仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Ripple

リップル(XRP)をマイニング(採掘)することはできない!?その理由を紹介

時価総額で世界第3位の仮想通貨であるリップルのマイニングについてまとめています。マイニングは今年に入っても多くの企業がマイニング事業を開始するなど非常に熱のある内容です。しかし今回紹介するリップルは時価総額3位と人気の高い通貨となっていますが、マイニング出来ないようなのです。その理由を今回記事にしました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/12/07 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

Ripple(リップル)とは

チップル

リップルとは、2014年に「決済方法・期間の効率化と送金機能の充実」を目的にして開発されたプロトコルです。

従来の異なる通貨同士の送金方法だと、複数の銀行間を経由する必要があり、手数料や送金日数がかかるという問題点を抱えていました。

そこで、リップルの提供するILPで繋がることにより、送金や振り込み、支払いや決済をより簡略にしようとする意図ではじまったのです。

利用者の送金手順は変わらず、送金もスピードアップし、手数料も大幅に安くなるため、大手銀行などからの期待を集めています。

今回はリップルのマイニング関連についてまとめた記事にしました。マイニング事業をここ最近、多くの会社が取り組むようになりつつあります。

そんな中でマイニングの興味・関心のある方も増えてきていますので、時価総額3位である”Ripple(リップル)”のマイニングについて紹介していきましょう。

そもそも仮想通貨のマイニングとは

マイニング

採掘とは、通貨発行のための必要な作業を指します。

例えば、P2Pのデータ取引履歴を数値化して通貨として使用したものがビットコインです。

日々更新されている膨大な取引データを解析することで、データを解析した人に報酬代価として発行されているのです。

一方で、同じ仮想通貨であるリップルコインですが、マイニング作業がありません

既に発行総量である1000億のリップルコインは、開発元であるリップル社やその他の企業が保有している状態なのです。

これには国際間取引を容易にしたり、ガンなどの研究開発に役立てようという社会貢献の意思が含まれているからです。

リップル(XRP)をマイニングする必要がない理由

マイニングする必要がない理由

リップルの発行上限枚数は、1000憶枚で、既に存在しています

ネットワーク上でトランザクション(取引データの書き出し)が起こる都度、減少していく仕組みとなっています。

また手数料が破棄されるため、マイニング報酬が発生しない点もリップルの特徴です。マイニングの報酬は新規発行と作業した取引履歴に含まれる手数料が報酬に含まれます。

リップルでも手数料は取られますが、マイナーには手数料が支払われず、破棄されています。

すなわちリップルではマイニング報酬を得ることが出来ない仕組みとなっています。

マイニングが存在しないということは、マイナーが力を持ったり、開発が容易であるということです。

実はもう一つの理由として「一般ユーザーがマイニングに参加出来ない」という点があります。次の見出しで紹介しましょう。

リップルでマイニングが出来ない理由

マイニング

なぜリップルではマイニングが出来ないのでしょうか?

理由はリップルが採用しているマイニングルールにあります。リップルの取引の記録作業は、PoC(Proof of Consensus)という方法を使っています。

PoCでは、Validatorという承認された信用力のある人を選出し、承認作業を実行しているのです。

つまり、ビットコインやイーサリアムのように、不特定多数に自由にマイニングを行わせているのに対し、リップルでは選出したValidatorだけがマイニングを行うことができるのです。

すなわち、マイニングをリップルで行うにはValidatorになるしかないということですね。

Validatorになる方法は不明?

バリデーターになるにはどうしたらいいのでしょうか?

結論からいいますと、バリデーターになるための方法は不明です!理由として、バリデーターになる方法や確認手段はRipple社から公表されていないようです。

2018年5月時点では、バリデーターは世界中で55箇所に分散し、信用のある企業などが選ばれています。日本でSBIやセコム。海外ではハーバード大学などがバリデーターとして検証作業を行っています。

そのため、個人よりも大きな会社や組織が選ばれやすいということですね。個人ではなかなかバリデーターになるのは難しいでしょう。

リップル(XRP)ではマイニングの代わりに報酬を受け取れるものが存在する!?

仮想通貨4

リップルにおいて、ネットワーク接続に対して、微小ながらも支払いの義務が生じるため、入手方法は重要になってきます。

一般的な仮想通貨の利用方法として、仮想通貨取引所を利用して購入するという方法がありますが、それ以外だと、World Community Gridというがん研究などに貢献すると、リップルコインを報酬として貰うことができます。

IBMが提供するソフトウェアを利用しましょう。

ソフトウェアをインストールされたパソコンがアイドリング状態になることでサーバーから送られてきたデータを計算し、送信すると言う仕組みです。

この活動によって新たな研究や病気の発見などに役立てようと言うのがWCGの目的なのです。

参加できるプロジェクトは様々あり、パソコンを稼働させるだけでリップルコインが報酬として支払われることになります。

マイニングがデータ解析の報酬であるのに対し、こちらは社会貢献に対する報酬と捉えてもらえると良いでしょう。

ビットコインの採掘作業とは違い、インストール後の最初の英語の設定さえクリアしてしまえば良いだけと言う手軽さです。

解析などの作業を必要とせず、必要なのは電気代だけなので一番楽にリップルコインを手に入れる方法と言えます。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

現在、一般ユーザーの方がマイニングすることは出来ません。リップルのマイニングが必要ない仕組みとバリデーターによる承認作業が行われているためです。

そのかわりにWorld Community Grid という社会活動に貢献することでリップルコインを報酬で得ることが出来ます。こちら必要なのは電気代のみなので一番手軽にできるでしょう。

リップルのマイニングについてまとめた記事を紹介いたしました。お役に立てたら幸いです。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。