仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Hello   17

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の評判・メリット・デメリット

取引所は数多く存在し、複数の取引所を利用されている方もいるでしょう。今回はシンガポールで設立された取引所であるQUOINEXについて、サービス内容から口座開設方法までを画像つきで詳しく紹介していきます。登録する前にぜひ一読してください。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/16 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

QUOINEXの特徴

QUOINEXホーム

引用元: QUOINEX

※2018年9月6日に仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)は、名称を「Liquid by Quoine」(リキッドバイコイン)に変更しました。
QUOINE(コイン)株式会社による新仮想通貨取引所サービス「Liquid by Quoine」(リキッド)の提供開始

QUOINEX…「クオイネックス?」、最初見た時に変な名前の取引所だなぁと思ったら、「コインエクスチェンジ」と読むのでした(笑)。

でも、もともとは2014年にシンガポールで設立された仮想通貨取引所で、アジアでは最大級の取引所です。

そして2017年には本社を日本に移しており、日本でも積極的に事業を展開しています。

昨年11月には、QUOINEXを運営するQUOINE社が、トークンQASHを発行するICOにより3日間で124億円を調達したことが報じられて話題になりました。

ここでは、QUOINEXがどんなサービスを提供しているのか、どんな特徴があるのかをご紹介します。

quoinexの最新情報はこちら

どの様なサービスか?他社との比較

QUOINEXはシンガポール発ということもあり、日本円以外にもドル・ユーロ・豪ドルなど様々な通貨で入金できるなど、グローバルな仕様の取引所です。

また高性能の取引ツールを提供している、個人アカウントのレバレッジは25倍までなど、特に取引を活発に行いたい中級以上の投資家には嬉しい特徴を持っています。

セキュリティの向上にも注力しており、金融庁への仮想通貨交換業者登録は昨年9月に第一陣で認められています。

QUOINEXの手数料について

QUOINEXのホームページを見ると目に付くのが、各種取引手数料=0円の文字です。

QUOINEXでは、ベース通貨(日本の居住者なら円)とビットコイン間の現物/レバレッジ取引に関する売買手数料は無料となっています。

また、入金に関する手数料も無料です(送金銀行に支払う送金手数料は投資家の自己負担です)

注意が必要なのは、ベース通貨以外での取引や、ビットコイン以外の取引については0.25%の売買手数料がかかることです。

この水準は他の取引所と比べて安くはありません。

QUOINEXで取り扱うコインは?

QUOINEXのホームページには通貨ペア数53種類ということが大きくアピールされています。(2018年3月1日現在)

ただこれは、前述した日本円以外にも取引に使える法定通貨が多いという特性によるところも大きいものです。

取り扱いのある仮想通貨自体は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップルとICOでQUOINE社が発行したキャッシュ(QASH)の5種類に限られます。

実は2017年1月中に、ネム、ライトコインが追加されるはずだったのですが、ご存知のとおりコインチェックでのネムの不正流出問題の影響もあり実現していません。

QUINEXのメリットとデメリット

チャート画面

QUOINEXの特徴について簡単に説明しましたが、他の仮想通貨取引所と比べた時のQUOINEXのメリット・デメリットはどんなところでしょうか。

ここでは主なポイントについてご説明します。

QUINEXのメリット

QUOINEXの主なメリットとしてあげられるのは、①スプレッドの小ささ、②レバレッジ倍率の高さ、そして③相対的なセキュリティの高さが上がります。

グローバルな取引所であるステータスや、日本円以外に10種類の法定通貨でも取引できるといった面もありますが、ここでは上記の3点について説明し、見ていきたいと思います。

①スプレッド

スプレッドは取引所と投資家が取引する際に、提示される売値と買値の差額です。

例えばビットコイン価格が100万円と言っても、取引所から100万円で買える時に取引所に100万円では売れません。

通常、売値は買値より低く提示されています。

この差額分は要するに取引所の取り分で、実質的には手数料になります。

QUOINEXは特にアルトコインのスプレッドが低く設定されておりますが、BTCのスプレッドは小さいと言える値ではなく、ビットフライヤー、ビットバンクに次ぐ3番目に大きく、一概に小さいとは言えません。

