ビットコインやアルトコイン等の
仮想通貨(暗号通貨)に関するニュースから、最新のICO情報や、
ブロックチェーン技術を紹介するメディアです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 01 11 20.29.28

DMMビットコインの特徴・手数料・口座開設方法を紹介

DMMといえば、総合コンテンツ企業で、グループにFXや証券企業も持つ大手企業ですが、この度仮想通貨取引所を開設すると発表しました。DMMビットコインの特徴や手数料、口座開設の仕方をどこよりも早い、最新情報でお届けします。

DMMビットコインとは

DMMビットコイントップページ

1月11日正午、DMM.comグループが、仮想通貨取引所の開設を発表。

取引所の名前はDMM Bitcoin

イメージキャラクターにはタレントのローラさんを起用しています。

2018年3月31日(土)まで新規口座開設で1,000円がプレゼントされるお得なキャンペーンもスタート!

DMMといえば、総合コンテンツ企業で、グループにFXや証券企業も持つ大手企業。

どんなサービス内容になるのか?期待が高まりますね。

今日はそんな注目のDMMビットコインについて

・取り扱い仮想通貨は?
・手数料はいくら?
・取引所の特長は?
・口座開設方法

を見ていきたいと思います。

取扱仮想通貨は7種類

DMMビットコインページより取り扱い通貨一覧
DMMビットコインで取扱う仮想通貨
ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサクラシック、ビットコインキャッシュ

取り扱い通貨はビットコイン+アルトコイン6種で、スタンダードなラインナップ、という印象。

コインチェックの13種類に比べれば少ないですが、国内の取引所の中では多い方と言っても良いのではないでしょうか。

現物取引はビットコインとイーサリアムのみで、他はレバレッジ取引となります。


以下、取引内容と対応する仮想通貨をまとめました。


入出金・入出庫可能な通貨
日本円、ビットコイン、イーサリアム

現物取引
ビットコイン/日本円・・・0.001BTCから
イーサリアム/日本円・・・0.01ETHから
イーサリアム/ビットコイン・・・0.01ETHから

レバレッジ取引可能

DMMビットコインでは5倍のレバレッジで7通貨の取引ができます。

レバレッジ取引とは、取引所に置いてある金額まで取引を行う現物取引に対して、証拠金と言われるお金を担保に、より大きな金額を動かせる取引のこと。

DMMビットコインでは、以下の14通貨ペアのレバレッジ取引ができます。

DMMビットコイン通貨ペア一覧
通貨ペア 現物取引 レバレッジ取引
ビットコイン/円
イーサリアム/円
イーサリアム/ビットコイン
イーサクラシック/イーサリアム
ネム/円
ネム/ビットコイン
リップル/円
リップル/ビットコイン
ライトコイン/円
ライトコイン/ビットコイン
イーサクラシック/円
イーサクラシック/ビットコイン
ビットコインキャッシュ/円
ビットコインキャッシュ/ビットコイン

ロスカットは証拠金維持率が80%以下

DMMビットコインでのレバレッジ取引の注目ポイントは、ロスカット率が80%と、コインチェック・ビットフライヤーの50%に対して高く厳格なこと。

FXのロスカットは、通常20〜30%が設定されています。

それに対しDMMビットコインが打ち出している80%というのは、それだけ仮想通貨の高騰・暴落の激しさをシビアに見ている、ということ。

早い段階で手を打てなければ初心者ほど大損失を被りやすいからこその、リスク対策でしょう。

ロスカットとは

レバレッジをかけて購入したコインの値が下がり、その含み損が取引所に入金してある証拠金の一定の割合を超えた場合に強制決済されることをいいます。

レバレッジ取引には、証拠金以上の損失を招くリスクがあります。

ロスカットとは、ユーザーをリスクから守るため設けられている仕組みです。

例えば1BTCが100万円の時に、20万円を証拠金にすれば、DMMビットコインは5倍までレバレッジがかけられるので、100万円相当=1BTCのビットコインが購入できます。

