仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%81%b5%e3%81%83%e3%81%99%e3%81%86

FSCC(フィスココイン)の買い方・購入できる取引所まとめ

今回はフィスココインの購入方法についてまとめています。フィスココインは現在40~50円の間を推移しており、決して価値が高い通貨とは言えません。しかし、今後急上昇する可能性もあります。ぜひ、フィスココインを購入してみてはいかがでしょうか。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/22 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

FSCC(フィスココイン)とは?

コイン

FSCCフィスココインと呼ばれており、株式会社FISCOが発行している企業トークンです。

日本の上場企業として初めて自社のトークンを仮想通貨で発行した企業として話題になりました。

会社のトークンは、取引所が発行することが多く、ZaifBinanceといった大手取引所が自社のトークンを販売している実績が既に多くあります。


今回はそんなFSCCについて、購入方法から取引、今後の展望まで詳しくまとめてみます。

FSCC(フィスココイン)の特徴

特徴

多くの企業トークンがある中で、FSCCはどのような特徴があるのでしょうか。

その配布方法や使用されているブロックチェーンなどをご紹介します。

日本上場企業初の外部向けに発行されたトークン

FSCCは日本の上場企業としては初の企業トークンで、日上場企業や個人がトークンを作る例はありましたが、上場企業がトークンを発行するというのは初だったので話題になりました。

これは、 FSCCが仮想通貨領域の事業に進出する意図と、トークンエコノミー(仮想通貨経済圏)の実験としての試みです。

Counterparty(カウンターパーティー)を使用

FSCCでは、カウンターパーティーと呼ばれるビットコインのブロックチェーンをベースに作られた仮想通貨で発行されています。

一般的にビットコイン非中央集権通貨と呼ばれており、送金時などに第三者が取引を承認するマイニングという作業を行わなければなりません。しかし、FSCCトークンは、FISCO株式会社が管理する中央集権的トークンです。そのため、マイニングをすることはできず、取引所や販売所といった直接購入できる場所でお金を払うか、配布条件に当てはまる必要があります。

株主優待で配られた通貨

FSCCは最初、FISCOの株主に配布されました。そのため、FISCOトークンを入手するには、FISCOの株主になっている必要がありましたが、今購入したい人は取引所で購入する以外に方法はありません。

追加発行の予定がない

2017年の7月FSCCをこれ以上発行しないという声明をFISCO株式会社が発表しました。

現在5000万枚のFSCCが発行されていますが、これによってこれ以上のFSCCの発行はなくなりました。

そのため、35円前後で取引されていたFSCCトークンがこの発表を境に一時130円前後まで上昇しました。

国内の取引所でしか取引できない

FSCCトークンは現在、FISCO仮想通貨取引所と、Zaif仮想通貨取引所の国内にある2つの取引所のみで販売されています。

日本の取引所を使うには、日本に居住しているという証明を提出する必要があるため、外国居住者の方はFSCCトークンを購入することができません。

FSCC(フィスココイン)を取り扱っている国内の取引所

zaifFisco
FSCC(フィスココイン)を取り扱っている国内の取引所
名前 取り扱い通貨数
Zaif 約14種
フィスコ仮想通貨取引所 約6種

FSCCを取引できる仮想通貨取引所は現在FISCO取引所とZaif取引所の2つです。

これは、FISCOとZaifが業務提携を結んいるため、実現しています。

ここでは、FISCO取引所と、Zaif取引所を簡単にご紹介します。

Zaif(ザイフ)

Zaifテックビューロ株式会社が運営している仮想通貨取引所で、twitterやメディアなどでたまに見かける朝山氏が手がけている会社です。

取引所の他にmijinと呼ばれるブロックチェーンシステム持っていたり、NEM財団と深い関わりがあったり、日本で最大規模の資金調達を行なったCOMSAと呼ばれる案件を行なっていたりと活動は多岐にわたり、多くのユーザーを抱える巨大仮想通貨取引所です。

フィスコ仮想通貨取引所

FISCO取引所は、株式会社FISCOが運営している取引所で、2016年から取引所運営を始め、自社トークンの発行、ファンドの設立など仮想通貨領域の事業を本格化させています。

元々は、日本の独立系金融情報配信会社として有名で、上場企業ながら積極的に攻める姿勢は多くの人にに認められています。

Zaif(ザイフ)でのFSCC(フィスココイン)の買い方

zaif

先ほど説明した通り、ZaifでFSCCを購入することができます。

ZaifでFSCCを購入するには、直接購入ではなく、トレードという形をとりますので、流通されている価格と参考にしながら希望価格で注文する必要があります。

ここではZaif取引所でのFSCC購入方法をご説明します。

Zaifに登録する

zaif

まず、Zaifのトップページから登録を開始します。

登録には、メールアドレス・日本の電話番号・日本居住者であることを証明する書類の3点が必要になりますので、登録前に必ず用意しましょう。

また、全ての書類を提出した後、Zaifからハガキが登録した住所に届くので、そのハガキに書いてある6桁の数字を入力することで入出金・取引を含む全ての機能を使用することができるようになります。

