仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Photo 1492011221367 f47e3ccd77a0

Litecoin(ライトコイン)-LTCを管理できるウォレットまとめ

ビットコイン(BTC)が金ならば、ライトコイン(LTC)は銀と言われいるようなライトコイン(LTC)。銀などの貴金属は大切に、なくさないように保管しておくものですよね。今回はそんなライトコイン(LTC)の保管方法としてウォレットを提案したく、まとめてみました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ライトコイン(LTC)とは?

ビットコインとライトコイン

ライトコインは2011年にリリースされた決済用の仮想通貨の一種です。

アルトコインの中でも最初のほうにリリースされた通貨で、ビットコインを参考にその欠点を解消するように作られています。

ビットコインと比較すると、

・承認時間の短縮:ビットコインは10分、ライトコインは2分半

・発行枚数の上限:ビットコインが約2100万枚、ライトコインが約8400万枚

・マイニングの難易度:ライトコインのほうが簡単に行える

等の大きな違いがあります。

ライトコインなどの仮想通貨を保有する際にはセキュリティ対策や利便性の向上のためにウォレット(電子財布)に保管することが大切です。

この記事では、ライトコインを管理できるウォレットについて詳しくお伝えしていきます。

Litecoin(ライトコイン)-LTCのリアルタイム価格チャート

ウォレットとは?

PCと財布

ウォレットとは仮想通貨を保管するための財布のことです。

取引所で購入した通貨をそのまま取引所で保管しておくと、取引所がハッキング被害にあったり倒産などで使えなくなった時に通貨が消滅するリスクがあります。

そのため、通貨を安全に保管するためには取引所での保管は避け、ウォレットに移す必要があります。

また、ウォレットにはオンラインで管理するものやオフラインで管理するものなど様々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあるため目的に応じて使い分けることが必要です。

では、ウォレットの種類について詳しく見ていきましょう。

ウォレットの種類

財布

ウォレットにはソフトウェアウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットがあります。

こうしたウォレットはそれぞれ利便性が高いことやセキュリティ面で優れているなど特徴が異なります。

そのため、普段使用する場合や大金を保管する場合など利用目的に応じてウォレットを使い分けることがおすすめです。

それぞれのウォレットについて以下で詳しく見ていきましょう。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットは管理用のソフトウェアをPC等にダウンロードし、ローカル環境で管理をするウォレットです。

ソフトウェアをダウンロードするだけで手軽に使うことができ、高機能で低価格のものが多い点でも魅力的です。

セキュリティ面ではインターネット上ではなく個人の保有するコンピュータ上に情報を保存するのでウェブウォレットより安全に管理することができます。

しかし、インターネットに接続したPC等で管理をする場合にはハッキングなどセキュリティ面でのリスクがあるので、長期間大金を保管するのには向きません

ウェブウォレット

ウェブウォレットはサイトに登録を行い、サイト管理者のサーバーで管理を行うウォレットです。

仮想通貨の取引所に預けている場合はこのウェブウォレットを使用しています。

サイトに登録をするだけで簡単に利用を開始することができます。

サイトにアクセスをすれば利用ができるので他の端末などでも利用でき、利便性が高いのが魅力です。

ただしセキュリティ対策をサイト運営者に一任することになるので、サイトがハッキングなどの被害に遭えば資産が失われるリスクもあります。

そのため、選ぶ際にはセキュリティ対策がしっかりなされているかを確認し、大金は置かないことが重要です。

モバイルウォレット

モバイルウォレットはスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で使用できるウォレットです。

アプリとして提供されており、持ち運びがしやすく実際の店舗で支払いなどもしやすいところが魅力です。

セキュリティ面では端末がインターネットにつながった状態であればハッキングなどの被害に遭うリスクがあります。

また、端末を盗まれたり紛失した際などに第三者が使用してしまう可能性もあります。

こういったことを防ぐためにスマートフォンやタブレットなどの端末自体のセキュリティ対策を行い、大金を管理することは控えましょう

端末が故障をした際には秘密鍵やアプリの復元コードなどが無いとウォレット内に保管した資産を失うこともあります。

秘密鍵やアプリの復元コードなどのバックアップは必ず行いましょう。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは秘密鍵と仮想通貨のアドレスを紙に印刷して保管するウォレットです。

