仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

171208bitcoinimgl0781 tp v

NEM(ネム)が1000円代の価格を付けるために必要な材料

NEMという仮想通貨を知っている方は多いと思います。なぜならコインチェックでの事件で盗まれたコインだからです。事件で注目を浴びましたが、通貨自体も非常に将来性のあるコインです。今回はネムが1000円台の価格になるための要因をまとめました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

NEM(ネム)とはどんな通貨仮想通貨?特徴を紹介

 仮想通貨?

皆さんはネム(NEM/XEM)という仮想通貨を知っていますか?XEMは、特に日本で根強いホルダーが多く、XEM支払いを受け付けている店舗も多く存在します。

そんなXEMですが、日本で特に知名度を上げたのは、幸か不幸か、coinchekの巨額盗難事件ではないでしょうか。2018年の1月に当時の価格で580億円相当のXEMが盗難被害を受け、世界中で大々的にニュースになりました。

しかしXEMはポテンシャル的には非常に高い通貨です。過去にマウントゴックスがハッキングされた際はビットコインの価格が1/4まで下落しましたが、ビットコインはそこから実に50倍まで価格を上げました。これは、盗難の被害はビットコインが悪いのではなく、取引所のセキュリティーが悪かっただけと皆が理解してきたからでした。

XEMも今回の盗難事件を乗り越え大きく飛翔するのではと期待されています。

というわけで今回はそんなXEMの特徴について詳しく説明していきます。

ネムの概要

ネム(NEM)New Economy Mobementの略称で、時価総額ランキング13位に位置する仮想通貨です。2017年は実に600倍という成長の見せたことから大きく注目された仮想通貨です。

NEMの基軸通貨はXEMで、ゼムと読みます。NEMの大きな特徴は、PoI(Proof of Importance)という承認方式を採用している点で、NEMのコミュニティーに取って重要度が高い人をその保有率や使用頻度などからスコアリングし、認証作業に参加できるようにしています。

また、スマートコントラクトを実現する「Apostille(アポスティーユ)」、簡単にトークンを発行できる「モザイク」、4000回/sのトランザクション処理を行う「カタパルト」など多くの機能を備えています。

他の通貨との比較

ここで、主要通貨とNEMを比較してみようと思いますが、時価総額1位のビットコインは現在送金速度が遅いことや手数料が高いことが批判のマトになっています。しかしNEMは通常1分も経たずに送金が確認できるため非常に高速です。

また、イーサリアムスマートコントラクトと比較してもNEMの「アポスティーユ」であれは、より簡単かつ確実に行うことが可能になっています。

NEM(ネム)の現在価格は?チャートの動きは?

価格

NEMは2018年3月18日現在1XEM=28円時価総額2,230億円で13位に位置しています。

ここでは、NEMの過去のチャート推移や直近の値動きについてまとめてみます。

これまでのチャートの動き

XEMは2017年の初め50銭辺りを推移していましたがそこから徐々に価格が上昇し、2017年の9月には30円台後半まで正に80倍の上昇を見せ、2018年1月5日には230円辺りまで上昇し、その期間だけでも450倍の価格上昇を達成しました。

直近での値動きについて

NEMは2017年の末に価格を大きく押し上げ、1XEM=230円前後まで上昇しましたが、年始を境に仮想通貨界隈の悲観的なニュースやcoincheckのハッキング事件などが伴い徐々にその価格を押し下げ、現在は28円前後とその頃と比べると正に1/8程度まで価格が推し下がっています。

NEM(ネム)の将来性は?1000円まで上がるのか?

上がる?

では、NEMは他の知名度の高い通貨の様に1,000円を超えてくるのでしょうか。価格はその総発行数との相関性が強いため一概には言えませんが、NEMの場合は、1,000円を超えるということは、時価総額が、9兆円を超えることを意味しています。

ここでは、NEMの価格が上昇する要因になるかもしれない情報をまとめて紹介します。

ネムの価格が上がる上昇要因は?予定されるイベント

NEMは現在でも、イーサリアムのスマートコントラクトよりも簡単で確実に使用できる「アポスティーユ」や簡単にトークンを発行することができる「モザイク」という機能を実装しています。

そして今後、革新的とも思える機能の実装や、イベントなどが控えています。ここではそれをいくつかご紹介します。

カタパルト実装

NEMには、カタパルトという大型アップデートが近々あると投資家の間で噂され期待されています。カタパルトが実装されると、4000回/sのトランザクション処理を実現できる様になったり、エスクローサービスの実装など多くの性能が上がります。

Mijin

mijinは、プライベートチェーン上で使用できる、「速い」「安全」「安い」システムです。企業がブロックチェーンのシステムを使用したいと思った時にパブリックチェーン上で管理を行うには、処理速度やセキュリティー、費用面で問題が発生します。

