仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Coinhack thumbnail 2

【必見】イーサリアム(ETH)を購入したユーザーに独自調査!おすすめの取引所もご紹介!!

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2018/11/20 現在
Ranking 1st BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!
Ranking 2nd Fisco
JASDAQに上場しているフィスコのグループ企業。※2018年11月時点で業務改善命令を受けていない唯一の取引所です。

イーサリアムと言えば、2017年の初めから2018年にかけて86倍もの価格上昇をみせた急騰銘柄にも関わらず、巷では堅実な銘柄として語られている仮想通貨です。

時価総額も、2018年10月時点で、ビットコインに次ぐ二位となっています。

今回はそんなイーサリアムについて、基本情報から実際に保有しているユーザーの方の本音まで大公開致します!

イーサリアム(ETH)を購入する前に知っておきたい基本情報

イーサリアム(ETH)とは? イーサリアム(ETH)の特徴

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、あらかじめ定められた条件が満たされたとき、取引を自動実行する仕組みを指します。

例えば、「指定したアドレスへ0.1ETH送られてきたら、送り元のアドレスにトークンを送付する」といったプログラムをあらかじめ定義しておくと、人が関与することなく自動的にプログラムが実行されます。

決済までの取引行為が自動化されるため、スマートコントラクトは「契約の自動化」と言い換えることができます。

メリットは、支払いが行われるまでの期間を短縮できたり、料金を支払ったのにサービスが提供されないといった不正を防止したり、仲介者を介さないことによるコストを削減できたりすることです。

スマートコントラクトが初めて実装されたのは、イーサリアムという仮想通貨のブロックチェーンです。

取引内容と通貨の送金情報が紐づくため、仮想通貨の取引情報のみが記録されている通常のブロックチェーンよりも、幅広い分野に活用できます。

引用元: スマートコントラクトとは

ICOとは

ICOとは Initial Coin Offering(イニシャル コイン オファリング)の略称です。

それぞれ、Initial(最初の)Coin(通貨)Offering(売出し)を意味しており、簡単にいうと、仮想通貨を発行して資金調達をする方法のことを言います。

イーサリアム以外NEOなどの仮想通貨もICOプラットフォームとして利用されますが、イーサリアムには、ERC20という規格があり、この規格に則したICOトークンは、イーサリアムとウォレットで管理できるなどのメリットがあるため、ICOに利用されることが多くなっています。

分散型アプリケーションとは

ブロックチェーンに基づき、オープンソースのであり、仮想通貨を内包・流通する、非中央集権のアプリケーションです。

イーサリアムはもともと分散型アプリケーションのプラットフォームとして誕生しました。

イーサリアム(ETH)を保有しているユーザーにアンケートを実施!気になる購入額は?

【イーサリアムの保有率】約4割の人がイーサリアムを保有していることが発覚!

イーサリアム(ETH)の購入比率

イーサリアム(ETH)は、投資目的としては非常に人気の高い仮想通貨の一つで、主に以下の3点が注目されている主な理由です。

1.スマートコントラクトなどの技術

2.ICOへの参加

3.分散型アプリケーション(DApp)の製作にも利用されている

さらに、時価総額一位のビットコインと比べて、イーサリアムのほうが1通貨あたりの価格が安いため、購入しやすいのも人気の理由でもあります。

※本記事では、仮想通貨保有額が合計10万円以上のユーザーをコア層と定義しています。

【イーサリアムの平均保有額】コア層の購入額が抜きん出て高い!

イーサリアム(ETH)の購入額

こちらは、イーサリアム(ETH)の購入者による平均保有額なのですが、ライト層に比べてコア層の購入額が抜きん出て高いことがわかります。

イーサリアム(ETH)はメジャーな通貨であり、投資対象として比較的手堅い仮想通貨と言われることが多く、そのことからコア層のポートフォリオに多く組み込まれる傾向にあります。

イーサリアムを購入する決め手となったもの・できごと

30代男性

ビットコインの分裂問題をニュースで確認して、価格が崩壊する危険性もあるとのことだったので、分散投資に切り替えたほうがリスクヘッジには有効だと考えました。

その際、自身が仮想通貨を購入する際に使用していた取引所ではビットコイン以外の仮想通貨はイーサリアムしか取り扱っていなかったので、仕方なく感が残るものの実際にイーサリアムへの分散投資へ切り替えた次第です。

イーサリアムの売却予定時期はありますか?

20代男性

イーサリアムは多くの通貨の基軸となっており、イーサベースの通貨の割合は近年上昇しています。

今後も価格の上昇が見込まれるので、少なくとも2〜3年は保有する予定です。

30代男性

イーサリアムはICO参加に使用したり、海外の取引所に送ったり運用に使用しているので売却の予定は今の所ありません。

もし価格が急激に高騰すれば一応利確し下がるまで待つのに売却はするかもしれません。

イーサリアム(Ethereum/ETH)を購入できる国内仮想通貨取引所・販売所ランキング

イーサリアム(ETH)の国内おすすめ取引所ランキング

【第一位】BITPoint(ビットポイント)取引所

イーサリアム(ETH)が取引できる BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)は、提携の銀行口座からですと即時入金が可能となっている珍しい取引所です。

すぐ入金して、安く買いたいといった方には非常におすすめできる取引所になります。

【第二位】Zaif(ザイフ)取引所・販売所

イーサリアム(ETH)が取引・購入できるZaif(ザイフ)取引所

Zaif(ザイフ)は、イーサリアム(ETH)の購入に関して、初心者の方にも慣れた方にもおすすめできる取引所です!

