仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Ix9j1iwa

BTCBOX(BTCボックス)の評判や口コミ・メリット・デメリットを調査

仮想通貨取引所の一つであるBTCボックスはご存知ですか?BTCボックスはあまり知られていませんが、日本で初めてできた仮想通貨取引所です。BTCボックスはなんと一度もサーバーダウンしたことがありません。coincheckの不正流出事件があったからこそ、セキュリティの安心性を買い、BTCボックスを試してみてはいかがでしょうか。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2018/12/14 現在
Ranking 1st BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!
Ranking 2nd Fisco
JASDAQに上場しているフィスコのグループ企業。※2018年11月時点で業務改善命令を受けていない唯一の取引所です。

BTC BOX(BTCボックス)の基本情報

京橋駅前の高層ビル

BTCボックスはビットコインの取引所です。

BTCボックス株式会社(本社:東京)が2014年3月に運用を開始させました。

まだ設立が浅いように感じられますが、日本市場においては最も歴史のあるビットコイン取引所です。

僅差ではありますが、coincheckでのサービス開始は2014年9月、bitFlyerは2014年5月です。

ちなみに、日本でのビットコインのイメージに不信感を与えるきっかけとなった、マウントゴックスの破綻は、2014年2月で、その約1か月後にBTCボックスが誕生しました。

BTCボックスの運用主であるBTCボックス株式会社は、あまり有名な取引所ではありませんが、株式会社bitFlyerやGMOコイン株式会社等と同時期、金融庁に「仮想通貨交換業者」として登録されており、安全性もお墨付きです(2017年9月)

BTCボックス株式会社の基本情報
社名 BTCボックス株式会社
設立 2014年3月6日
所在地 東京都中央区日本橋茅場町二丁目8番1号 BRICK GATE 茅場町 5階
代表取締役 David Zhang(張店)
資本金 1億6516万(準備金含)
事業内容 仮想通貨交換業:BTCBOX(仮想通貨取引所)の運営
株主 David Zhang、株式会社 夢真ホールディングス マーチャント・バンカーズ株式会社
会計事務所 さくら中央税理士事務所
顧問弁護士事務所 アンダーソン・毛利・友常法律事務所

取引所選びがとても重要

崩れ落ちたジェンガとビットコイン

2018年1月26日、coincheckが取り扱っているNEM(ネム)という仮想通貨の一種が不正アクセスによって約580億円が不正送金された事件で、盛り上がりを見せていた仮想通貨に不信感を招く人が一気に増えたことでしょう。

このトラブルの大きな原因はCoincheck取引所自体にセキュリティの甘さがあったからです。

仮想通貨に問題があったという訳ではありません。

仮想通貨の価格変動はかなり大きいため、あなたが選んだ取引所一つによって、人生が大きく変わってしまうことが十分にあり得るのです。

国内には今回の騒動になったcoincheckを始め、DMM ビットコインやBTCボックス、bitFlyerなど、仮想通貨の取引ができる取引所が存在します。

実際に仮想通貨を運用するとなると、取引所に登録をしなければなりません。

BTC BOX(BTCボックス)の特徴

都会を映すビル

BTCボックスは2017年1月に国内仮想通貨の主要取扱高が2位になったことがあります。

取引高が活発でない場合、思うように取引が進まなかったり、自分の注文によって相場が変わってしまい、不利な結果で約定してしまう場合があります。

現在取り扱っている仮想通貨の種類は、ビットコイン(bitcoin)、ビットコインキャッシュ(bitcoin cash)、ライトコイン(Litecoin)、イーサリアム(Ethereum)の4種類とシンプルです。

目にもとまらなぬ速さでタイピング(秒間10文字)

また、BTCボックスには日本版と国際版があり、国際版ではオンラインゲームをする人や、ゲームの開発者用向けのGameCredits(GAME)という仮想通貨の購入が可能です。

BTCボックスで取り扱っている仮想通貨は他の取引所の取扱数と比べて4種類と、大変シンプルでわかりやすいです。

また現物手数料、売買手数料が無料であり、初心者にも始めやすいと思います。

前述でも述べたように、老舗の取引所という信頼性、またセキュリティがしっかりしているという安心感があります。

国内唯一のサーバーダウンゼロ

高騰を続ける上昇相場

BTCボックスが他の取引所よりも優れている点を挙げると、BTCボックスのみが国内で2年以上もサーバーダウンが起きていませんし、会社自身も取引における安全性に自信を持っています。

「安全性は設立以来、無事故経営、サーバーダウン0ですので、最も安全な取引所の一つであると自負しております。」
(BTCボックス株式会社HPより)

