊富なところです。

さらに、国内の取引所では珍しい24時間取引可能なところも強みです。

ビットコインがもらえる

コインチェック

誰でも簡単にビットコインをゲットすることの出来る方法「コインチェックでんき」です。

自宅の電力会社を「コインチェックでんき」に切り替えるだけ。これまでと同じように生活するだけでビットコインを手にすることができてしまします!

コインチェック電気についておさらい ビットコイン付与プラン ビットコイン決済プランの2つがありますが、「ビットコイン付与プラン」に申し込むことにします。

ビットコイン付与プランは「これだけ安くなった」という電気代分のビットコインを貰えるサービスです。

電気代は金額的には安くならないですが、安くできた分のビットコインをもらうというです。

ビットコインで支払いができる

コインチェック

「コインチェックでんき」は、電気代をビットコインで支払うことができるプランを含め、ライトユーザー向け、ヘビーユーザー向けの2つの料金プランを用意しております。

ビットコインが貯まるプランもあるコインチェックでんき。ビットコイン初心者の方も始めやすいサービスです。

決済としてのビットコインのメリットは手数料の安さですので事業者の方が積極的に取り入れることによってそれが消費者に還元されていくことが一番だと思います。

またインフラという既得権益の多い分野で今回のような事がもっと起きていけばビットコインに対する印象も変わっていくことが予想されます。

ただ、ビットコインはまず、仕組みを知る事が一番大切で、それによって防げるリスクもあります。

これを機に広くビットコインについて多くの方が学ばれることを期待します。

他の電力サービスより電気料金が安い

コインチェック

料金プランによって、電気代が安い時間帯や、基本料金などが異なってきます。

経済的なメリットを最大限にするには、ライフスタイルに合わせた料金プランを選択することが必要です。

コインチェックでんき従量電灯A(中国電力エリア)を利用する方に向いているライフスタイルの概要を見ていきます。

電気料金 = 電力量料金 + 基本料金 + オプション

電力量料金は、電気を使うごとに増えていく料金のことです。

料金プランによって、夜の利用単価が安いプランや、いつ電気を使っても同じ単価のプランなどがあります。

多数の供給エリア

コインチェック

多数のエリアに電気を供給します

国内17地点の発電所/世界22カ国で電力事業の実績のある丸紅グループの電力会社、「丸紅新電力」と提携し、電力を供給を行う。供給エリアは、関東・関西・中部エリアとなり、今後順次エリアを拡大予定。

電力供給を行う株式会社イーネットワークシステムズは、電力事業において豊富な実績を持ち、再生可能エネルギーにも積極的な丸紅グループの電力会社、「丸紅新電力」と提携し、地域の皆様には安心・安定した電力を供給致します。

コインチェック電気の申し込み方法

コインチェック【編集部から画像アップロードの指示】



この見出しに関する画像をスクリーンショット(※mac・windowの方はやり方調べてください)を行い、見やすいかたちに整えてください。   

STEP.1
まずはコインチェックに申し込み。こちらは引き落としやビットコインの付与等に使いますので必ず必要となります。

STEP.2
Coincheckでんきへの申込みです。申し込みフォームより、名前、住所、電話番号、供給地点特定番号、現在契約している電力会社名、現在のお客様番号(契約番号等)を入力してください。
こちらで基本的な申し込み作業は終了です。

STEP.3
現在使っているメーターの交換をすることがあります。こちらは申し込み次第、無料で交換してもらえるので急な出費があるという心配はありません。

STEP.4
供給開始。申し込みから約1か月前後経過した後の検診日から供給がスタートします。もちろん電力の供給元が違うというだけで、これまでの生活と何ら変わりはないので安心して下さい。

STEP.5
料金請求とビットコイン付与、決済が開始されます。こちらはすべて自動で行われます。原則として支払いや付与に関しては利用月の翌月末となっています。付与日が営業日以外の場合は次の営業日の12:00に付与されることとなっています。

コインチェックにログインする

コインチェック

取引画面などは全て無視してOKです。まずはコインチェックにログインして、左上の「ウォレット」タブをクリックします。次に左側にメニューが出てくるので「でんき」をクリックします。

「ウォレット」を選択

コインチェックウォレットについて. コインチェックでんきの概要. 電気の品質や供給の仕組みを変えることなく、電気代をビットコインで決済したり、電気料金の支払額に応じてビットコインを貯める事ができるサービスです。

