仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Bitcoin 1813503 1920

GMOコインの手数料一覧!スプレッド/取引手数料/送金手数料/入出金手数料

仮想通貨取引所は数多くありますが、それぞれの特色があります。今回の記事では、「GMOコイン」で取引をする際の手数料を「Zaif」「bitFlyer」と比較して「GMOコイン」の長所をまとめています。手数料を知って、効率の良い取引をしましょう。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2018/07/19 現在
Gmo
Ranking 1st GMOコイン
スマホアプリで簡単にビットコインFX取引が可能。下落相場でも高い利益率を出せる可能性があるGMOグループの取引所。
Bitbank
Ranking 2nd bitbank
bitbank(ビットバンク)なら、アルトコインの通貨を1円未満の単位からお試しで購入することもできます。全ペア取引手数料“ゼロ”キャンペーン実施中です。
Dmm
Ranking 3rd DMM Bitcoin
仮想通貨が初めてでも分かりやすいチャートを提供している取引所。BTC・ETHの現物取引、5種類以上のアルトコインのレバレッジ取引も可能。

GMOコインを他社と比べるとどうなの?

GMOコイン

GMOコインって金融で有名なGMOの子会社ですよね?

そうだ!GMOコインはGMOの子会社で、セキュリティーも国内の取引所では高い基準を誇っている!

安心して取引ができそうですね!他には特徴あるのですか?

GMOコインは国内でも手数料が安いと評判なんだ!今回はGMOコインの手数料がどのくらい安いのか見ていこう!

GMOコインとは?

GMOコイン(ジーエムオーコイン)は、2017年5月31日に取引を開始した仮想通貨取引所です。本家を踏襲したGMOインターネットグループであり、仮想通貨が取引できるサービスです。

GMOクリック証券など金融系の経験があり、東証1部上場なので安心して取引できます。

アプリが使いやすく、口座開設のスピードが早いなどユーザーに優しい取引所の印象です。

今回は、GMOコインの手数料が高いのか安いのかを紹介します。

まだ口座開設をしていない方はこちら

GMOコインの手数料比較

手数料

GMOコインは販売所形式の取引所で、ユーザー間での取引となります。買いたい人と売りたい人が合致できないと取引が出来ない仕組みとなっています。

またGMOコインはFX取引にも対応しています。FX取引は別名レバレッジ取引言われており、少額で大きな見返りを得ることが出来ますが、その分リスクも大きい取引です。

今回は、国内大手のbitFlyerとZaifの2社と比較しながらGMOコインの手数料を見ていきます。

GMOコインの手数料を一覧で確認したい方はこちら

現物取引手数料

現物取引の手数料
取引所名 ビットコイン アルトコイン
GMOコイン 無料 無料
Zaif -0.01% 0.0% ~ 0.3%
bitFlyer 0.01% ~ 0.15% 0.20%

上の表を見ると分かる通り、GMOコインは他社と比べると無料となっています。

この記事を読んでいるあなたには、お得と感じるかもしれません。しかし、注意が必要です。

実は、取引の際にはスプレッド手数料というものが加算されます。

GMOコインのスプレッド手数料はビットコインで約2〜4%、アルトコインでは約4〜6%の手数料が発生し、高額な手数料です。bitFlyerはビットコインが3%前後、アルトコインで約5〜7%となっており、GMOコインは他と比べても変わりません。

GMOという大手の会社でセキュリティーが万全なので、高い手数料は仕方ないのかもしれません。

入出金手数料

入出金手数料
取引所名 入金手数料 出金手数料
GMOコイン 即時入金サービス:無料
銀行振込:お客様負担
銀行振込:無料
Zaif 銀行振込:お客様負担 50万円未満:350円
50万円以上:756円
bitFlyer クイック入金:324 円
銀行振込:各金融機関所定額
【三井住友銀行 から出金】
3万円未満:216 円
3万円以上:432 円
【他の銀行から出金】
3万円未満:540円
3万円以上:756円

仮想通貨取引所に銀行などから日本円を入出する際に発生する手数料が入出金手数料です。

入金手数料は、多くの取引所で無料となっていますが、別で銀行入金の際に手数料がかかります。一方で出金手数料は表でもわかると通り、Zaif・bitFlyerでも手数料が発生しています。多くの取引所で出金手数料が発生しますが、GMOコインは無料となっております。

GMOコインの入出金手数料が無料なのは他の取引所に対して大きなメリットとなります。

送金手数料

送金手数料
取引所名 ビットコイン送金手数料
GMOコイン 無料
Zaif 通常は0.0002BTC
高速入金手数料は0.02BTC
bitFlyer 0.0004BTC

送金手数料はビットコインをウォレットなどの外に送る際に発生する手数料のことです。

表を見てもわかるようにGMOコインは無料で送金が出来ます。国内の取引所では、送金手数料がかかることが多いです。

また、仮想通貨を送金する際にはトランザクション手数料という仮想通貨自体に手数料を払わないと行けないのですが、GMOコインではこちらも無料となっています。

GMOコインのメリットは?

通貨

ここからはGMOコインのメリットを紹介するぞ!

アルトコインのレバレッジ取引が国内初で取り入れた

レバレッジ取引はビットコインのみを対象にしていることが多いです。しかしGMOコインではアルトコインでもレバレッジ取引が出来ます。

対応している通貨はイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(ライトコイン)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)の5種類です。

仮想通貨専用アプリ「ビットレくん」が使いやすい

チャート

仮想通貨FX取引専用のアプリがGMOコインにはあります。その名も「ビットレ君」です。

使いやすいと評判で、仮想通貨FX取引専用のアプリは珍しいのでメリットの1つとして挙げられます。

GMOコインに関する記事はこちら

GMOコインは他の取引所と比べても手数料が安い!

通貨

GMOコインは、Zaif(ザイフ)・bitFlyer(ビットフライヤー)と比べると取引手数料が安いでしょう。

よく仮想通貨の取引をされている方なら、利益だけではなく手数料もチェックして取引所を選んでください。

3つの取引所をリサーチしたところ、GMOコインの手数料が安いという結果になりました。

GMOコインは大きな会社が運営しているので、セキュリティーも安全です。今後はアルトコインの新規上場も期待できます。

賢く取引したい方は、手数料に関しても考えてGMOコインでの取引も考えましょう!

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。