そこで、大規模ではなく、企業間や、会社内のみで使用する様な小規模のブロックチェーン環境をプライベートチェーン上で実現したのがこのmijinです。

mijinはNEMとの相関性も高いので、mijinを使用する企業が増えればNEMの価格も上昇するのではないでしょうか。

取引所の増加

現在NEM時価総額13位に位置していながら、上場している取引所が数多くあるわけではありません。そのため、今後多くの取引所がNEMを上昇させれば自然とその価格も上がってくるのではないでしょうか。

他の通貨が1,000円を超えた時の状況

ではここで、参考として他の主要アルトコインが1,000円を超えた時の要因や状況などをまとめてみます。
それぞれやはり大きく価格上昇するためにはそれ相応のニュースや材料が必須の様です。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは2015年7月当初約17円前後で始まり、2016年の3月頃に1,000円を超えました。この頃からイーサリアムがビットコインの代替えになるかも、と噂せれるようになり、業界で2番目のデジタル通貨として大きな地位を気づきました。

2018年3月現在では、6万円前後と高価格になっています。

リスク(LSK)

リスクは2016年の8月頃、30円前後で価格を推移していましたが、2017年の12月頃に1,000円を突破し、3,000円前後まで一気に価格を上昇させました。

この価格上昇の理由は「ブロック生成の報酬減」と、2018年に大きく変革をもたらすのではという期待感からの価格上昇でした。

Factom(FCT)

Factomは2015年の9月1日に公開された当時20円前後で取引がされていました。ところが2017年の3月頃から価格が急騰し、1,000円を突破、そして、2018年の初めには1万円も突破しています。

この価格上昇は、中国のコンサル会社大手「iSoftStone」と提携することが発表されたことが大きな原因です。大きな会社との提携ニュースも仮想通貨の価格を押し上げる一つの要因となります。

モネロ(XMR)

モネロは2016年の8月に700円前後で価格を推移していましたが、2017年の初めには1,000円を突破し、その後も着々と価格を上昇させ、2017年の末頃には5万円を超えるなど、1年で実に50倍以上の価格上昇率を誇っています。

モネロは匿名通貨として人気になりましたが、価格を大きく押し上げた原因は韓国の大手取引所「Bithumb」に上場されると報道されたことが引き金でした。大手の取引所に上場できるというのも価格が上がる理由の一つのようです。

Auger(REP)

Augerは、2015年末頃まで300~400円前後を推移していましたが、2016年の10月に実際にREP(Augerの通貨単位)が廃油させ飛躍的に価格を上昇させ、1,000円を超えました。

多くの詐欺ICOがある中、ちゃんと仮想通貨が配布されるという点も価格上昇の要因になりうるようです。

Zcash(ZEC)

Zcashは取引所に上場した当初53万円で取引されているなど、スタートから異常な価格で取引されていました。しかし、そこから徐々に価格が下がり、4,000円前後で暴落しました。現在は20,000円前後で取引されています。

これは、Zcashが公開前から注目を集めていて、公開直後に投機目的で購入する人が殺到したためだと思われます。Zcashは匿名通貨と呼ばれる仮想通貨の一種です。

Litecoin(LTC)

元々ビットコインが「金」ならば「銀」を目指そうと作られたのがLTCで、2015年の中頃、約300円前後で取引されていました。しかし、2017年の3月を皮切りに価格を上昇し1,000円を突破、さらに2017年の末には3万5千円を突破しています。

これは、ビットコインが送金問題が発生している際に、LTCにはすでにその解決方法の技術が実装されているおり、送金の際はLTCを使った方が良いよね。と使用者が増えたことで価格が上昇しました。

NEM(ネム)が1000円を超えるための条件は?

NEM1,000円を超えるには、時価総額9兆円を超える必要がありますが、現在時価総額1位のビットコインは14兆円程になっています。

NEMが今2,300億円程ですから、単純にここから今の40倍のお金が流入してくることが必要になってきます。そのためには、より多くの取引所への上場だけでなく、イーサリアムの様にNEMを使用した仮想通貨やプロダクトの誕生が不可欠になってきます。

また、マーケティングも非常に重要になってくるでしょうから、coincheckの巨額ハッキング事件の通貨というレッテルを乗り越え、世間に広く受け入れられた時に1,000円を超えてくるのではないでしょうか。

【まとめ】

まとめ

NEMは日本に多く支持層のいる仮想通貨で、特に日本のニュースに価格の影響を受ける様に思います。中国やアメリカ、韓国など仮想通貨先進国でも同じ様にNEMが受け入れられれば新たな参加者を増やすことができるでしょう。

coincheckがハッキングされXEMが盗難されてから、XEM悲観的なイメージが着いてしまったのは事実かもしれません。しかし、そんな時だからこそXEMを積極的に使ったり、XEMの特徴についてもう一度勉強し直してみるのも良いのではないでしょうか。

今後どの様に立ち直っていくのか、今後のNEMに期待です。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。