ただ、アルトコインを利用し、短期的な売買で利益を出したい投資家に向いていると言えます。

②レバレッジ倍率

証拠金を預けることによって、手持資金以上の取引を行うことが出来る証拠金取引(FX)において、QUOINEXは個人投資家にレバレッジ25倍(証拠金の25倍の金額まで取引可能)を上限としています。

これはBITPOINTなどと並び国内取引所では最大で、ビットフライヤーの15倍、Zaifの7.77倍と比べるとその高さがわかります。

さらに法人アカウントの場合は50倍までのレバレッジ取引が可能になっています。

③セキュリティ

コインチェックの事件により注目された仮想通貨交換業者登録ですが、QUOINEXは2017年9月に第一陣として金融庁から認められています。

また、事件で注目されたコールドウォレット、マルチシグといった取引所のセキュリティを高める対応も行われています。

資本金も20億円とビットフライヤー、ビットポイントに次ぐ規模であり、セキュリティ対応などを強化する資金的な余力も相対的に大きいと言えます。

QUINEXのデメリット

一方、QUOINEXの主なデメリットとしてあげられるのは、取扱仮想通貨の少なさです。

現在の取扱通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップルとキャッシュの4種類に留まっており、ビットフライヤーの7種類、Zaifの通貨5種類・トークン9種類、ビットバンクの8種類など他の取引所と比較して少なくなっています。

また、もともと海外の取引所であることもあり、取引画面などは日本語化されているとはいえ、一部わかりにくい日本語になっている部分があることも指摘されています。

QUINEXの評判は?

五つ星

このようなメリット・デメリットのあるQUOINEXですが、ビットコインの取引高は国内でもトップクラスにあるなど、日本においてもその存在感を大きくしてきています。

ここでは、実際に利用した投資家の評判などを調べてみます。

体験談や口コミ

インターネットでQUOINEXに関するブログやツイートなどを検索してみると、手数料の安さやスプレッドの小ささといったコスト面には高い評価があるようです。

一方で、入出金に時間がかかるとか、本人確認に時間がかかったといった、事務処理の迅速性に関する不満も数多く見られます。

画面については、本格的で「プロっぽい」という評価もあれば、暗くて見にくいとか複雑で使いにくいといった評価もあるなど、評価が分かれるところです。

PCに向かう人

QUINEXの登録方法

QUOINEXのアカウント登録はオンラインで可能ですし、登録自体に手数料はかかりません。

初めての仮想通貨投資を行う取引所として、そして他の取引所を使っている投資家の2番目3番目の取引所として、アカウント登録をしてみてはどうでしょうか?

口座開設方法と流れ

最後に口座開設方法を確認しておきます。

1) QUOINEXのホームページで「口座開設はこちら」をクリックします。

公式サイト

2) 新規登録ページで居住地国(通常はJapan)を選択し「次へ」を押します。

居住地入力画面

引用元: QUOINEX

3) 次の画面で口座情報の詳細(口座種別(個人/法人)、メールアドレス、パスワード、個人情報、投資経験など)を入力し、「次へ」を押します。

登録画面(個人情報)

引用元: QUOINEX

4) 入力内容が本人確認書類と異なっていないかを確認し、規約などへの同意に関するチェックボックスをチェックして「次へ」を押します。

5) 登録したアドレスに確認メールが届くので、リンクをクリックして口座開設を確認します。

6) ログイン画面から登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

7) メニューから「ホーム」を押し、画面内の「プロフィール&口座開設状況」を押します。

ダッシュボード画面

引用元: QUOINEX

8) 「本人確認書類」欄の「ファイルを選択」をクリックし、本人確認書類の画像ファイルを選択します。

9) 「本人確認書類をアップロードする」をクリックし、本人確認書類の提出が完了します。

10) 審査が完了すれば取引ができるようになります。

本人確認書類登録画面

引用元: QUOINEX

まとめ

今回はQUOINEXのサービス内容から解説方法までを紹介致しました。

海外発の取引所を怖いと思っている方も多くいらっしゃると思いますが、QUOINEXは金融庁からの公認のもとに成り立っているので安心できますよね。

ぜひ、口座を開設してみてはいかがでしょうか。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。