仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Bitcoinimgl3161 tp v

ネム(NEM)とリップル(XRP)の技術・価格・特徴等の違いを比較

現在注目が集まっているアルトコインのネム(NEM)とリップル(XRP)ですが、システムなどにどのような差があるのか気になる方、また、購入を考えているけれど心配がある方向けの記事となっています。ぜひ役立ててください。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ネム(NEM)とリップル(XRP)

リップル

現在、仮想通貨への関心が高まりビットコイン以外のアルトコインにも注目が集まっています。

その中でも、注目度が高いのが「ネム(NEM)」と「リップル(XRP)」です。

特に、2018年に入ってからは、様々な動きもあり、この2つの通貨の市場の拡大に期待が持てるため、多くのユーザーが注目している通貨となっています。

しかし、なかには興味はあるが、ネム(NEM)やリップル(XRP)について詳しく知らないユーザーや、これから取引を行いたいと考えているユーザーもいるでしょう。

今回は、このネム(NEM)リップル(XRP)の、特徴や取り扱っている取引所などの情報についてご紹介していきますので、ネム(NEM)やリップル(XRP)がどのような通貨なのかを確認してみて下さい。

ネム(NEM)の特徴

ネム(NEM)BTCと比べるとおよそ10分の1の時間で送金が完了するほど、送金スピードが速い通貨です。

また、「PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)」という「XEM」の流通に関する重要な人物が報酬を貰えるシステムとなっており、BTCのような「マイ二ング」の概念の代わりに「ハーベスティング」という作業があります。

この、ハーベスティングの成功率に関わるのが、コインの「保有量・取引回数・NEMネットワークへの貢献度」となっており、「PoI」はそれらの規定となるシステムでもあります。

他にも、モザイク(mosaic)と呼ばれる独自のトークンを発行する機能や、2018年にカタパルトが実装されるなどの特徴があります。

ネム(NEM)の詳細情報はこちら!

リップル(XRP)の特徴

リップル(XRP)は送金スピードの速さ、手数料の安さに定評のある仮想通貨です。

「リップルネットワーク」という「金融機関が抱えている問題を解決する送金システム」の枠組みの中で利用される通貨が「XRP」であり、多くの金融機関が参加し、有名大手企業などの出資を受けていることから、将来性の高さが伺えます。

また、その将来性の高さから現在では価格の変動が激しい通貨となっています。

これからの需要や取引量の増加に比例して、価格はどんどん変動していくので、利益を出しやすい通貨の1つと言われています。

リップル(XRP)の詳細情報はこちら!

ネム(NEM)とリップル(XRP)の基本情報

情報通な男マイケルここでは、ネム(NEM)リップル(XRP)の基本情報を紹介します。

紹介する内容としては以下の通りです。
  • 独自通貨
  • 略称
  • 現在の時価総額
  • 提唱者
  • 開発組織
  • 合意形式
  • 承認時間
  • 発行上限

また、下記の表でネム(NEM)リップル(XRP)の基本情報を見やすく、まとめていますので、そちらでも確認して頂くことが可能です。
ネムとリップルの基本情報
ネム リップル
独自通貨 XEM XRP
略称 NEM XRP
現在の時価総額 約4000億円 約3兆7000億円
提唱者 Utopianfuture Ryan Fugger
開発組織 Utopianfuture Jed McCalebなど
合意形成 Proof of Importance Proof of Consensus
承認時間 約1分 約5秒
発行上限 約90億NEM 1000億XRP

ネム(NEM)とリップル(XRP)の主な違い

わかんない

ここからは、ネム(NEM)とリップル(XRP)の違いについてご紹介します。

まず、トランザクションの処理能力では、現在のところリップル(XRP)は、1秒あたり1500の取引を処理することから、ネム(NEM)よりも優れています。

しかし、2018年の実装予定を控えている「ネム(NEM)のカタパルト」によって状況は変わります。

何と、カタパルト実装した場合のネム(NEM)のトランザクション処理能力は1秒あたり最大3000~4000の取引を処理できるとされています。

この段階になると、処理能力がクレジットカードに匹敵するレベルになるので、送金スピードはトップクラスになります。

その他の違いとして、合意の仕方、ようは取引の承認方法である「コンセンサスアルゴリズム」に違いがあります。

ネム(NEM)の場合は不特定多数のユーザーの中で権利を持っているものが取引の承認を行う「Proof of Importamce」、リップル(XRP)の場合だと代表者である「Validator」が取引の承認を行う「Poorf of Consensus」のシステムを構築しています。

このほかにも、ネム(NEM)が新規発行が無いのに対し、リップル(XRP)には新規発行がある点などが挙げられますが、根本的な違いとしては開発目的に違いがあります。

ネム(NEM)とリップル(XRP)の開発目的の違い

違いが分かるかな

先ほどの項目でお伝えしたように、ネム(NEM)リップル(XRP)では開発目的に違いがあります。

これは、この2通貨に限ったことではなく、仮想通貨にはそれぞれの開発目的が存在しています。

しかし、中には実際の取引に関係ないからと「開発目的」について、あまり関心を持たれないユーザーもいますが、その通貨がどのような場合に価格が上がるのかというベースとなる情報の1つでもありますので、知っておいて損はしません。

