仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Hand 3085141 960 720

リップル(XRP)管理におすすめウォレット・ハードウォレット10選

昨今の取引所のセキュリティにおいての信用問題からか、多くの仮想通貨ホルダーがウォレットに保管する方向へ進んでいっています。いわゆるガチホと呼ばれる長期保有者が多いと言われているリップル(XRP)もウォレット保管しておきたい通貨のひとつなのではないでしょうか。そんなリップル(XRP)に対応しているウォレットをまとめてみました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/16 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

リップル(XRP)とは?

リップル(XRP)とは?

テレビCMも頻繁に見かけるようになり、日本でも仮想通貨投資への人気に拍車がかかってきました。

そんな中、ビットコインやイーサリアムの価格はすでに非常に高額なこともあって、いわゆるアルトコインと呼ばれる仮想通貨のほうにも注目が集まっています。

アルトコインとは定義としてはビットコイン以外の全ての仮想通貨を指しますが、もちろんそれらすべてが成長するわけではなく、仮想通貨として日の目をみることになるのはごく一部です。

一方、アルトコインとして有望銘柄である仮想通貨も一定数存在しており、その代表格とも言えるのが、リップルです。

そして、リップルを管理する際にはウォレットが非常に便利だと言われています。

そこで、この記事では、アルトコインの中でも注目株として知られるリップルに着目し、リップルを安全に管理するためのウォレットについて特集します。

リップル(XRP)管理にはウォレットが必須

 

仮想通貨投資において時に問題として挙がるのがセキュリティ面の危機です。

実際、これまでにもいくつかの仮想通貨取引所で仮想通貨が消失したり盗まれたりする事件が発生しています。

そこで、仮想通貨をどう守るかが問題とされるわけですが、この点、仮想通貨を守るために個人が採れるセキュリティ策がいくつもあるわけではなく、セキュリティまわりは基本的に取引所任せという人がほとんどです。

しかし、リップルについて特筆したいのは、セキュリティ対策としても実際の通貨の利用面でも、ウォレットが特に便利だということです。

リップルにはさまざまな種類のウォレットがあり、リップルをお持ちの方にはリップルのウォレット管理をおすすめしています。

Ripple(リップル)-XRPのリアルタイム価格チャート

ウォレットには5つの種類がある

リップルの管理にはウォレットの利用がおすすめなわけですが、それではウォレットといっても一体どのようなウォレットを使えば良いと言うのでしょうか。

仮想通貨投資を最近始めたという方は特にそうなのですが、一口にウォレットを使えといわれても具体的にはどうすれば良いか分からないという人が多いです。

そこで、この記事では、リップルの管理を安全に行うにあたって、仮想通貨のウォレットとはどのようなものなのかご理解いただくため、以下に仮想通貨ウォレットを5種類説明します。

①オンラインウォレット

仮想通貨のウォレットとして一番イメージしやすいのは「オンラインウォレット」です。

このオンラインウォレットは、一般的には仮想通貨取引所のアプリ内に機能としてあらかじめ付加されており、特別にウォレットとして意識されることは少ないかもしれません。

オンラインウォレットは、オンラインでアクセスしていつでも確認・使用ができるため、アクセシブルなメリットが大きい反面、やはり、ハッキング被害に遭う可能性を払拭することができないというデメリットがあります。

仮想通貨をオンラインウォレットだけで管理している方は、この記事をご覧になったのを良い機会と捉えて、他の仮想通貨ウォレットにも目を通しておきましょう。

②ペーパーウォレット

オンラインウォレットと最も対置するシステムを持つのが「ペーパーウォレット」です。

ペーパーウォレットは、仮想通貨の管理をオフラインで行うことになるため、ハッキングなどの被害を最小限に食い止めることができます。

ペーパーウォレットは、仮想通貨を管理するためのウォレットとしては一番安全な手段だと言えるでしょう。

一方、ペーパーウォレットには秘密鍵というものがあり、この秘密鍵の管理だけは厳重に行わなければなりません。

秘密鍵が盗まれてしまうと、ペーパーウォレットに保管する仮想通貨も失われてしまうからです。

しかしながら、ペーパーウォレットの安全性の高さは非常に信頼できるため、仮想通貨をお持ちの方は1つの手段としてしっかり押さえておきましょう。

③モバイルウォレット

また、仮想通貨の管理をスマートフォンのアプリのなかで行うのが「モバイルウォレット」です。モバイルウォレットとして有名なものには、breadwalletやCopayなどが挙げられます。

