仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Bitcoinpaku6026 tp v

ECB(欧州中央銀行)総裁のマリオ・ドラギ氏が仮想通貨を語る

ECB(欧州中央銀行)の総裁であるマリオ・ドラギ氏は、9月に開かれた経済と通貨問題に関する欧州議会委員会で、「ECBが仮想通貨を禁止したり、規制する権限を持っていない」と発言しました。この発言は、ECBは仮想通貨に対して規制体制をひくか、全面的に禁止する予定があるか?という質問に対する発言でした。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/16 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ECB(欧州中央銀行)総裁マリオ・ドラギ氏が仮想通貨を語る

仮想通貨

ECB(欧州中央銀行)の総裁であるマリオ・ドラギ氏は、9月に開かれた経済と通貨問題に関する欧州議会委員会で、「ECBが仮想通貨を禁止したり、規制する権限を持っていない」と発言しました。

この発言は、ECBは仮想通貨に対して規制体制をひくか、全面的に禁止する予定があるか?という質問に対する発言でした。

ドラギ氏が仮想通貨に関して発言したのは、先日のエストニア政府が仮想通貨「エストコイン」導入を検討していることについての発言以来です。

その際ドラギ氏は「ユーロ圏で構成する国は独自の通貨を導入できない。ユーロ圏の通貨はユーロだ。」とクギを刺しました。

また先日の記者会見では、「仮想通貨は規制されるほどには成熟していないと」と発言しています。そしてこのように話を続けます。

「何か新しいものについて、人々は大きな期待と不安を感じてしまうものである。特にビットコインとその他の仮想通貨に関して、現時点ではこの技術は私たちの考慮に値するほど成熟していないと考えている」と発言しました。

さらに、仮想通貨の可能性については、「これまでの金融危機から得た教訓は、ビットコインのような新しいフィンテック技術革新の恩恵を大切にしながらも、潜在的な危険性に注意を払うことだ」とも述べています。

これらの発言から、ドラギ氏は仮想通貨の技術的成熟を待とうとしているようです。

その一方で、IMFの理事でもあるクリスティーヌ・ラガルド氏は「仮想通貨は大規模な混乱を引き起こす可能性があるので、深刻に受け止め考えないといけない」と述べています。

ドラギ氏は、仮想通貨はまだ実体経済に影響を及ぼすほどではない、と考えているのでしょう。

常にマーケットを先回りして改革を打ち出してきたドラギ氏の考えですから、しばらくは観察しつつも、現段階では様子見の姿勢を貫くつもりです。

仮想通貨は確かにすごい勢いで成長していますが、それでも経済に影響を与えるほどになるには、まだまだ時間がかかりそうです。

マリオ・ドラギってどういう人物?

マリオ・ドラギはイタリアの経済学者で、2011年からECB(欧州中央銀行)の総裁に就任しています。

イタリアでのあだ名は「スーパーマリオ」で、その理由は1990年代にイタリアが通貨危機を経験し、ERMから脱却した際に、それを挽回したのがドラギ氏だったのです。

ドラギはイタリア財務省時代に、肥大化した公的部門を整理し、経済の15%を民営化することに成功しました。

これは当時の欧州では最も大きな民営化プログラムでした。その際の活躍が「スーパーマリオ」の由来だそうです。

フィンテックとは?

フィンテックというのは、ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)の2つの言葉を併せた造語です。

日本語に訳すと、金融ITとか、金融テクノロジーなどと略されることもあるようです。

フィンテックとして1番有名なのがモバイル決済です。

スマホなどに小さな器具を取り付けることで、クレジット決済ができるというもので、有名なものでSquareや楽天スマートペイなどがあります。

その他にも、自動で家計簿が作れるクラウド家計簿や、おサイフケータイやネットバンクなどもフィンテックの走りのようなものです。

【まとめ】マリオ・ドラギ氏の意見

マリオ・ドラギ氏が言うように、まだまだ仮想通貨は実体経済に影響を及ぼすほどの経済効果は生まれておらず、多くの方に受容されているというわけではありません。

しかし、インターネットが普及した今では、少しのきっかけで急激に広まることも珍しくありません。

仮想通貨は投資目的のものと思われていますが、そうではありません。

悪いイメージを持つ方も多いかと思いますが、本来ブロックチェーン技術は生活を便利にするために生まれたものです。

一人一人が仮想通貨の良い部分も悪い部分もすべて理解することが、仮想通貨の今後を左右するのかもしれません。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。