仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Bank 1238320 640

ビットコインで億万長者になった人々まとめ

ロジャー・バーやウィンクルボス兄弟などビットコイン投資で億万長者になった有名人の詳細について調べてみました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2018/11/16 現在
Ranking 1st BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!
Ranking 2nd Fisco
JASDAQに上場しているフィスコのグループ企業。※2018年11月時点で業務改善命令を受けていない唯一の取引所です。

【海外編】ビットコインで億万長者になった人々 

ビットコインは現在、バブル状態といわれておりものすごい勢いで価値が高騰しています。

バブルというのはいつかははじけてしまうものであり、これまで何度御バブルがはじけたような価格推移をしてきましたが、そのビットコインで億万長者になった人は数多くいます。

ビットコインで億万長者になった人は全員が特別優れた人だったわけではなく、どこにでもいるような一般人も数多くいます

人によっては昔になんとなくで購入したビットコインがいつの間にか数億円になって億万長者の仲間入りを果たしていたり、ビットコインには将来性があると踏んで多額の投資をした人ももちろんいます。

これまでに実際にビットコインで億万長者になった外国人と日本人を紹介していきます。

Bitcoin(ビットコイン)-BTC/JPY(円)の相場・リアルタイム価格チャート

ロジャー・バー(17億円)

ロジャー・バー

ロジャー・バーはビットコインを広めた人物の一人として知られており、ビットコイン界隈の間では「ビットコインの神」とも呼ばれるほどの存在です。

ビットコインがまだ1ドル程度だったころから多額の投資をしており推定資産は17億円を超えるといわれており、今も仮想通貨に関して積極的に投資をしていて、ビットコイン関係のエンジェル投資家として活躍しています。

また、8月に誕生したビットコインキャッシュを本物のビットコインとするためにも多額の投資を行っています。

この投資額はおそらく数億円にもなっているかもしれません。

また、ロージャー・バーはBitcoin.comというニュースサイトを運営しており、ビットコインに関する様々な情報を流しています。
その中でもビットコインキャッシュは本物のビットコインであるべきだと訴えかけています。

ウィンクルヴォス兄弟(11億円)

ウィンクル・ヴォス兄弟

ウィンクルヴォス兄弟は、ビットコインが120ドルだったころに大量購入しており、現在は総資産が億を優に超えています。

フェイスブックが誕生するきっかけになった人物でもあり、彼らがいなければフェイスブックは誕生していなかった可能性が十分にあります。

最近であれば米国証券取引委員会(SEC)ビットコイン上場投資信託の認可申請をして拒否されたことがあります。

この一件で当時は14万円台から12万円台に暴落しましたが、今は回復しきっているどころか80万円を超えているのが現状です。

ウィンクルヴォス兄弟はビットコインは金よりも価値があると考えていて、ビットコインに対して絶対的な信頼を置いています。

現在はビットコインとイーサリアムの取引所を運営していて、ビットコインの価値上昇はかなりポジティブにとらえています。

ジェームズ・ハウエルズ(7.7億円)

ジェームズ・ハウエルズ

この方は資産7億円の億万長者になるはずだった方です。

2009年に誕生したばかりのビットコイン、すなわち無価値に等しいビットコインを7500枚買っており2013年の時点で7億円相当になっていました。

ですが、このビットコインを保管しているウォレットが入ったハードディスクを引っ越し時に捨ててしまい結局7500枚のビットコインはどこかに消えてしまうことになりました。

2013年ははじめてビットコインの価値が1000ドルを突破したときですが、今では7000ドルを超えているので、単純に7倍しても約50億円相当のビットコインを捨ててしまったということになります。

悲しい話ですが、億万長者になれる人もいればその逆の人もいるということです。

良く言うのであれば、破産していないだけましとでもいえるでしょう。

ロス・ウルビリヒト(7億円)

ロス・ウルビリヒト

ロス・ウルブリヒトは、高純度麻薬、資金洗浄、犯罪的陰謀、テロリズム及びハッキングを含む7つの罪で有罪判決を受けた犯罪者です。

薬物販売サイトであるシルクロードの創始者であり、運営していたり、シルクロードの売人の殺人計画も企てていたことからからこのような判決が下っています。

彼は14万枚以上のビットコインを保持していましたが、警察によって売りに出されています。

現在の価格でいうと1000億近くもあり、これが正当な方法で集めたビットコインであれば海外セレブとしてとても有名になっていたでしょう

14万枚というと発行総数の0.5%に相当する数なので、もしこのビットコインが今取引所で使われているとしたらこの資金が少し動いただけでビットコイン市場は大きく動くことになったでしょう。