その後、コインの価格が1BTC90万円に下がるとします。

すると10万円の含み損が出て、証拠金20万円に対して、50%の損失が出ていることになります。

証拠金維持率の説明

上の図では、あっという間に10万円消えてしまったことになります。

コインチェックやビットフライヤーは50%以下でロスカットなので、この時点で強制決済されます。

DMMビットコインはロスカットが80%のため、ビットコインが1BTC=96万円になった時点で決済されるわけです。

初心者にとってはリスクを抑えて取引できる分、安心感があります。

取引のしやすさに特化

DMMビットコインの強みは、何と言っても取引のしやすさ。

DMMはFXや証券会社をグループに持っており、FX事業は世界第2位の取引高を誇ります。

FXトレーダーの間でも、その操作性の高い取引システムが好評です。

こうしたFX事業を通じて蓄積したノウハウが、仮想通貨取引でも大いに発揮されているんです。

具体的に、DMMビットコイン取引所の魅力を見ていきましょう。

注文方法が豊富

ストリーミング注文、指値・逆指値注文はもちろんのこと、OCO、さらにレバレッジ取引だけですがIFD、IFO、一括決済、クイック決済にも対応、初心者からプロまで、注文しやすい環境が整えられています。

以下に注文方法を整理しました。

DMMビットコインの注文方法
現物取引
ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、OCO(オーシーオー)
レバレッジ取引
ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、OCO(オーシーオー)、 IFD(イフダン)、IFO(IFD+OCO)、一括決済、クイック決済

用語の解説

ストリーミング注文・・・板に並んだレートを任意のタイミングでクリックすることで注文できる
OCO・・・2種類の指値注文を同意に出すことができ、片方が約定したタイミングでもう片方が自動キャンセル
IFD・・・新規注文として出した指値で約定した後に、あらかじめ設定した指値で決済する
IFO・・・OCOとIFDのセット。新規注文として出した指値で約定した場合にOCOが出せる

高機能なチャート

チャート写真

DMM FXのトレードシステムでも評価の高いチャート

DMMビットコインのチャートは、チャートからワンタッチでコインを購入することもできます。

さらに移動平均線、一目均衡表、MACD、RSIなどのテクニカル指標も充実。

移動平均線・・・平均価格を線でつないだ折れ線グラフ
一目均衡表・・・過去一定期間の平均価格の推移を折れ線などで示した図
MACD・・・2本の移動平均線から相場の周期とタイミングを見る方法
RSI・・・コインの買われ過ぎ・売られ過ぎを読み取る方法

いずれも市場の傾向や今後の展開を読むために使われる手法で、人によってどのテクニカル指標に注目するかは異なります。

テクニカル指標は玄人好みなので、慣れるまでは難しいかもしれません。

しかし一歩踏み込んで学べば、仮想通貨の値動きを考えられるようになるので、戦略性が増して、もっと取引が面白くなりますよ。

スマホアプリでも取引しやすい

DMMスマホアプリ

DMMビットコインではアプリもリリースしており、AndroidでもiPhoneでも使用できます。

送金や入出金など基本的な機能があることはもちろん、なんといっても魅力は、Webブラウザの取引システムに引けを取らない高い機能性。

アプリの取引所は現物取引だけではなく、レバレッジ取引にも対応。

もちろん先ほど紹介した、OCO、IFD、IFOもできます。

チャート機能もPC版と変わらないほど充実しており、スマホを横にすれば画面も横長で見ることができます。

ユーザーインターフェースもすっきりとしていて、見やすさも抜群。

昼休みなど限られた時間での取引にも便利です。

アプリスクリーンショット

アプリならではの、レートアラート経済指標アラートなども搭載されています。

DMMビットコインの手数料

DMMビットコイン手数料
現物取引手数料 無料
レバレッジ取引手数料 無料
レバレッジ手数料 日歩0.04%相当の日本円をロールオーバー時に減算
入出金手数料 無料
仮想通貨の入出庫 無料