モバイルウォレットは、仮想通貨取引所のアプリとほとんど同程度の機能を持つものです。

しかし、取引所のアプリにおけるウォレット機能がすべて取引所のシステムで行われているため、取引が活発な取引所が常にハッカーに目をつけられているのとは違い、モバイルウォレットは取引をするためのものではないため、安全面で優位性があります。

ただし、モバイルウォレットもオンラインウォレットと同様に、スマートフォン等インターネット回線を通してのハッキング被害に遭う可能性がないわけではありません。

④ソフトウェアウォレット

ソフトウェアのダウンロードにより仮想通貨の管理を行うのが「ソフトウェアウォレット」です。ソフトウェアウォレットは別名「クライアントウォレット」とも呼ばれます。

ソフトウェアウォレットでは、手持ちの自分のパソコンにウォレットのソフトウェアをダウンロードすることで、仮想通貨の管理を行います。

このタイプのウォレットは、ソフトウェアの仕様によって異なるものの、ブロックチェーンのダウンロードも同時に必要となるため、ソフトウェアのダウンロード時にはパソコンの空き容量が十分でなければなりません。

ただし、次に紹介するハードウェアウォレットと同様、仮想通貨の管理において、オフライン環境下の管理状態を作り出せるため、ハッキング被害に遭う可能性を減らすことができるメリットがあります。

⑤ハードウェアウォレット

機械的システムを内臓しながらも、セキュリティの高さが魅力的なのが「ハードウェアウォレット」です。

ハードウェアウォレットは、USBメモリーでパソコン等に接続することで利用できる非常に便利な仮想通貨ウォレットです。

ハードウェアウォレットは、使い方も一般的なUSBメモリーのそれとほとんど変わりなく、USBメモリーのデータを利用するときと同じ感覚で完結します。

もちろん、このタイプのウォレットを利用するのであれば、ハードウェアの管理では機械自体の破損などには細心の注意を払わなければなりません。

しかし、ハードウェアウォレットの管理はオフラインで行うことになるため、オンラインで管理するよりもセキュリティ面での保護の高さは優位にあります。

リップル(XRP)管理におすすめのウォレット・ハードウォレット10選

リップル(XRP)管理におすすめのウォレット・ハードウォレット10選
ウォレット名 長所 短所
Mr. Exchange ディセント(DCT)の取り扱いがある
ステラ(STR)の取り扱いがある
専用アプリが無い
コインチェックのウォレット ホットウォレットによる管理 登録業者でない
DMMビットコインのウォレット コールドウォレットによる管理 メンテナンスがある
GMOコインのウォレット コールドウォレットによる管理 システムが不安定
bitbankのウォレット クレジットカードでビットコインを買うことができる ネット上にあるためハッキングの可能性
Gatehub(ゲートハブ) 秘密鍵(シークレットキー)で管理できる ネット上にあるためハッキングの可能性
LedgerNanoS オフラインで管理 紛失の可能性
Toast Wallet! Apple App Storeで承認 2段階認証がない
Ripple Wallet 暗号通貨XRPやRippleアセットを送受信&管理できる 自分のPCが故障したらビットコインを
取り出せなくなる可能性がある
ripple-client-desktop 自分のパソコン上でXRPを管理できる ネット上にあるためハッキングの可能性

ここまでは、仮想通貨の管理方法として、まず、仮想通貨ウォレットがおすすめであること、次に、仮想通貨ウォレットには主にオンラインウォレット、ペーパーウォレット、モバイルウォレット、ソフトウェアウォレット、そしてハードウェアウォレットの5種類があることをお伝えしました。

ここからは、リップルの管理には実際にどのようなウォレットを使うべきなのか、仮想通貨ウォレット10種類を具体的に紹介します。

Mr. Exchange

Mr. Exchange

Mr. Exchangeは、ザイフやビットフライヤーなどと同じ仮想通貨取引所の1つであり、ウォレット機能を提供しているだけでなく、仮想通貨取引所としての機能も持ちます。