ジャレッド・ケンナ(5億円)

ジャレッド・レンナ

ジャレッド・ケンナはビットコインがまだ0.2ドルだったころに5000BTC買っていました

1ドル100円として日本円に直すと総額10万円程度の投資です。

しかし、今はビットコインの価値が7000ドルを超えており、実に35,000倍にも膨らんで見事セレブの仲間入りをしています。

今の5000BTCというと約40億円に相当するのでもし今も保有し続けているのであれば相当な資産となっているでしょう。

こう見るとたったの10万円しか投資していないと思ってしまいますが、価値があるのかわからないものに10万円も投資するのはとても勇気が要ることともいえるでしょう。

そんなビットコインにただ持っていただけで億万長者になったと考えると如何にビットコインのポテンシャルが高いかわかりますね。

【日本人編】ビットコインで億万長者になった人々 

bitcoin

海外にもビットコインで億万長者になった人がいれば、日本でもビットコインで億万長者になった人は数多くいます

今ではビットコインの取引が一番多い国は日本であり、世界から見ても日本はとてもビットコインに関心が強いものとなっています。
その分全く無名の一般人でも億万長者になっている人(億り人)は多くいるのが現状です。

当然、ただの一般人だけでなく有名人や芸能人もビットコインの世界に入ってきており、ニュースでも最近はよく見るようになってきましたね。

また、ビットコインの生みの親はサトシ・ナカモトという方であり、名前からして日本人のようにも思えます。

そこで、次はビットコインで億万長者になった日本人について紹介していきます。

サトシ・ナカモト(6000億円)

サトシ・ナカモトはビットコインの生みの親といわれている方ですが、サトシ・ナカモトという名前が本当の名前なのか、そしてそれがいったい誰なのか今まで誰も特定できていません。

誰も正体を知らないのでそもそも存在する人物なのかもわ駆らないのが現状ですね。

そんなサトシ・ナカモトですが、100万ビットコインを保有しているといわれており、現在の価格で8500億円相当になっています。

これまで私がサトシ・ナカモトだと名乗り出た人が何人かいましたが、誰一人それを証明するようなもの(ウォレット情報など)を公開したことはありませんでした。

もし本物のサトシ・ナカモトが姿を現したら世界中でニュースになることは間違いないでしょうね。

それとももしかしたら少しずつ円に換金して静かに生活しているのかもしれませんが真偽はすべて謎のままです。

投資家や一般人(1億円以上)

2017年は資産1億円を超えさせるチャンスは数多くあり、特に5月にあった仮想通貨全体の高騰が多くの億万長者を出しました。

その後すぐに暴落したので一瞬だけ億万長者になった人もいると思いますが、それを考慮しても結構な数の億万長者が生まれたのではないかと思われます。

最近億り人になったとしてTwitterで話題になったのが「ニシノカズ」さん。

この方は2017年1月にクレジットカードで買った10万円分のビットコインをたった10ヶ月で3億円にした人です。

1年足らずで資金を3000倍にしており、上手く運用することができればたった10万円でも億万長者になれるのがビットコインを含む仮想通貨です。

価値が暴騰することがあれば暴落することもありますが、それを利用できるかどうかは各々の投資判断によります。

ビットコインを所有している芸能人・有名人

ビットコインを一般人が保有しているのであれば当然芸能人や有名人も保有している人が居るわけで、成功している人もいれば失敗している人もいます。

特に芸能人はネガティブなニュースが公に出やすく、ビットコインも例外ではありません。

そのためビットコインに関する良い情報というものは世間はあまり知らず、ニュースメディアによって印象操作されているのが現状ですが、それでも現時点でビットコインを保有している(していた)芸能人・有名人はいます。

