仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Coincheck  1

Coincheck(コインチェック)でロスカットが起きた時の対応について

コインチェックでは、証拠金維持率が50%を下回った場合、それ以上の負債が増えないようにするために、強制的に全てのポジションの決済が行われる場合があります。これは、買いポジションや売りポジションを持ったまま、相場が逆の方向に動いて含み損が拡大したときに発生します。これらの仕組みを解説していきます。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/16 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

コインチェック(Coincheck)でのロスカットって?

コイン

コインチェックでのロスカットとはコインチェックでは、証拠金維持率が50%を下回った場合、それ以上の負債が増えないようにするために、強制的に全てのポジションの決済が行われる場合があります。

これは、買いポジションや売りポジションを持ったまま、相場が逆の方向に動いて含み損が拡大したときに発生します。

ロスカットが発生した場合、強制的に損失が確定されますので、レバレッジ取引はあくまで短期トレードに使用し、かつ損切りを適切に行うことが重要ですね。

コインチェックでレバレッジ取引をする方法

コイン

コインチェックのレバレッジ取引とは

現物の取引は、例えば日本円10000円でビットコインを10000円分購入しますよね。

レバレッジ取引の場合は、10000円でそのままビットコインを購入するのではなく、一旦コインチェックに「証拠金」として預けます。

この預けた証拠金を担保として、それ以上の金額でビットコインを売買することができるのがレバレッジ取引です。

レバレッジ取引は、レバレッジ倍率の範囲内で行うことができますので、コインチェックのようにレバレッジ倍率が5倍に設定されている場合は、最大で「50000円の日本円を借りてビットコインを売買する」ことができます。

また、ビットコインを持っていない状態でも、売り注文を出すことができます。

この場合は、最大で「50000円分のビットコインを借りて売る」として扱われます。

このようにして、コインチェックから「借りた日本円」あるいは「借りたビットコイン」は、その後 必ず決済(反対売買)をして返却する必要があります。

決済するまでの間は、ずっとコインチェックから借りている状態で、1日ごとにスプレッド(利息)を支払う必要がありますので注意してください。

また、あくまで借りている状態のため、購入したビットコインを自分のウォレットなどに送金することはできません。

ロスカットってなに?

コイン

ロスカットというのは、入金したお金以上の損失を被るリスクを回避するための強制決済システムです。

ロスカットというのは書いたそのまんまの意味になるんですが、損切りというような意味です。

要は損失を限定するための注文で、FX業者各社は口座残高が一定のラインまで目減りしたら、強制的に保有している通貨を売ってしまうような仕組みを導入しています。

(売りから入っている場合は買いによってロスカットされることになります。)

証拠金とは?

コイン

「証拠金」は、いろいろな場面で使われる言葉だとは思いますが、ここでは、金融取引で使われる場合の「証拠金」に絞ってご紹介いたします。

投資の世界で使われる証拠金は、取引をするための「担保」という意味があります。

日経平均先物取引やFX取引を行う場合、顧客と証券会社などとの間で取引に関して契約が結ばれて、その契約を履行するための担保として、現金や有価証券(株券など)を決められた額だけ証拠金として納めなければなりません。

今までコインチェック(Coincheck)でロスカットが起こった事例

コイン

株式投資に比べて、暴落や急騰の原因が分かりにくいと言われている仮想通貨。

しかし、人が売ったり買ったりするものなので、暴落・急騰にはやはり何かしらの理由が隠されていることが多いんですよね。(理由が分からない場合ももちろんありますが)

2017年に大暴落したケースを振り返ると、暴落の理由が「中国」に起因するケースが非常に多くなっています。

たとえば、それまで着実に上昇していたビットコインが、2017年1月5日に30%急落した原因は、中国の通貨当局が資本規制を強めたことが原因でした。

また、2017年9月には、中国国内のICO全面禁止と中国の大手取引所の取引停止が発表され、9月14日にはビットコインの価格が35%急落しました!(9月1日の価格と比べたときの下落率です)

中国政府は国民が仮想通貨投資をおこなうことに難色を示しており、度々このような規制などで急落・暴落が発生しています。

中国の通貨当局の動きには今後も気を付けていかなければなりません。

コインチェックでロスカットが起こった時、対応はどうだったか?

普段から、仮想通貨関連のニュースをチェックすることはもちろん、ひとつのコインだけに資産を集中させすぎないこと、信用取引でのヘッジを行いながら運用する、ロスカットの金額を決めておくなど、いざ暴落したときにも慌てず行動できるように準備を整えておくことが大切です。

また、急激に相場が変化するときは「証拠金維持率」が一気に下落し、ロスカットしてしまうことがあるので、十分に注意する必要があります。

レバレッジを利かせた取引が初めての方は、証拠金維持率を「500〜1000%の範囲」にして、「安全な取引」をするとロスカットになる危険性は低くなるでしょう。

コインチェックでのロスカットのメリットとデメリットは?