ネム(NEM)の開発目的

ネム(NEM)は、ブロックチェーン技術を利用して「金銭的自由・分散・平等」をモットーとし、誰にでも機会を与える新たな経済圏を作り出すことを目的とし開発されました。

ちなみにNEMという名前は、「New Economy Movement」の頭文字をそれぞれ取ったものです。

そのため、ブロックチェーン技術を用いたサービスを構築する際のプラットフォームとしての仕組みを実装しています。

ネム(NEM)は仮想通貨の中でも比較的後から出てきた通貨であり、採用している「PoI」ビットコインや、イーサリアムの「コンセンサスアルゴリズム」の問題点を解消したものとなっています。

現在では、送金スピードの速さなどから決済への活用も進んでいるため、2018年予定のカタパルトの実装が行われると、その動きはより活発なものになることが予想できます。

リップル(XRP)の開発目的

リップルは、国際送金をスムーズかつ安価で行えることを目的としているシステムであり、そのネットワークは多くの金融機関で採用または検討されています。

また、「XRP」とはそのネットワーク内の基軸となる通貨を指しています。

リップルのCEO クリス・ラーセン氏 曰く、リップルの決済システムを利用することで、仮想通貨や既存の通貨、マイルやゲームポイントなどのあらゆる「価値」のグローバルなやり取りが可能となり、国ごとに異なる決済手順をグローバルに統括することで、メールや情報のように無料で手軽に動かすことを目標としています。

ネム(NEM)とリップル(XRP)が買える国内取引所

レート

ここでは、今注目されているネム(NEM)リップル(XRP)が取引できる国内の仮想通貨取引所をご紹介します。

「アルトコインの取引は海外取引所がおススメ」といった紹介もありますが、なかには海外での取引に不安を持つユーザーもいるため、まずは国内の取引所で慣れることから始めましょう。

また、国内でも取引量が世界トップクラスの取引所もあるので、利用する取引所選びの参考にしてみて下さい。

ネム(NEM)が買える国内取引所

ネム(NEM)の取引が行える国内仮想通貨取引所は以下の3カ所です。

  • Zaif(ザイフ)
  • Coincheck(コインチェック)
  • DMM bitcoin


ネム(NEM)の取引の面から見た簡単な解説をさせてもらうと、「Zaif(ザイフ)」ネム(NEM)の積み立てや国内で唯一「指値取引」が可能であり、取引量も世界トップクラスです。

「Coincheck(コインチェック)」は、使いやすさに定評があり、初心者でも取引が行いやすい点が優れていますが、手数料の面で他の取引所より割高です。

また、1月に起きたネム(NEM)の不正流出事件により、新規口座開設が現在できません。

「DMM bitcoin」では、現在ではネム(NEM)現物取引はできず、レバレッジ取引のみの対応となります。

そのため、総合的に見た場合おススメなのは「Zaif」ですが、自らの求めている条件に合わせて取引所を選んでください。

ネム(NEM/XEM)の購入を検討されている方必見の記事

リップル(XRP)が買える国内取引所

リップル(XRP)の取引が行える国内仮想通貨取引所は以下の通りです。

  • Coincheck(コインチェック)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • DMM bitcoin
  • BITPoint(ビットポイント)
  • QUOINEX(コインエクスチェンジ)
  • BitTrade(ビットトレード)


なかでも「bitbank」は国内のリップル(XRP)取引量がトップで、手数料についても無料です。

また、おそらく国内で唯一、不正出金などの被害が0の取引所のため信頼度も高く、おススメの取引所です。

リップル(XRP)の購入を検討されている方必見の記事

ネム(NEM)とリップル(XRP)の価格推移

価格推移

ここからは、ネム(NEM)リップル(XRP)の価格推移についてご紹介します。

どのような要因で価格が上がり下がるのか、仮想通貨はその瞬間で多くの利益、不利益を生み出します。

少々大げさかもしれませんが、価格推移は言ってしまえば通貨の歴史でもあります。

価格の推移だけでなく、その時の要因についても一緒に確認してみましょう。

これまでのネム(NEM)の価格推移

ネム(NEM)は2017年後期から市場が活性化しました。

2017年初期には0,5円台の価格推移でしたが、後期になると一時価格が80~100円を超え、凄まじい高騰ぶりを示しました。

その要因となった大きな出来事の1つが、中国メッセージアプリの「WeChat」との提携の噂が流れた事でした。

蓋を開けてみると、厳密にはネム(NEM)の中国チームが新しくアプリを開発したことで「WeChat」に対応したというものでしたが、市場は一時活発になりました。

しかし2018年に入ると状況が変わります。

各国の仮想通貨に対する規制の動きによる仮想通貨全体の下落傾向や、「ネム(NEM)約5億流失事件」の際のネム(NEM)のダークウェブを経由した換金が行われていることによる売り圧から、価格は下落しています。