完全にネットにつながっていない状況で保管ができるので安全性は非常に高いです。

ただし、紙を紛失したり劣化などによって読み取れなくなるリスクもあるので紙の保存には注意が必要になります。

安全性が非常に高いので長期間の大金の管理にも向いています

ペーパーウォレットから一度引き出すとセキュリティの観点から同じペーパーウォレットは使えないので、頻繁に利用したい場合には向かないウォレットであるといえます。

ハードウォレット

ハードウェアウォレットは専用の端末に通貨を保管するウォレットです。

インターネットにつながっていないオフラインの状態での保管ができるのでペーパーウォレットと並んで非常に安全に通貨の保管を行うことができます

ハードウェアウォレットでは仮想通貨を送受信する際に必要な情報を暗号化して保存しており、これによってさらに安全性を高めています

万が一故障や紛失をした場合でも最初に設定したリカバリーフレーズを入力することでデータの復元が可能です。

逆にリカバリーフレーズを忘れてしまえば保存された通貨は使えなくなってしまうので注意が必要です。

購入する際にはよく商品について調査したうえで、正規店から購入することがセキュリティの面でも望ましいとされています。

ライトコイン(LTC)を管理できるウォレット一覧

ウォレット
【名称】 【URL】 【対応言語】 【対応通貨の略称】 【速度】 【セキュリティ】
Litecoin ウォレット https://litecoin.com/ja/ 13言語 LTC
Litecoin Electrum https://electrum-ltc.org/ 日本語、英語 LTC
TREZOR https://zaif.jp/trezor 日本語、英語 ETH、BTC、BCH、BTG、LTC、ZEC、DASH、ETC
※その他一部トークンなど
liteaddress.org https://liteaddress.org/?culture=jp 日本語、英語 LTC
LoafWallet https://itunes.apple.com/us/app/loafwallet-litecoin-wallet/id1119332592?mt=8 英語 LTC
Jaxx https://jaxx.io/ 英語 ETH、BTC、LTC、DASH、ETCなど
Coinbase https://www.coinbase.com/ 英語 BTC、ETH、LTC
Ledger Nano S https://www.ledgerwallet.com/products/ledger-nano-s 日本語、英語 ETH、BTC、LTC、DASH、ZEC、REP
Keepkey 英語 ETH、BTC、LTC、DOGE、NMC
EXODUS https://www.exodus.io/ 英語 ETH、BTC、LTC、DASH、REP、GNT、DOGE

ライトコインはLitecoin ウォレット、Litecoin Electrum、TREZOR、liteaddress.org、LoafWallet、Jaxx、Coinbase、Ledger Nano S、Keepkey、EXODUSなどのウォレットで管理することができます。

それぞれのウォレットの特徴を見ていきましょう。

Litecoin ウォレット

Litecoinウォレット

引用元: Litecoinウォレット

Litecoinウォレットはソフトウェアウォレットです。

公式サイトからソフトウェアをダウンロードすることで、PC等の端末でライトコインの保管ができます。

アプリの配信も行っており、スマートフォンでの管理も可能となっています。


PCでのダウンロードの方法は以下の通りです。

①まずhttps://litecoin.com/ja/#page-top(公式サイト)を開きウォレットの項目で使用しているOSを選択し、ダウンロードを行います。

②ダウンロードしたファイルを開きインストーラーを立ち上げます。

③指示を読み保存先等を選択しウォレットをインストールします。

スマートフォンで使用する場合はストアからアプリのダウンロードを行いましょう。

Litecoin Electrum

Electrum Litecoin Wallet

引用元: Litecoin Electrum

Litecoin Electrumはソフトウェアウォレットです。

公式サイトからソフトウェアをダウンロードすることで通貨をPC等の端末上で保管することができます。

現在はWindows、Linux、iOSに対応しています。

ブロックチェーンをサーバーから参照するのでソフトウェアウォレットとしては動作が軽いことが特徴です。


PCでのダウンロード方法は以下の通りです。

①https://electrum-ltc.org/(公式サイト)から使っているOSに合ったソフトウェアのダウンロードを行います。

②ダウンロードしたファイルを開き、インストーラーを実行します。

③説明を読みインストール、初期設定を行います。
 ※途中で表示されるシード必ず紙などの安全な場所にメモし保存をするようにして下さい。

TREZOR

TREZOR

引用元: TREZOR

TREZORはハードウェアウォレットです。

ライトコインのほかにBTC、BCH、BTG、DASH、Zcash、ETH、ETCなど様々な通貨に対応しています。

ハードウェアウォレットなのでより安全に通貨を保管することができます。

購入する際の注意点として、オークションサイトなど悪意を持った者が出品できるサイトでの購入は絶対に控え、公式サイトなどの信頼できる場所から購入するようにしましょう。


