仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Letters 2759228 640

ビットコインアドレスの仕組みや作成方法は?

ビットコインでやり取りをする上で欠かせないのが、ビットコインアドレス。初めて見る人にはその仕組や作成方法などわからないこともたくさんあると思います。こちらの記事では初心者の方にもわかりやすくビットコインアドレスについて解説していきます。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/10/20 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ビットコインアドレスとは?

Bitcoin

ビットコインアドレスの送受金で必要不可欠なビットコインアドレス。

これはビットコインを別の取引所やウォレットに送金する際や入金する際に使われるもので、QRコードか26~35文字の英数字で表記されます。

いわば、銀行の口座番号のようなものです。

見た目はランダムな文字列に見えますが、先頭文字のみ"1"もしくは"3"となっています。

3から始まるアドレスはマルチシグアドレスといい、複数の秘密鍵を用いないとアクセスできない強固なものとなっています。

ですが1から始まるアドレスもまだまだ現役であり、セキュリティ上も全然問題ありません。

ビットコインはブロックチェーン技術で安全が確保されているためそう簡単にハッキングできない作りになっています。


個人が所有するビットコインウォレットでもビットコインアドレスを生成することができますが、今回はそのビットコインアドレスについて紹介していきます。

Bitcoin(ビットコイン)-BTCの価格チャート

ビットコインアドレスとビットコインウォレットの関係

ビットコインウォレットはその名のとおりビットコインを保持するための財布のことですが、はあります。

このウォレットに入金する際に、ウォレットが持つビットコインアドレスが必要になります。

ビットコインウォレットで作成したアドレスに取引所など外部から送金することで、ウォレットにビットコインが移動するようになっています。

万が一そのウォレットを消してしまっても、ブロックチェーン上にウォレットの残高が記録されており、ウォレット固有のマスターシードを別で記録しておくことで復元することができます。

秘密鍵と公開鍵の関係

ビットコインには秘密鍵と公開鍵という2つの鍵が用いられています。

簡単に言うと、公開鍵は誰かに見られても問題ない鍵で、秘密鍵は誰かに見られるととてもまずいものとなっています。

ビットコインで例えると、ビットコインの入金アドレスはブロックチェーン上で公開されるので公開鍵、先程説明したマスターシードと呼ばれるものが秘密鍵となります。

秘密鍵であるマスターシードがバレてしまうと、ウォレットが乗っ取られることになり、そのウォレットに保管しているビットコインすべてが盗まれてしまいます。

こうなってしまってはまず取り返すことはできません。

そのため、秘密鍵だけは絶対に厳重に保管しておくようにしましょう。

ビットコインアドレスは銀行に例えると口座番号

ビットコインアドレスは誰に見られても特に問題ないアドレスであり、銀行で例えると口座番号になります。

口座番号なら誰かに知られても大丈夫ですよね。

もし見られてまずいものですと、給料の振込みなどが大変なことになってしまいます。

ビットコインアドレスは誰に見られてもいいものではありますが、少しだけ注意しなければならないことがありますが、それはまた後で紹介させていただきます。

ビットコインアドレスの作成方法

blockchain

ビットコインアドレスの作成は複数の手段があります。
ひとつはビットコインを取り扱っている取引所で作成、もしくは自分の端末のウォレットにて作成することです。

取引所の場合は自動的に作成済み、もしくは数クリックするだけで作成できることがほとんどです。
作成方法は取引所により異なりますが、例としてcoincheckの場合だと、

ウォレットも数多くあり、全てをここで説明することは不可能ですが、こちらも数クリックで生成できることがほとんどです。

作成する際に必要なもの

ビットコインアドレスの生成には最低限ウォレットまたは入出金が可能になっている取引所のアカウントがあれば生成できますが、ウォレットの場合はマスターシードをメモに取る準備をすることを強く推奨します。

また、そのメモしたマスターシードは必ずウォレットがある端末とは別で保管するようにしてください。

保管方法は、パスワードロックをかけたファイルに保存して外部メモリーに保存しておいたり、直接メモ帳に書いて金庫にしまっておくというのも手です。


マスターシードは直接口座を操作できるものに等しい存在なので、金庫に入れるぐらい重要なものになりますので管理だけは注意しましょう。

Blockchainでの作成方法

ビットコインウォレットの作り方は数多くありますが、ここではBlockchainを使ってウォレットを作成してみましょう。
Blockchainとは、インターネット上のウォレットで、ビットコインの動き(トランザクション)も見れるサイトとなっています。