むしろ、仮想通貨取引所としてはザイフやビットフライヤーなどが比較的有名な仮想通貨を扱っているのに対して、Mr. Exchangeは、ディセント(DCT)、ステラ(STR)やドージコイン(DOGE)といったマイナーコインを扱っており、非常に特色のある取引所だと言えます。

一方で、Mr. Exchangeは、ザイフやビットフライヤーなどとは異なり、専用のスマートフォンアプリを提供しておらず、スマートフォンアプリでの管理に慣れている方には使い勝手が良くないかもしれません。

コインチェックのウォレット

コインチェック

コインチェックは、タレントの出川哲郎さんを起用したテレビCMの影響もあって、日本国内では非常に有名な仮想通貨取引所の1つとなっています。

コインチェックは仮想通貨取引所であるため、仮想通貨ウォレットを提供しています。

コインチェックのウォレット機能のメリットに挙げられるのは、常にオンライン管理下にあるホットウォレットであるため、ユーザー目線ではアクセシブルな優位性がある点です。

一方で、コインチェックは仮想通貨取引所としてはあくまで「見なし業者」(2018年2月時点)であり、登録業者ではないというデメリットが挙げられます。

仮想通貨取引所としてはやはり登録業者のほうが信頼できるため、安全性を確保したいという方はウォレットを他にもいくつか持って資産を分散的に保管するのをおすすめします。

DMM Bitcoinのウォレット

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinも、日本の仮想通貨取引所として今では非常に有名です。DMM Bitcoinも取引所であるため、仮想通貨を管理するウォレット機能を有しています。

DMM Bitcoinのウォレット機能について言及すべきは、コールドウォレットによる管理を行っている点です。

コールドウォレットの利用には、ホットウォレットに対置する概念であり、取引状態ではなく単なる保管状態にある仮想通貨の管理をオフライン状態で行うことで、ハッキングを未然に防ぐ目的があります。

ただし、仕方のないことではありますが、DMM Bitcoinではホットウォレットによる管理ではなく、コールドウォレットによる管理が行われているため、一定の期間ごとにメンテナンスが必要とされており、メンテナンス中は機能が停止してしまうかもしれないデメリットがあります。

GMOコインのウォレット

GMOコイン

GMOコインも、上に挙げたDMM Bitcoinと並んで、日本の仮想通貨取引所としては有名な取引所の1つであり、仮想通貨ウォレットのシステムを提供しています。

GMOコインの仮想通貨ウォレットについては、そのメリットはほとんどDMM Bitcoinのそれと変わりがありません。

つまり、DMM Bitcoinの場合と同様、GMOコインにおいても、取引状態にない仮想通貨の管理はコールドウォレットで行われているため、セキュリティ面で高い安全性が期待できます。

一方で、GMOコインのウォレット機能に対しては、システム面で不安定さがあるとの指摘がされることがあります。

bitbankのウォレット

bitbank

bitbankも、仮想通貨取引所であり、日本国内では有名な取引所の1つです。bitbankももちろん仮想通貨ウォレットをサービスとして提供しています。

bitbankのウォレット機能で特徴的なのは、bitbankではクレジットカードでビットコインを購入できる点です。

クレジットカードによる仮想通貨の購入は、決済が比較的スムーズであり、非常に便利な機能であるため、この点はbitbankのウォレットのメリットに挙げられるでしょう。

一方で、bitbankのウォレットはインターネット上の管理下にあるため、一定以上のハザードの場合では、ハッキングが起こる可能性を拭いきれません。

ウォレットの管理においても、やはり上に述べたように複数のウォレット作成を考えておくと良いでしょう。

Gatehub(ゲートハブ)

Gatehub

Gatehub(ゲートハブ)でも仮想通貨ウォレットのシステムが提供されています。

Gatehub(ゲートハブ)のウォレットで特徴的なのは、秘密鍵(シークレットキー)による管理ができる点です。

秘密鍵(シークレットキー)は基本的にはパスワード等と変わりませんが、パスワードよりもセキュリティ面で強固であり、安全性の高さについては一定以上のものが期待できます。