サーバーダウンが予期せぬ段階で取引中に起こってしまった場合、大事なチャンスをなくすことに繋がりかねません。

BTCボックス株式会社 – より安心、安全に仮想通貨取引を楽しむ

仮想通貨融資という独自機能がある

想通貨とリアル通貨

BTCボックスは株式で例えると、信用取引のような「仮想通貨融資」というものがあります。

ここでの担保は仮想通貨や日本円のことを意味します。

3倍までレバレッジが効くため、小さい額からリターンの大きい取引ができます。

ただそれに伴って、リスクも高くなります。

注意しておきたいのは、貸し出しは手数料が高額です。

1日あたりの手数料が0.1%かかるほか、決済の際に0.01BTCが取られてしますのであまりおすすめできません。

セキュリティが高い

jquery

今回のcoincheckの仮想通貨流出騒動は、24時間オンラインでNEMを管理していたことに問題があります。

BTCボックスではオフラインでほとんどの仮想通貨を管理しています。

オフラインと言っても、インターネットに一度も接続されていないコンピュータです。

また、日本円は顧客専用の銀行口座で保管されているほか、常時エンジニアがメンテナンスしているなど、セキュリティのレベルはかなり高いようです。

BTC BOX(BTCボックス)のメリット・デメリット

ビットコインの現物取引

BTCボックスにおけるメリットデメリットを下記に挙げてみました。

メリット

・現物取引手数料、売買手数料が無料

・セキュリティ対策が万全(コールドウォレットとホットウォレットの使い分け、2段階認証ログイン)

・法人での取引に対応している

・サポートが充実している(電話、メール、LINE、wechat等での問合せ可)


デメリット

・他の取引所に比べて仮想通貨の取扱数が少ない

・取扱銀行が銀行振込のみ(クレジットカード使用不可)

メリット

サポート

上記で取り上げていた仮想通貨のコールドウォレット(オフラインで管理しているウォレット)ホットウォレット(オンラインで管理しているウォレット)のように用途別に管理したり、またGoogleの二段階認証を採用しています。

二段階認証とは、オンラインウォレットとスマートフォン両方で本人認証を行わないとログインや資金が引き出せないことを意味します。

顧客の資産を守るため、セキュリティ対策は万全です。

セキュリティ面、手厚いサポート、取扱通過のシンプルさ故に、初心者にとって始めやすい内容ではないでしょうか。

デメリット

緊張の一瞬 [モデル:大川竜弥]

現在、BTCボックスが取り扱っているのは4種類(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアム)のみで、他の取引所に比べると少ないでしょう。

coincheckが人気になった理由の一つには仮想通貨の取扱数が13種類と国内では一番多かったからです(2017年12月時点)。

初心者にはシンプルでわかりやすいですが、中級者以上になると少々物足りないと感じてしまうかもしれません。

BTC BOX(BTCボックス)の口コミ・評判

ビットコインでハイレバに賭ける男性 [モデル:大川竜弥]

BTCボックスは売買での取引手数料がかからないため、アービトラージ(裁定取引)に利用する人もいるようです。

ただ、国内の仮想通貨取引所の一つである、bitbank(ビットバンク)では取引手数料がほぼ無料なため、そこまでBTCボックスにこだわる必要はないと思います。

しかしbitbankは2018年1月にサーバーが停止してしまい、一時取引がストップしてしまいましした。

そのため、セキュリティの面ではBTCボックスは、優れています。

また、仮想通貨融資というBTCボックス独自の機能についても良い評判を見かけます。

BtcBoxは問い合わせたら、売買履歴とその他のデータをくれた。Numbers形式ってなんやねんと思ったけど、エクセルに変換できた。

データの整合性がおかしいので、今サポートに問い合わせてるけど、サポート対応がすごく早いので本当に感謝

サーバダウンなど今まで経験していませんので安心出来ます
ビットコインに限らず、取り引き出来る仮想通貨はどれも取り引き手数料が無料なのは良いと思います。出勤時にはその時の相場に合わせた手数料が必要ですが、売買取引自体は手数料が掛からないので地味に稼ぐ事も出来て良いです。

今のところというか、私が利用し始めてからサーバがダウンしたなんて事もありませんし、通信が不安定になった事もありません。ですのでその点に関しては安心して大丈夫だと思います。セキュリティーも2段階認証があったり、SSL認証があったりとこちらも安心出来ます。

ただ、信用取引でのレバレッジが最高でも3倍しかありません。これはかなりのデメリットになると思います。大金を持っている人なら問題にならないのかも知れませんが、少額でという事になると大して利益が上がりません。なので大きく儲けたいという人には全く向いていません。

サポートの質は良い方なので、レバレッジの事も含め初心者向けの取引所なんじゃないかと個人的には思います。

BTCBOXを選んだ理由は、仮想通貨融資があったからです。自分には投資をするだけの貯金がなかったので、出来ないものだと思っていたのですが、BTCBOXの公式ホームページに仮想通貨融資というサービスがあるのを知ったので、口座を開設しました。株式投資でも信用取引というサービスがありますが、それと一緒で仮想通貨を売り建てしたり買い建てしたりでき、資金があまりない自分でも取引ができるので、ありがたく利用しています。

【まとめ】BTC BOX(BTCボックス)

仮想通貨のハードフォークを狙う

取引所におけるセキュリティの脆弱性が取り沙汰されている中、安心して取引を行える環境づくりが急務となっています。

何といっても セキュリティ対策が万全であるということは取引を行う上で必要不可欠であり、今後さらにセキュリティ面においては取引所選びにおける選択肢として最も重視されることでしょう。

今回の騒動は マウントゴックスを超える被害額だと言われています。

BTCボックスは、マウントゴックスの事件の直後に初めて設立させた取引所であり、ビットコインの信頼性を取り戻してもらうためにセキュリティにはもちろん注力しました。

今回のcoincheck騒動は前々からセキュリティの杜撰さについて問題になっていましたし、そのせいで金融庁から「仮想通貨交換業者」の認可がおりていませんでした。

取り返しのつかない状況になる前に、自分にとって信頼できる取引所を見直したいですね。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。