まずはBlockchainにアクセスしましょう。

※ここではブロックチェーン技術のことではなく、いちサイト名として記載

BLOCKCHAIN

アクセスしたら、[SIGN UP]をクリックします。

BLOCKCHAIN

引用元: BLOCKCHAIN

次にメールアドレスとパスワードを入力して、利用規約のところにチェックを入れて[続行]を選択してください。

BLOCKCHAIN

引用元: BLOCKCHAIN

これでBlockchain上のウォレットの作成が完了しますが、登録したメールアドレス宛に一つ確認メールが来ているので、[はい、これは私のメールです]をクリックして確認を完了してください。

Blockcainではビットコインアドレスが自動生成されるようになっており、ページ左上の[受信]をクリックすると入金用のビットコインアドレスが表示されます。

BLOCKCHAIN

引用元: BLOCKCHAIN Deposit Request

入金アドレスなので隠す必要はありませんが、こちらのアドレスに送られても私(執筆者)が喜ぶだけなので隠させていただきました。

ただ、出てきたウィンドウの左上が[Bitcoin]になっているかだけ注意してください。

Blockchainのウォレットはイーサリアムという別の通貨にも対応しているので間違えてイーサリアムのアドレスに送金してしまうとビットコインを紛失します。

イーサリアムはアドレスが必ず0xで始まるので入金の際は気を付けましょう。

ビットコインの送金までの手順

withdraw money

次はビットコインの送金についてです。

先ほどBlockchainにてウォレットを作成したので、こちらもBlockchainで行ってみることにしましょう。

やり方を間違えるとビットコインを紛失するのでよく注意して行うようにしてください。

選択したら、あて先に別のウォレット、もしくは取引所にある入金アドレスを入力します。

そして、[金額]のところにいくら送金するのかを指定しますが、円建てとBTC建てのどちらでも入力できます。

[説明]については、入力が任意なのでメモ程度に使うといいでしょう。

取引手数料は急いでなければ[Regular]のままで構いませんが、急いでるときは[Priority]にすると送金が早くなる代わりに送金手数料が高くなります。

入出金

Blockchainウォレット入出金は、左上の[送信][受信]にまとめられています。

受信の場合はアドレスさえ分かればいいので[受信]の横にビットコインアドレスをコピーするボタンがあるので、こちらをクリックするだけで構いません。

送金は取引所やその他ウォレットによって操作が異なるのでそちらは各自調べておくようにしてください。

BTCご送付

次にビットコインを送金する方法です。

ビットコインを送金するには、送金先のビットコインアドレスが必要になりますので、予め送金先のアドレスを用意しておいてください。

用意出来たら[送信]をクリックします。

BLOCKCHAIN

引用元: Blockchain withdraw request

ラベルとビットコインアドレスの入力

その後、ウィンドウが一つ出てくるので、用意した送金先アドレスを[あて先]に入力します。

この際左上の[Currency]が[Bitcoin]になっているか確認しておいてください。

Blockchainウォレットはイーサリアムという別の仮想通貨にも対応しているので間違えてイーサリアムとして送金してしまうとせっかくのビットコインを紛失します。気を付けましょう。

送付数量の入力

アドレスの入力が終わったら次は送金する金額を指定します。
BlockchainウォレットではBTC建てとJPY(日本円)建ての二種類で入力できるのでわかりやすい方をで入力するといいでしょう。

BLOCKCHAIN

引用元: Blockchain

金額まで入力出来たら[続行]を押し、確認画面に宛先と送金金額、送金手数料が表示されるので問題なければ[send]をして確定します。

これで送金の処理が完了し、後はブロックチェーン上で処理されるのを待つだけになります。

ビットコインアドレスを使う際の注意

ビットコインアドレスはだれに見られてもいいものですが、実はいくら送金したのかいくら受け取ったのかまでわかるようになっています。

ブロックチェーンのセキュリティは強固なので簡単には破られませんが、一つのアドレスで大金を送受金をしていると標的にされる可能性があります。

そういったことを防ぐには入金する毎に入金アドレスを発行することが求められます。

実際にBlockchainウォレットでも簡単に入金アドレスを何個でも作れるようになっていて、メニューの[アドレス]からワンクリックで生成できるようになっています。