Zaifに日本円を入金する

zaif

Zaifのアカウントから入出金を選び、日本円を選択します。

一般的に銀行振込が多くなってくるかと思いますが、銀行振込する場合はZaifの入金口座と入金方法をよく読んで入金申請しましょう。

画面右上の「取引」をクリックする

zaif

画面右上の取引をクリックします。すると、チャートと取引履歴、チャットが表示された取引画面に移動します。

左上の「BTC/JPY」をクリックして「トークン」を選択する

zaif

次に、左上のBTC/JPYをクリックして、トークンの項目をクリックします。すると、FSCCだけでなく、Zaifが発行しているZaifトークンや、話題のPEPECASHなど多くのトークンを取引できる画面に移動できます。

FSCC以外にも面白いトークンを取り扱っているので、興味のある方は別のトークンも見てみてください。

「FSCC/JPY」または「FSCC/BTC」のいづれかを選択する

zaif

FSCC「FSCC/JPY」 もしくは「FSCC/BTC」と日本円とビットコインの2通貨で取引を行うことができます。

日本円しか持っていない方はFSCC/JPYを選択し、ビットコインも持っているという方はFSCC/BTCを選択してみましょう。

価格と数量を入力する

zaif

取引したい通貨を選択したら次は、画面右にある取引画面に購入したいFSCCの価格と量を入力します。ここでは日本円でFSCCを購入することを想定して説明しています。

「買い注文」をクリックする

zaif

取引したい価格・量を入力し、注文を出すには、赤枠の「買い注文」という場所をクリックします。これで購入したい注文が板に表示されます。

その価格で取引したいという人が注文を出せば取引が完了になり、購入が終了します。

フィスコ仮想通貨取引所でのFSCC(フィスココイン)の買い方

how to

次にFISCO取引所でのFSCCトークンの購入方法をご紹介します。

FISCOはZaif取引所と提携を行なっており、取引所のシステムはZaifのものと酷似しているため、Zaif取引所を持っている方は簡単に操作できると思います。

フィスコ仮想通貨取引所に登録する

fisco

FISCOのトップページから"無料登録はこちら"をクリックし登録を始めます。日本の取引所は一貫してメールアドレス、電話番号、日本に居住しているという証明書の3つをZaif取引所と同じように用意して登録を行う必要があります。

登録後にFISCOからハガキが届き、そこに記入してある認証番号を入力することにより取引が可能になります。
登録完了まで最低1週間以上必要になってくるので、取引を早く行いたい方は早めの登録をオススメします。

フィスコ仮想通貨取引所に日本円を入金する

zaif

FISCOで日本円を入金する際は銀行振込が一般的です。上の画像がZaifのものですが、振込方法は一緒です。

FISCOの入金画面で入金口座と入金方法を確認し、銀行で送金を行うだけですので非常に簡単です。

画面右上の「取引」をクリックする

fisco

登録が完了したら、ログインし、右上の「取引」をクリックします。すると、画像のような取引画面が表示されます。

画面の味方は左が価格のチャート、左が注文画面、右下は注文の履歴、左下はユーザー同士が会話するチャットになっています。

左上の「BTC/JPY」をクリックして「トークン」を選択する

fisco

次に、左上の「BTC/JPY」をクリックしトークン項目を選択します。確認してもらえばわかりますが、FISCOでは主要仮想通貨が3通貨、トークンも3通貨取引を行うことが可能です。


FSCCトークン以外に興味を持った方はそちらの取引画面も確認してみてはいかがでしょうか。

「FSCC/JPY」または「FSCC/BTC」のいづれかを選択する

fisco

FSCCは日本円建てとビットコイン建の2つの取引方法があります。「FSCC/JPY」「FSCC/BTC」好きな方を選び取引を行なってください。

価格と数量を入力する

fisco

取引したい基準の通貨を選択したら、FSCCを購入したい価格と、量を入力します。

「買い注文」をクリックする

fisco

取引したいFSCCの価格・量を入力したら最後に「買い注文」をクリックします。これで注文が完成し、注文一覧にあなたの注文が並びます。他のユーザーがその金額で取引したいと注文を出せば取引が完了となり無事FSCCを手に入れることができます。

FSCC(フィスココイン)の今後の動きに目が離せない

まとめ

FSCCトークンは、その価格が現在乱高下を続けています。当初35円前後だったトークンの価格は2017年7月の発行上限発表から価格が130円代へと4倍近い価格の上昇がありました。このようなことは何度かあり、ニュースがあるたびに価格が高騰し、ほとぼりが冷めると40~50円代へと落ち、平均して50円前後を推移しています。

FSCCはまだ始まったばかりのトークンですが、底値をあげるにはFSCC自体のオリジナリティーやFISCO社のプロジェクトとが成長し知名度を上げて行く必要があります。

上昇を継続する可能性もあるトークンですので、その値動きには目が離せません。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。