DMMビットコインは手数料がとってもおトク。

取引手数料が無料なだけではなく、なんとクイック入金手数料も出金手数料も無料なんです。

クイック入金に300〜400円手数料がかかるような取引所もある中で、これは嬉しいですよね。

レバレッジ手数料は、ポジションを日をまたいで保有していると発生する手数料のこと。

未決済の金額の0.04%が日数分発生します。

手数料について

DMMビットコインの口座開設方法

DMMビットコインで取引をはじめてみよう!という方、2018年3月31日(土)までなら新規会員登録で1,000円プレゼントのキャンペーン中です。

さっそく会員登録の方法を見てみましょう。

会員登録は以下の4つのステップの後、自宅に届く確認書類に記載の認証コードを入力して完了、となります。

Step1.仮口座登録
 ↓
Step2.個人情報入力
 ↓
Step3.本人確認書類のアップロード
 ↓
Step4.SMS認証
 ↓
Step5.ハガキが届いたら、記載の認証コードを入力


step1.仮口座登録

口座開設のためにまずは仮口座登録を行います。

トップページ右上の口座開設をクリック。

仮口座開設

メールアドレスを入力し、送信するをクリック。

メールアドレス登録

登録したメールアドレス宛にDMMビットコインより
【DMM Bitcoin】登録メールアドレスのご確認
という件名のメールが届くので、中に記載のリンクをクリックします。

その先のページで登録希望パスワードを2回入力すると、仮口座登録が完了となります。

セキュリティのため他のサービスで使っているパスワードは決して使わないようにしてくださいね。

step2.個人情報入力

ログインするとトップページ上部に
【未登録】こちらから本登録をおこなってください
というメッセージが表示されます。

これをクリックすると、個人情報登録ページにジャンプします。

メニューバー個人情報登録フォーム

各種注意事項書類を確認、同意するにチェックした上で、個人情報を入力していきます。

必要入力情報はその数32項目。

その中には、投資の目的や経験年数などの情報も含まれます。

32項目全て入力が完了しないと入力を完了できません。

また、この後に提出が求められる本人確認書類やSMS認証と同じ情報を入力するようにしてください。

step3.本人確認書類のアップロード

本人確認書類

本人確認書類は、顔写真付き確認書類1点または顔写真なし確認書類2点のいずれかで提出することとなります。

いずれも有効期限内であること、住所が確認できるページや箇所がきちんと写っていることを確認の上、アップロードしてくださいね。

また、マイナンバーカードは確認書類の対象となっていません。(2018年1月11日現在)

マイナンバー記載の裏面などもアップロードしないよう注意しましょう。


本人確認書類の一覧

A)顔写真付き確認書類
以下から1点
・免許証
・パスポート
・住民台帳基本カード
・在留カード

B)顔写真なしの確認書類
以下から2点
・保険証
・住民票の写し
・年金手帳
・印鑑登録証明書
・他、官公庁から発給された書類でDMMが認めたもの

(参考)本人確認書類と送付方法について|DMMビットコイン

step4.携帯電話番号認証

携帯電話番号認証

Step2.個人情報登録で登録した携帯電話番号宛に6桁の認証コードが送られます。

届いたコードを入力すると、携帯電話番号認証は完了。

ここまで準備をしておけば、15分程度で完了。

あとは自宅にハガキが到着するのを待ちましょう。

step5.ハガキが届いたら、記載された認証コードを入力

Step4まで完了すると、口座開設審査が行われます。

通常は2〜3営業日で終了し、1週間程度で自宅に確認書類が届きますが、口座開設者が多い場合には、書類到着まで時間がかかる可能性もあります。

焦らず待ちましょう。

ハガキが到着したら、マイページから認証コード入力ページに入り、ハガキに記載されいている確認コードを入力して完了。

いよいよ、待ちに待った取引開始です!

尚、新規口座開設で1,000円プレゼントキャンペーンは、Step1からStep5までを30日以内に行う必要がありますので、注意してくださいね。

口座開設が完了して1ヶ月以内に口座に付与されます。

(参考)DMMBitcoinリリース記念キャンペーン 新規口座開設完了で1,000円プレゼント!|DMMビットコイン

DMMビットコイン【まとめ】

以上、今日はDMMビットコインの最新情報を紹介しました。

既にFXや株取引をしている人にとっては、DMMビットコインの取引所の充実度に安心感が持てますし、仮想通貨取引をメインにしている人にとっては、これからFXや株をはじめるきっかけにもなりそうですね。

今後は他事業との連携や、新しいトークンの発行など、DMMグループとしてのシナジーを発揮した新サービスなども出てくるのでしょうか。

さらに新たな競合の参入で、他取引所もどう動くのか、これからが楽しみです。


CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

関連する記事