その中には仮想通貨界隈を賑やかにしてくれた人もいるので、日本の仮想通貨認知度を上げるいいきっかけにもなっていました。

そこで次は、日本でビットコインを保有している(していた)芸能人・有名人を紹介して行きます。

堀江貴文

ホリエモンこと堀江貴文は、ビットコインを含む仮想通貨にとても注目しており、メディアを通じて仮想通貨に関することを数多く発言しています。

リエモンは仮想通貨の中でもイーサリアム、リップル、モナコインに注目していて実際にそれら仮想通貨は大きく値上がりしたことがありました。

これらのことからホリエモンがひとつ発言しただけで、発言された仮想通貨が値上がりするなど、日本の仮想通貨界隈にとても大きな影響力を持っています

現在はテックビューロのCOMSAについても発言をしていたりと、今もビットコインなどの仮想通貨に関することに注目しています。

有名な話だと、ホリエモンの友人にイーサリアムを勧めて35万円分購入させ、結果的に700万円もの利益が出たことは、昔から仮想通貨に関わっている人には有名な話です。

ロンドンブーツ田村淳

ロンドンブーツの田村淳もビットコインに投資したことがありました

彼はこの投資に失敗しましたが、失敗した原因はビットコインの運用を間違えたとか、ウォレットのアクセス権限を失ったといったものではなく、昔大騒ぎになったマウントゴックスでのビットコイン消失事件に巻き込まれたことが原因です。

この事件に巻き込まれた関係でビットコインを失ってしまい、結果的にビットコイン投資が大失敗ということになりました。

どれだけ投資していたかはわかりませんが、当時はまだ今ほどの価値が付いていないので金額によっては相当な利益が出ていたかもしれませんね。

そう考えると、仮想通貨取引所にビットコインを置きっぱなしにするということは高いリスクを被る可能性もあります。

平成ノブシコブシ吉村崇

平成ノブシコブシのの吉村崇はビットコインで損失を出した芸能人のひとりです。

番組のロケがきっかけでビットコインに個人的に興味を持ち、当時5万円だったビットコインを購入した直後に4万5千円にまで下落し、結果的に10万円の損失を出したようです。

ビットコインのことを詳しく知らないまま購入し、すぐに価格が下がったことに焦りを感じ、狼狽えウリをしてしまったのでしょう。

特に投資初心者は待つということができず、よくわからないけど価値が下がったからというだけ(ほかに根拠がない状態で)で売ってしまうことが多いです。

こういうやり方だとまず利益は出ないので、すぐに撤退して正解だったかもしれません。

今ではビットコイン一つで80万円以上の価値を持っているので、我慢して保有していれば相当な利益になっていたかもしれませんね。

ガリガリガリクソン

ガリガリガリクソンはずっとリップルという仮想通貨を推し続け、リップル界隈を盛り上げた芸能人でもあります。

リップルは5月にものすごい暴騰を見せましたが、その時期に酒気帯び運転で逮捕されています。推し続けていたリップルがあまりにも高騰しすぎたあまり気分が高揚していたのかもしれません。

リップル界隈もこのニュースに衝撃が走ったようでTwitterでも一時期騒がれることになりました。

ただ、仮想通貨の認知度を上げるのにとても貢献した一人でもあるので仮想通貨界隈にとっては重要な人だったでしょう。

この直後仮想通貨全体で大暴落が発生しましたが、今も売らずに保有しているのかが気になるところですね。

5月の高騰した際の価値よりも下がっているものの、5月以前と比較するとかなり上がっているので、もし売らずに保有していたら十分な含み益が出てるかもしれませんね。

一般人でも億越え(億り人)できるのがビットコインの魅力

ビットコインはそのポテンシャルから個人でも1億円以上の資産を持つことが夢じゃないというのが魅力です。

ビットコインであれば今年1月から保有していただけでも既に8倍近くになっているので、投資金額によってはすぐに億り人の仲間入りを果たしているかもしれません。

ビットコイン以外の仮想通貨は良い情報が出るとビットコイン以上に高騰しやすいので素早くそれらの情報を掴むことができれば一気に資産を増やすことは出来るでしょう。

一般人でも億万長者が狙えるのがビットコインですが、投資である以上簡単ではないことは認識しておいてください。
「一般人でもできる投資」と「簡単な投資」はイコールで結ぶことができないことは自覚しておいてください。

頻繁に暴騰が起きるということはどこかで必ず暴落するからです。

今後のビットコインはどうなる?

今はSegwit2xの分裂騒動でビットコインの相場が大荒れになっています。

分裂騒動終了後に相場が落ち着くのでそれまでビットコインなどの仮想通貨をフィアット(日本円などの法定通貨)に戻して様子を見るか、米ドルと同等の価値を持つTether USD(USDT)に変えて保有しておくのもいいでしょう。

この分裂騒動後、大暴落が起きると思いますが、その後仮想通貨全体が安定すればいつもどおりのビットコインとして価値を上げていくか一旦どこかで落ち着いて横ばいになるでしょう。

ひとつの情報で大きく相場が変動するのが仮想通貨です。日々情報収集をして将来を予測するといいでしょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。