購入したらセットアップを行います。

①USBでPCに接続します。

②https://wallet.trezor.io/#/へアクセスをし、指示に従いソフトウェアのインストールを行います。

liteaddress.org

liteaddress.org

引用元: liteaddress.org

liteaddress.orgはペーパーウォレットです。

紙に印刷をして秘密鍵の管理ができるので、安全に通貨の保管を行うことができます。

印刷をする紙は劣化の少ないものを選び、紛失しないように管理をする必要があります。


liteaddress.orgでのペーパーウォレットの作成方法は以下の通りです。

①https://liteaddress.org/にアクセスし、ページ上部で言語を選択します。

②表示されている数値が0になるまでマウスを動かすかテクストボックスに文字を入力します。

③0になると画面が切り替わるので、「ペーパーウォレット」を選択し印刷します。

ライトコインを入れる際は別のウォレットからペーパーウォレットの左側のライトコインアドレス(公開鍵)宛にコインを送信します。

LoafWallet

LoafWallet

引用元: LoafWallet

LoafWalletはモバイルウォレットです。

iOSで配信されているアプリで、ビットコインのウォレットで有名なbreadwalletを参考に作られています。

スマートフォンでの操作になるので利便性が高いのが特徴です。


使用するために初期設定は以下の通りに行います。

①App Storeからアプリをダウンロードします。

②アプリを起動し、Create New Walletから新しいウォレットを作成します。

③PINコードを設定します。

④紙にペーパーキーをメモし保管します。

ペーパーキーは無くさないように注意しましょう。

Jaxx

Jaxx

引用元: Jaxx

Jaxxはソフトウェアウォレットです。

ライトコインのほかにもビットコインやイーサリアムなどいくつもの通貨に対応しています。

PC以外ではスマートフォンのアプリなどでも提供されています。


ダウンロードの方法は以下の通りです。

①https://jaxx.io/にアクセスしDownload Nowからダウンロードとインポートを行います。

②インポートが終わったらJaxxを起動し、利用規約等の確認を行います。

③CREATE NEW WALLETから新しいウォレットを作成します。

Coinbase

coinbase

引用元: coinbase

Coinbaseはアメリカの大手取引所でウェブウォレットの提供も行っています。

利用するにはアメリカの銀行口座等が必要となるので現状では日本から使用することは困難です。

いずれ日本からの取引が可能となる可能性もあるので、登録をしておいても良いかもしれません。


登録の方法は以下の通りです。

①https://www.coinbase.com/から公式サイトにアクセスし、メールアドレスを入力します。

②届いたメールのリンクから個人情報の登録等を行います。

③口座の登録を行います。

Ledger Nano S

Ledger Nano S

引用元: Ledger Nano S

Ledger Nano Sはハードウェアウォレットです。

ライトコインのほかにも多くの仮想通貨に対応しています。

ハードウェアウォレットを購入するときは安全のため必ず信頼できる公式ストアから購入するようにしましょう。


購入後の使用方法は以下の通りです。

①本体を付属のUSBケーブルでPCに接続します。

②本体の画面に表示された指示通りに設定を行います。(左右のボタンで選択、同時押しで決定)

③本体の設定が終わったらPCにChromeブラウザから専用アプリLedger Managerをダウンロードします。

④アプリと本体の同期を行います。

Keepkey

Keepkey

引用元: Keepkey

Keepkeyはハードウェアウォレットです。

ライトコインを含めた6種類の仮想通貨に対応しています。

シンプルな見た目で使いやすいと評判のウォレットです。

繰り返しになりますが、ハードウォレットは必ず信頼できる正規店から購入するようにしましょう。


購入後の使用方法は以下の通りです。

①付属のUSBケーブルでPCに接続します。

②説明に従ってセットアップを行ってください。

Keepkeyにライトコインの送金を行うことで保管することができます。

EXODUS

EXODUS

引用元: EXODUS

EXODUSはソフトウェアウォレットです。

ライトコインのほかにビットコインやイーサリアム、Aragon、OmiseGoなど様々な通貨に対応しています。

見やすく使いやすいデザインが特徴で、設定でカスタマイズも可能です。


使用方法は以下の通りです。

①公式サイトhttps://www.exodus.io/の右上のボタンからソフトウェアのダウンロードを行います。

②OSを選択し、インストールを行います。

デスクトップにアイコンが表示されるのでそこからソフトウェアを起動することで利用することができます。

ライトコイン(LTC)の管理にはハードウォレットがおすすめ

金庫

お伝えしてきたように、ライトコイン等の仮想通貨を安全に保管するためにはウォレットを使用することが必要となります。

特にハードウェアウォレットへ保管することはウォレットの中でも特に安全性の高い方法になるためおすすめです。

しかし、中古品や正規店以外から購入することは、悪意のあるものによって秘密鍵などの重要な情報が洩れている可能性が否定できず大変危険となるので、必ず公式ストアなど信頼できる場所から購入するようにしましょう。

また、説明書や公式サイトなどの情報をよく読み、適切な方法でパスワードや秘密鍵などの情報を保管し、正しく利用することも安全に利用するためには重要になります。

以上のことを守り適切に管理することでより安全にライトコインの管理を行っていきましょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。