こちらのZaif(ザイフ)は、取引所であり、販売所としてもサービスを展開していますので、どちらの方法でも、どんな方でも購入しやすくなっています。

さらに、仮想通貨の積立投資が可能ですので、長期的に仮想通貨の投資を考えているという方にもおすすめしています。

【第三位】bitbank(ビットバンク)取引所

イーサリアム(ETH)が取引できる bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は、残念ながら日本円でイーサリアム(ETH)を購入することはできないため、他の取引所からビットコイン(BTC)を送金する必要がありますが、BTCをETHにしたい場合は非常におすすめの取引所になります。

【第四位】bitFlyer(ビットフライヤー)販売所・(取引所)

イーサリアム(ETH)が購入できる bitFlyer(ビットフライヤー)

こちらの bitFlyer(ビットフライヤー)は、販売所での紹介となります。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、Bitcoin(BTC)の取引所を持っているので取引所でもあるのですが、イーサリアム(ETH)に関しては販売所で購入する他ありません。

販売所となると、少々値段は張りますが、簡単に購入できる点や他の通貨の取扱も比較的幅広いという点はメリットと言えるでしょう。

【第五位】DMMビットコイン 販売所

イーサリアム(ETH)が購入できる DMMビットコイン

こちらの DMMビットコインも、販売所になります。

FXトレードが幅広く、FXやるような取引に慣れた方には非常におすすめですが、現在現物では、Bitcoin(BTC)とイーサリアム(ETH)のみの取扱となります。

【第六位】GMOコイン 販売所

イーサリアム(ETH)が購入できる GMOコイン

こちらの GMOコインも、販売所になります。

Bitcoin(BTC)やイーサリアム(ETH)の他に、有名なアルトコインのビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)も取り扱っています。

こういったように、取引所にもそれぞれの利点がありますので、早めに多くの取引所の口座を開設するのがおすすめです。

イーサリアム(ETH)を購入することのできる国内取引所・販売所一覧

Ethereumを購入できる取引所
取扱通貨数 取引形式 特徴
Zaif(ザイフ) 15通貨 取引所・販売所 積立投資が可能
BITPoint(ビットポイント) 5通貨 取引所 提携の銀行口座からだと無料で即時入金可
bitbank(ビットバンク) 6通貨 取引所 BTCでの購入が可能
bitFlyer(ビットフライヤー) 7通貨 取引所・販売所 仮想通貨・ブロックチェーン関連で幅広く事業を展開
DMMビットコイン 2通貨 販売所 7通貨を取り扱っているものの、BTC・ETH以外の5通貨はFXのみ
GMOコイン 5通貨 販売所 即時入金の手数料が無料

イーサリアム(Ethereum/ETH)を購入できるおすすめ海外取引所

イーサリアム(ETH)を取引するのにおすすめな海外取引所

BINANCE(バイナンス)

イーサリアム(ETH)が取引できる海外取引所 BINANCE(バイナンス)

海外取引所でおすすめなのは、取引高の高い BINANCE(バイナンス)です。

イーサリアム(ETH)の取引高は世界でも一番だと言われており、非常に流動性が高く、買い注文も売り注文も通りやすいと言えるのではないでしょうか。

その他に、取扱通貨の種類も多く、かと言って板が薄くならず流動性が高いのが利点と言えます。

OKEx(オーケーイーエックス)

イーサリアム(ETH)が取引できる海外取引所 OKEx(オーケーイーエックス)

次にイーサリアム(ETH)の取引におすすめなのが、OKEx(オーケーイーエックス)です。

こちらは、イーサリアム(ETH)の取引高が世界で二番目に高いと言われており、こちらの流動性も非常に高いです。

あまり馴染みのない取引所名かもしれませんが、流動性も高くおすすめできる取引所です。

これらの取引所は海外取引所ということもあって、外国語での対応となります。

イーサリアム(Ethereum/ETH)を取引できるおすすめ海外取引所

Ethereumを購入できる取引所
取扱通貨数 取引形式 特徴
BINANCE(バイナンス) 100通貨以上(続々上場) 取引所 日本人の利用が比較的多く、解説しているサイトも多い。
OKEx(オーケーイーエックス) 100通貨以上(続々上場) 取引所 bitbankと提携関係にある

イーサリアム(ETH)を購入する方法【まとめ】

イーサリアム(ETH)の購入方法

ICOへの参加のため、開発のため、海外ではペアの通貨も多くあり交換可能、など利用用途が様々な仮想通貨イーサリアム。

国内でも多くの取引所が取り扱っており、なおかつ流動性も高いため、簡単に売買が可能になっています。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。