一方で、Gatehub(ゲートハブ)のウォレットも、インターネット上で管理されているため、こちらでもハッキングが起こる可能性を拭いきれません。

Gatehub(ゲートハブ)のウォレットを利用する場合も、やはり他にもウォレットを用意し、複数のウォレットでの管理を考えておくべきでしょう。

LedgerNanoS

LedgerNanoS

LedgerNanoSも仮想通貨を管理できるウォレットを提供しています。

LedgerNanoSの仮想通貨ウォレットとして強みは、仮想通貨の管理がオフラインでできるという点です。

これまでにも述べてきたように、オンラインによる仮想通貨の管理はアクセシブルで非常に利便性が高いですが、その反面、ハッキングの危険にさらされているという大きなデメリットがあります。

しかし、管理をオフラインで行うのであれば、インターネットが関係なくなってしまう以上、ハッキングによる被害を未然に防ぐことが可能です。

LedgerNanoSによるリップルなどの仮想通貨の管理はセキュリティ面の観点から非常におすすめです。

ただし、一方で、オフラインによる管理の場合、紛失してしまうと元も子もないので、紛失のリスク管理にだけは細心の注意を払っておかなければなりません。

Toast Wallet!

Toast Wallet!

Toast Wallet!もリップルなどの仮想通貨を管理できる仮想通貨ウォレットです。

Toast Wallet!についてメリットとして言えるのは、Apple App Storeで承認されているため、一定の信頼性が担保されている点です。

ご存知ない方のために確認しておくとすると、Apple App Storeにアプリが登録されるためには厳しい基準をクリアしなければならず、その基準を満たしていないがためにいまだApple App Storeでは手に入らないアプリも多くあるのです。

そのため、Apple App Storeの基準を満たしているToast Wallet!は、仮想通貨ウォレットのアプリとして、一定の信頼を寄せることができるのです。

一方、Toast Wallet!のセキュリティ面で気になることもあります。

それは、Toast Wallet!では2段階認証のシステムが具備されておらず、ハッキングの可能性があることを否定できない点です。

Ripple Wallet

Ripple Wallet

Ripple Walletはその名の通り、仮想通貨リップルの管理に特化した仮想通貨ウォレットであり、仮想通貨ユーザーの中でも特にリップルの資産が多い方には注目していただきたいウォレットです。

このRipple Walletで特徴的なのは、リップルつまり、暗号通貨XRPやRippleアセットを自由に送受信できる点です。

一方で、Ripple Walletのデメリットにも挙げられるのは、Ripple Walletはパソコンでリップルを管理をすることになるため、パソコンが故障した時には最悪の場合、仮想通貨を取り出せなくなる可能性もあるということです。

リップルの管理に際してRipple Walletをご利用になる場合は、あらかじめこれらのメリットとデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

ripple-client-desktop

ripple-client-desktop

ripple-client-desktopもまた、上に紹介したRipple Walletと同様、パソコン上でリップルの管理ができるウォレットです。

そのため、比較的高い安全性が期待されながらも、パソコンの故障時には資産が取り出せなくなるなどのデメリットが潜んでいる点は否定できません。

また、ripple-client-desktopではリップルなどの資産管理をインターネット上で行うため、ハッキングされないとは言い切れません。

ripple-client-desktopによって仮想通貨を管理する場合も、やはり他にもウォレットを用意して仮想通貨の分散管理を心がけておくべきでしょう。

リップル(XRP)管理にはハードウォレットがおすすめ

アタッシュケース

以上、この記事では、仮想通貨・リップルの管理方法として仮想通貨ウォレットがおすすめであることをお伝えしました。

仮想通貨ウォレットには、オンラインウォレット・ペーパーウォレット・モバイルウォレット・ソフトウェアウォレット・ハードウェアウォレットの5種類がありますが、これは仮想通貨ウォレットの基礎知識として覚えておきましょう。

また、リップルを管理するにあたっては、仮想通貨取引所のアプリ内でだけ管理するのではなく、比較的安全性の高いウォレットの利用をおすすめします。

そして、リップルの管理でウォレットを利用する際には、ウォレットのなかでもさらに高い安全性の期待できるハードウェアウォレットをおすすめします。

この記事をお読みの方の中で、リップルをお持ちの方は、リップルの管理方法としてハードウェアウォレットをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。