仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

C87de 1186 a0b7346c ec28ddb8

コインチェックの安全性は?様々な意見を調査してみた

ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引は、日本だけでなく世界中で日に日に熱を増しています。 そして、仮想通貨取引においては、取引をしようとする通貨がビットコインにせよイーサリアムにせよ、それにあたって仮想通貨取引所で口座を開設しなければなりません。ここでは先日の騒動も交えながらコインチェックの安全性について紹介していきます。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/23 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

コインチェック(Coincheck)は安全性は?

コインチェックは安全?

ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引は、日本だけでなく世界中で日に日に熱を増しています。

そして、仮想通貨取引においては、取引をしようとする通貨がビットコインにせよイーサリアムにせよ、それにあたって仮想通貨取引所で口座を開設しなければなりません。

この点、仮想通貨取引で少しでもアドバンテージを得るためには、どの取引所で口座を開くかがとても重要なポイントとなってきます。

なぜならば、国内外それぞれの仮想通貨取引所では、取り扱われている仮想通貨の種類がまったく異なるため、取引をしようと考える仮想通貨がある場合、それが扱われている取引所で口座を開かなければ、口座を開いたところで意味がありません。

そこで、この記事は、仮想通貨取引所に焦点を当てることとし、日本国内で有名なコインチェック・ビットフライヤー・ザイフの3つの中から、国内最大のコインチェックについて、安全性の観点から取引所としての特徴を見ていきます

コインチェック(Coincheck)とは?

そもそもコインチェックとは?

ところで、コインチェックとはどのような仮想通貨取引所なのでしょうか。

数ある仮想通貨取引所の中で、コインチェックを差別化できる特徴はどのようなものなのでしょうか。

この点、コインチェックの特徴としては、第1に国内最大級の仮想通貨取引所であること、そして、第2に取扱い仮想通貨の種類が多いことが挙げられます。

第1の点については言葉通りの意味ですが、第2の点について言及するには、他の仮想通貨取引所と比較してみるのが良さそうです。

取扱い仮想通貨については、例えば、ビットフライヤーでは6種類の仮想通貨しか取引できないのに対して、コインチェックでは13種類もの仮想通貨が取引されています。

以上の事実から分かるように、コインチェックは、日本国内の仮想通貨取引所の中でも、日々活発な取引がなされている取引所なのです。

コインチェックの評判は?

コインチェックの評判は?

それでは、コインチェックという仮想通貨取引所について、どのような点がメリットとして見られているのでしょうか。

また、どのような点がデメリットとして見られているのでしょうか。

この点、まず、コインチェックのメリットとは、やはり、「高い安全性が確保された環境下での取扱い仮想通貨の豊富さ」と言うべきでしょう。

高い安全性を誇るブロックチェーン技術ですが、取引所のほうにセキュリティ面で脆弱性があれば元も子もありません。

この点、コインチェックをはじめとする日本の取引所の信頼性の高さは抜群であり、コインチェックでは、高い安全性が確保された環境下で、豊富な種類の仮想通貨の取引を行うことができるのです。

一方で、デメリットに挙げるべきは、「防ぎきれない高度なハッキング対応に追われてしまうこと」です。

仮想通貨取引所に対するハッキングは、コインチェックに限られることではなく、すべての仮想通貨取引所に共通する脅威にほかなりません。

どれだけセキュリティを強化したところで、それをも上回るハッキングの手法が使われてしまっては、安全性が担保された環境下であっても、好ましくない事態が起こり得ないとは断言できないのです。

以上に述べたコインチェックについてのメリットとデメリットは、以下に挙げる口コミでも言及されています。

コインチェックの良い口コミ

コインチェックが扱っている全13種類の仮想通貨の2017年における値上がりを示してくれている口コミです。

こちらの口コミをご覧いただければ一目瞭然であるように、コインチェックが取扱いを始めた仮想通貨は、2017年の1年間だけでも、凄まじい伸びを見せています。

取扱い仮想通貨の種類が豊富なだけでなく、コインチェックはそれぞれの仮想通貨のポテンシャルをも見越して取り扱っています。

コインチェックの悪い口コミ

仮想通貨が値下がりした原因がハッキングによるものではないかと危惧する口コミです。

仮想通貨の値下がりは何もコインチェックにおいてだけ起こった変化ではないため、コインチェックに固有なセキュリティに問題があったというわけではなさそうです。

ただし、こういった口コミが意味するのは、仮想通貨取引所全体への不安感です。

コインチェックが高いセキュリティ性能を有するからといって、慢心して、こういった「声」を見逃すのは良くありません。

仮想通貨取引は情報戦といっても過言ではありません。

であるならば、仮想通貨取引所に関するネガティブな口コミにも勇気を持って耳を傾けるべきでしょう。

過去にあった仮想通貨取引所のトラブル

過去にあった仮想通貨取引所のトラブル

ブロックチェーンという新進気鋭のテクノロジーを駆使して生み出された仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所には、当然のことながら、信頼性の高さだけでなくセキュリティ面での安全性も要請されています。