コイン

メリット

最大のメリットは豊富な種類の仮想通貨を簡単に売買できることです。

もちろん証拠金取引なども提供しているので、初心者から上級者まで満足できる環境を提供してくれています。

デメリット

デメリットはビットコイン以外の通貨に関しては、若干相場が高いことです。

その日の相場や仮想通貨の種類にもよりますが、1%前後高くなっていることが多いです。

ただ、他の取引所の多くはビットコインとイーサリアムしか対応していないので、他の通貨を売買したい場合は海外取引所を利用することになります。

その手間を考えると1%は許容できる範囲ではないかと思います。

実際にコインチェックでロスカットにあった人の事例

コイン

2017年5月27日に通貨価格の暴落が起こりました。

お小遣いを現物で拠出している人たちにとってはせいぜい数万~数十万の損失→ホールドで回復で済むところですが、レバレッジを掛けていた人たちにとっては強制決済されたりで現物のようにはいかなかったようですね。

命を失った人もいたようです。

失敗談
仮想通貨の失敗談ではありませんが似たようなFXでの失敗事例をコピペ掲載しておこうと思います。

701 名前:名無しさん@お金いっぱい。2009/07/06(月)
今日から参戦することになりました皆さん宜しくです
投資経験はゼロですがFXバ-チャルデモで僅か半年で資金が80~100倍になりました
デモをやってみた感じこれは行けると思いこの流れのまま先月で会社を退職
運転資金として消費者金融に自宅を担保に1000万借りて定期預金解約して500万
退職金が400万、妻の実家の両親から100万の合計2000万で始めます
35歳第二の人生頑張るぞ

この二つのレスの間には
いくつかの報告が省略されており2000万→1000万→1200万からの突き落としだったと思います。

とりあえずバーチャルデモは信用ならないことが分かりましたね。

コインチェック(Coincheck)でレバレッジ取引をする際の注意点

コイン

レバレッジ取引の場合は、10000円でそのままビットコインを購入するのではなく、一旦コインチェックに「証拠金」として預けます。

この預けたレバレッジ取引は、レバレッジ倍率の範囲内で行うことができますので、コインチェックのようにレバレッジ倍率が5倍に設定されている場合は、最大で「50000円の日本円を借りてビットコインを売買する」ことができます。

決済するまでの間は、ずっとコインチェックから借りている状態で、1日ごとにスプレッド(利息)を支払う必要がありますので注意してください。

証拠金維持率を計算しよう

コイン

証拠金維持率 = 証拠金 + ポジションの含み益 / ((保有しているポジション相当額 + 未約定の注文金額) / 5)要は、5万円×5倍で25万円使えるうちのどれだけ使っているか、あとどれだけ使えるかを表示しています。

ポジションを取りすぎたり、損失が膨らんでくると維持率が減ってきます。

50%以下になると強制的にロスカットされる場合があるので、200%~300%くらいで高めに維持しておきましょう。

また、ポジションを抱えたまま日をまたぐとレバレッジ手数料がかかってくるので注意が必要です。

レバレッジ取引は少ない資金で大きな利益を上げることができる一方、その分損失も大きくなるのでリスクを理解した上で行ってください。

急な大暴落、フラッシュクラッシュってなに?

コイン

瞬間的な大暴落FlashCrash
このようなロスカットが続き現象は仮想通貨のようなボラリティの高い相場だけでなく、株式市場やFX市場などでも見られることがあります。

記事で記載されるようなフラッシュクラッシュは、多くの原因があり根本的な原因を特定するのは難しいと言われていますが、このような状況が置きた時のロスカット連鎖による下落幅の増加は間違い無いと言えるでしょう。

相場の上げ下げが大きいときはチャンスだけども要注意

コイン

ビットコインの価格が¥225,000から¥256,462まで上がっていました。

詳細を調べてみるとビットフライヤーでロングポジに誰かが8億入れたです。

相場の上げ下げが大きい時はチャンスだけど

今のように相場の動きが激しい時は儲けやすいなーと思っていた矢先の出来事。

金持ちにやられてしまいました。

8億だなんてびっくり。

仮想通貨の短期トレードはもう少し相場の心理など勉強しないと難しそうです。

ビットコインのこの不安定な感じはいつまで続くのでしょうか。

正直もう入れるお金もないし、しばらくは相場を眺めるだけになりそうです。

お金貯めて今度はロングホールドでもしようかな。

短期トレードは勝てる気がしないっす・・・。

改めてレバレッジ取引の注意点をおさらい

コイン

コインチェックの場合、取引所に入金した額の5倍まで取引が可能(レバレッジ倍率=5倍)になります。

予想が当たれば入金額に対して大きな利益を上げる事が可能な反面、相場が逆に振れた場合大きな損失を被る可能性があり、全力で買い(売り)のポジションを持った場合反対方向に一定以上振れると強制的に損切り(強制ロスカット)されてしまいます。

また、急激な相場変動でシステムの強制自動ロスカットが間にあわなかった場合は証拠金不足分を入金しなければなりません(FXでは追証と呼ばれる)。

決して初心者向けではなく高度な専門性と知識に基づいて行う取引手法です。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。