2018年4月28日時点の価格は約43円となっています。

これまでのリップル(XRP)の価格推移

リップル(XRP)2017年4月の、大手銀行との連携から価格が上昇しました。

0,8円から8円価格上昇をきっかけ、「ロックアップの発表」や「送金システムの銀行送金成功」などの出来事を経て、一時は最高400円もの価格を付けました。

しかし、2018年4月25日時点では価格が約90円となっています。

2018年に入っての下落の要因としては、仮想通貨全体の下落傾向や上場が噂されていたアメリカの取引所「コインべース」の上場の否定などが挙げられます。

ネム(NEM)とリップル(XRP)の展望

どうなのこれ

先ほどは、今までの価格推移についてご紹介しましたが、ここからは、ネム(NEM)リップル(XRP)の今後について考えてみましょう。

ネム(NEM)リップル(XRP)を保有している、または、取引を行うことを考えているユーザーにとって気になるのが今後の展開です。

巷では、ネガティブな予想もされていますが、「実際のところどうなのか」というのを考えてみましょう。

ネム(NEM)の将来性と価格

現在、仮想通貨全体に下落の傾向がみられていますが、市場自体は確固たるものとなりつつあります。

ネム(NEM)リップル(XRP)にも暴落はありましたが、そのどれもが「仮想通貨全体の傾向」であったり、「取引所のセキュリティの問題」であったりと各通貨自体に原因があったものは殆どありません

また、将来性についても、ネム(NEM)には「カタパルト実装」リップル(XRP)には「銀行との提携」や「XRPを用いた送金サービスの展開」などの要素があるので今後の成長に期待できます。

そのため、チャンスがあれば、まとめて購入しておきホールドしておくのも手ではないでしょうか。

ネム(NEM)は下落傾向となっていた仮想通貨市場の中でも一際価格を落としている通貨です。

その背景には、「NEM流失事件」や、その際に流失したネム(NEM)が換金され市場に流れていることなども考えられていますが、ネム(NEM)自体に大きな欠陥があったわけではありません。

そのため、現在価格も43円と戻してきてはいるのですが、現状は厳しい目で見られています。

しかし、今後注目したい大きな動きとして「カタパルトの実装」が挙げられます。

この、アップデートが実装されることで「トランザクション処理が1秒あたり4000件」と仮想通貨の中でも、トップクラスの処理スピードとなります。

そうすると、ネム(NEM)に優位性がつくため「需要の増加」に期待できるとされています。

2018年3月26日「カタパルトのβ版」がリリースされた時には一時価格が上がったことからも、ネム(NEM)に本実装される場合には価格が上がることが予想されます。

ですので、今後の上場やアップデート、需要の高まりに可能性を感じる場合には、まだ価格が安い今のうちに買っておくといいでしょう。

リップル(XRP)の将来性と価格

リップル(XRP)は、仮想通貨の中でも安定感のある通貨です。

リップル(XRP)の今後については「新たな企業・銀行との提携」「上場」によって価格を上げていくと予想されています。

リップルのCEO曰く、「今後5年間で世界半数以上の銀行にリップル社のサービスを提供するのが目標」としていることからも銀行提携の動きは活発なものになりますし、実際に「XRP」を用いたシステムが普及することで需要も増加していくため、将来性については言うまでもありません。

また、上場については「コインベース」の上場否定で下落率がおよそ30%に及んだことからも、上場した場合の上昇率も大きくなることが予想されます。

どちらに投資すべきか

どちらの通貨も、今後伸びる可能性をを持っていますが、リップル(XRP)の方が投資するのに良いという意見が多いです。

しかし、通貨の現状からみると、長期的にみた場合はリップル(XRP)、短期的ならネム(NEM)といったところでしょう。

ネム(NEM)は、通貨自体は優秀なのですが、需要の面で不安が残る状態であり、現在価格が安い状態になっています。

しかし、2018年実施予定の「カタパルト実装」によって需要増加に期待が持てます。

リップル(XRP)は、大手銀行と提携しており、既に通貨自体の価値に投資され始めているため、流動性も高くも安定した状態が続くと予想されます。

なかでも、ネム(NEM)「カタパルト実装」は今後を左右する大きなカードの1枚となりますので、その動向に注目したいところです。

【まとめ】

安心だね

現在、仮想通貨全体に下落の傾向がみられていますが、市場自体は確固たるものとなりつつあります。

ネム(NEM)リップル(XRP)にも暴落はありましたが、そのどれもが「仮想通貨全体の傾向」であったり、「取引所のセキュリティの問題」であったりと各通貨自体に原因があったものは殆どありません

また、将来性についても、ネム(NEM)には「カタパルト実装」リップル(XRP)には「銀行との提携」や「XRPを用いた送金サービスの展開」などの要素があるので今後の成長に期待できます。

そのため、チャンスがあれば、まとめて購入しておきホールドしておくのも手ではないでしょうか。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。