New Address

引用元: Blockchain

公開鍵と秘密鍵の関係について理解を深める

ここで一度公開鍵と秘密鍵について復習しましょう。

公開鍵とは、誰に見られても問題ない鍵、ビットコインウォレットだと、これだけだとウォレットを操作できない鍵。

秘密鍵は、誰にも知られてはいけない鍵であり、ビットコインウォレットだとこれ一つでウォレットを操作できるリスクがある大事な鍵となっています。

管理は自己責任

ここまで何度か送金アドレスに巣によるビットコインの紛失リスクをいってきましたが、油断すると本当に送金ミスします。

これは仮想通貨の世界ではすべて自己責任という扱いであり、誰にも助けてもらうことはできません。

フィッシング詐欺に注意する

ビットコインの紛失が起きやすいのがフィッシング詐欺。見た目が同じようなサイトにアクセスさせてメールアドレスとパスワードを入力させて、いろんなアカウントを乗っ取ろうとしてきます。

URLも気づきにくく、bitcoinであればbltcoinのように紛らわしい名前を使ってきますので、大事なサイトはブックマークして直接移動するといいでしょう。

間違ったアドレスに送金しないように注意する

間違ったアドレスに送金しないことは当然のことですが、やりがちなのがアドレスはあっているけど別の通貨宛に送金してしまうミス。

これは気を付けないと結構やってしまうので注意が必要です。

アドレスが無効で返金されることもありますが、基本的にはなくなると思ってください。
これも自己責任なので誰かに言いつけるということもできず、愚痴ることしかできなくなるでしょう。

秘密鍵の保管方法

秘密鍵は誰にも教えてはいけないということはわかっていただけましたか?

秘密鍵を人に教えるときは相続のときくらいです。

ビットコインアドレスの所有権は秘密鍵がないと移せないので秘密鍵さえしっかり守ればアドレスを盗まれる心配はありません。

秘密鍵の保管方法は物理的に紙に書き写す方法や、デジタルデータとしてフォルダに入れパスワードをかけるなど様々な方法がありますが、圧倒的におすすめなのがハードウォレットに秘密鍵を保管するというものです。

ハードウォレットはアプリを開いても本体を接続してPINコードを入力しない限り、ハードウォレットの中身にはアクセスできないため安全性は抜群です。

なぜ受け取り用のビットコインアドレスは変わるのか?

素人からするとビットコインアドレスは意味の分からないものですが、ブロックチェーン技術の仕様上、ビットコインがどこからどこへ移動したのか全部追跡することができます。

そのため、ウォレットや取引所によっては入金が発生するたびにビットコインアドレスが変わるところもあります。

Bittrexやcoincheckなど多くの取引所ではまだ勝手に変わることはないですが、これはビットコイン保持者のプライバシーを守るために行われているものでもあります。

所有しているビットコイン数がわかってしまうから

理由としては、ビットコインの移動の流れがわかるということは、そのアドレス保持者が持っているビットコイン数がわかってしまうからです。

ビットコインの数量がわかるということは、誰がどれくらいのビットコインを運用しているかわかってしまうため、あるリスクが出てきます。

ハッカーの標的になりやすい

前の項目で取り上げたリスクとは、ハッカーに狙い撃ちされる可能性があるからです。

ハッカーの技術力が高い場合、巧妙な手口でビットコインを盗もうとしてくるので目を付けられること自体がリスクにつながります。

最近の取引所やインターネット上のはアカウントが乗っ取られないように、二段階認証を設けているところがほとんどなので、必ず設定しておくようにしましょう。

万が一メールアドレスとパスワードがばれてしまっても、二段階認証のおかげで簡単には乗っ取られないようになります。

同じウォレットに送金されるから安心

ビットコインアドレスが勝手に変わることでプライバシーの保護にはつながりますが、では変わった後前のアドレスはどうなっているのでしょうか。

正解をいうと、そのアドレスもそのまま使えます。

間違えて前のアドレスに送信しても、そのアドレスは唯一のアドレスであるため、ウォレットはちゃんとアドレスを記憶しています。

そのため、前のアドレスに送金してしまってもちゃっかり受け取れるようになっているのです。

ビットコインアドレスを作って自己管理しよう

自分のビットコインは自分で守る必要があります。大事な金融資産であるので他人任せにしてはいけません。

なので、入金する際も毎回ビットコインアドレスを作って目を付けられないようにするほか、簡単なパスワードは使用しない、パスワードを使いまわさない、二段階認証を設定することがとても重要です。

特にパスワードを使いまわさないというのは、強力なパスワードを用意する以上に重要です。

もし外部でアカウント情報が流出した場合、そのアカウントで使っているパスワードがいろんなところで使えるパスワードであれば、どれだけ長く複雑なパスワードにしていても、すでにパスワードがばれているので全く意味を成さなくなります。

なので、必ずパスワードは使いまわさないようにしましょう。これはどこか数文字変えるだけでも効果的です。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。