左側のメニューから「でんき」を選択

コインチェック

次にビットコイン付与・決済までの流れの確認画面が表示されるので、本人確認などを行っていない場合は、本人確認を先に済ませておいてください。

プランを選択する

コインチェック

次に、「ビットコイン付与プラン」か「ビットコイン決済プラン」を選択します。

続いて「ENSに移動して手続きを行う」ボタンをクリックしてENSにて必要事項を記入します。私は「ビットコイン付与プラン」にしました。

「ENSに移動して手続きを行う」をクリックする

コインチェック

ENSとはイーネットワークシステムズの略で電気をはじめ、事業者の事業実態に合わせた様々なソリューションを提供しているプラットフォームです。

ENSの申し込みフォームに必要事項を記入する

コインチェック

ENSにて必要事項を記入する際に「検針票」が必要となります。

ENSの申し込みフォームでは、氏名や住所、電話番号といった従来の情報に加えて「お客様番号」「供給地点特定番号」「契約種別」というものが必要になります。

コインチェック電気を使う際の注意点

コインチェック

1.コインチェックのアカウントと電力会社の契約者は同一である必要がある
2.全ての地域をカバーしていない
3.コインチェックでんきはコインチェックにアカウントを作らないと登録できない

という3点でございます。

特に気を付けてほしいのが、1番目のコインチェックのアカウントと電力会社の契約者が同一ということです。

本人確認が必要

コインチェック

犯罪収益移転防止法に基づき、 IDセルフィーと公的な本人確認書類 を提出していただくことにより、ご本人様であることを確認いたします。

またご本人様の住所へ郵送ハガキ(転送不可)をお送りしますので、受け取りによる本人確認が必要でございます。


本人確認書類に使用可能な書類


運転免許証
パスポート
在留カード
特別永住者証明書
運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)
住民基本台帳カード(裏面もご提出ください)
マイナンバー個人番号カード(裏面の画像はアップロードしないでください)

coincheckのアカウントと電力会社の契約者は同一人物でなければならない

電力会社の契約者が夫だったために、夫にコインチェックのアカウントを作らせてそこから「コインチェックでんき」に登録するようにしました。

もちろん電力会社に連絡して名義変更してもOKです。

後は、「コインチェックでんき」には当然ですが、コインチェックのアカウントが必要になりますので事前にコインチェックのアカウントを作成しておきましょう!

申込時にコインチェックに登録されているお名前、メールアドレスをENSに連携します。

コインチェック登録者と契約者は同一である必要があります。

現在の電力の契約者を変更してください。

検針票を用意しておく

決済プランの方が支払う金額が少ないので、お得感はありますが、ある程度のビットコインを用意する必要があるので、今回は付与プランで申し込みをしてみました。
(契約後プランの変更はできないので注意)

申し込みフォームに必要情報を入力していきます。
検針票が必要になるため、最新のものを準備し、内容を入力していきます。

入力内容は、補足の画面が用意されているため、特に問題なく登録ができました。

検針票はアップロードする必要もあるため、必ず用意しておく必要があります。

入力が完了すると、次は支払いに使うクレジットカードを登録。

問題なければ完了画面が表示され、あとは待つだけとなります。

現在の申し込みにかかる日数ですが、申し込み完了後3週間はかかるそうです。

コインチェック電気が使えるエリアか確認する

コインチェック

ビットコインが付与されたり、電気代が割引になる、コインチェックでんきですが注意点もあります。

北海道以外の供給エリアは、最低40Aの設置が必要で、一人暮らしなら40Aも必要ない場合がほとんどだと思います。

20A⇒40Aに変更することもできますが、その分でんき代の基本料金がかかってしまいますよね。

付与、または割引されるビットコインよりも、でんき代の方が上回ってしまうとなると本末転倒。

なのでコインチェックでんきは、所帯をお持ちの方や、1人暮らしでも終日自宅にいて電気をガンガン使う方には向いていますが、あまり電気を使わない一人暮らしの方だと逆に多めに電気代を支払ってしまうケースもあります。

もらえるビットコインは地域で異なる

ビットコイン決済プラン
通常の電力会社と提携時の料金より1~7%の割引があります。

ビットコイン付与プラン
付与プランは決済プランとは異なり、電力会社の料金と同等の金額を支払い、1~7%のビットコインをもらう事ができるプランです。

今後も長期的にビットコイン相場が上がり続けると考える場合は付与プランがあっており、今持っているビットコインを活用したい場合や短期的に設けを意識する場合は、決済プランが合っています。

提携できる地域
現在は北海道電力 ・東北電力 ・東京電力 ・中部電力 ・関西電力 ・中国電力 ・九州電力のいずれかの地域で電気を使用している方が対象となります。

北陸電力、四国電力、沖縄電力、その他離島の方は提携できません。

コインチェック電気でお得に生活しよう

電気代

コインチェックでんきの、「ビットコイン付与プラン」なら、支払いは現金、カード、口座振替なのですが、毎月電気料金のうち、4%~6%程度が、バックされる仕組みになっています。

これなら、日常生活を送りながら、資産形成ができます。その決済日の昼の12時の時点でのビットコイン価格がバックされます。

電気を使うだけで、ビットコインを貯めることができ、さらにビットコインは価格上昇していきますので、投資にもなります。

毎月の検診業務が不要になるスマートメーターに交換します。

もちろん交換は無料です。

これで電気使用が「見える化されて、合理的になります。

これで省エネにもなりますし、電力業界全体の設備投資の過剰を抑制することもできるのです。

これまで人力でパートさんが行っていた電力料金の検診を、自動で行うことができます。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。