この点、世界に散らばる仮想通貨取引所の多くは、それぞれが、実現できる範囲内で万全なサービス態様やセキュリティチェックを導入しています。

しかしながら、こうした努力の裏で、これまでに仮想通貨取引所で何度も事件が引き起こされてきた事実を隠すわけにはいきません。

そこで、以下には、マウントゴックス(Mt.Gox)事件、ビットフロア(BitFloor)事件、ポロニエクス(Poloniex)事件、そして、ビットスタンプ(Bitstamp)事件を取り上げ、仮想通貨取引に潜む闇に迫ります。

マウントゴックス(Mt.Gox)事件

マウントゴックス(Mt.Gox)事件の発端は一つに絞られませんが、取引の一時停止が起こった2013年4月11日を一応の発生日時と定義することができます。

2013年4月11日から12日午前2時までの間、「市場のクールダウン」として取引が強制的に一時停止された結果、100ドル程度で安定していたビットコインの価値は55.59ドルにまで下落し、多くの投資家が大損をする事態が引き起こされました。

このとき消失したビットコインは約480億円にも上り、最終的には払い戻しが不可能となり、マウントゴックス(Mt.Gox)は、遂に、2014年2月28日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請しました。

一連の騒動の発端はマウントゴックス(Mt.Gox)の不透明な信用預金管理にあったとされ、この闇の深い事件は、ビットコインを含むすべての仮想通貨に大きな懸念を残すこととなりました。

ビットフロア(BitFloor)事件

ビットフロア(BitFloor)事件は2012年9月に発生しました。この事件でも、やはり多額のビットコインが失われており、その総額は約155億円とされています。

ビットフロア(BitFloor)事件は、本来暗号化されて保管されていなければならなかったウォレットのカギが暗号化されていなかったために起こりました。

ハッカーがビットフロア(BitFloor)に侵入し、カギを入手してしまったため、取引所に預けられていたビットコインが盗まれてしまいました。

ビットフロア(BitFloor)は資産の払い戻しを行ったものの、2013年4月、結局アメリカの規制措置により閉鎖されてしまいました。

ビットフロア(BitFloor)事件はセキュリティ面の甘さが露呈した事件として有名であり、これ以降、すべての仮想通貨取引所に対して人々から注がれる視線が一段と厳しくなったのは否定できません。

ポロニエクッス(Poloniex)事件

2014年3月4日に起こったポロニエックス(Poloniex)事件もまた、ハッキングにより引き起こされた取引所の事件です。

世界的にも巨大な仮想通貨取引所と言われるポロニエックス(Poloniex)には、莫大な資産としてのビットコインが預けられていましたが、報告によると、当時ポロニエックス(Poloniex)に保管されていたビットコインのうち、実に12.3%ものビットコインが喪失されてしまったとのことです。

後に、ポロニエックス(Poloniex)はユーザーすべてにビットコインを返済しましたが、この事件が世界に大きな影響を与えた事実は今でも記憶に新しいです。

なお、ポロニエックス(Poloniex)は現在も通常の営業を継続しています。

ハッキングはポロニエックス(Poloniex)の出金アルゴリズムの脆弱性に起因するものと言われており、一定の水準を満たした取引所であっても、常にハッカーの鋭い眼に狙われている現実がまざまざと明らかになりました。

ビットスタンプ(Bitstamp)事件

ビットスタンプ(Bitstamp)事件は、2015年1月4日に発生した事件で、約12億円が消失しました。

この事件もやはり、ハッカーによるハッキングによって引き起こされており、仮想通貨取引所とハッカーとの仮想通貨を取り巻く対峙図が、それまでになく明らかなものとなりました。

驚くべきは、ビットスタンプ(Bitstamp)が事件後1週間ののちに営業を再開しているという事実であり、これまでの一連の事件の流れもあって、仮想通貨取引所が持つべき社会に対する責任とはどのようなものなのかが議論されました。

コインチェックのセキュリティは問題があった(2018/01/26)

2018年1月26日にコインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において仮想通貨NEMの不正送金が発生しました。

これは上で述べたようにコインチェックの欠点として挙げられていたハッキング対策技術に関することに問題があり起こったようです。

これは仮想通貨界への衝撃と信用が薄れてしまう結果を招いてしまっています。

これに対してコインチェックは対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の補償方針を決定した模様です。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。   




引用元:

コインチェックに関しての最新の記事

まとめ

コインチェックのセキュリティは安全?

以上、この記事では、仮想通貨取引所に着目し、特にコインチェックのセキュリティ面について述べました。

仮想通貨取引をこれから始めようという方の中には、仮想通貨取引所で引き起こされた過去の事件がダークサイドのように思われて、なかなか取引に踏み切れないという方もいらっしゃることでしょう。

仮想通貨取引所はあくまで通貨を交換する場所ですので、仮想通貨自体は自分のウォレットで管理しましょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。