仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Imgl8654171031 tp v

イーサリアム(ETH)送金時間・手数料について|取引所毎に異なる?

イーサリアムは時価総額2位のアルトコインです。今回はイーサリアムの送金についてまとめています。送金スピードや取引所ごとの送金手数料にもまとめているので、送金をお考えの方はぜひ一読しましょう。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/16 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

イーサリアム(ETH)でも送金遅延が起こっている

不満げな男性

2017年末からイーサリアムの送金スピードがダウン。

今年に入ってからもTwitter上ではイーサ(ETH)の送金がなかなか反映されないことに苛立つツイートが多く見られます。

Ethereum(イーサリアム)-ETHの価格チャートはこちら

イーサリアム(ETH)のトランザクション(送受信)は過去最高レベル

イーサリアムとは、仮想通貨の中でもビットコインに次いで人気のコイン。

知っている・持っている人も多いのではないでしょうか?

人気が出てきた背景には、独自のシステムや送金時間がビットコインよりも速い、といったことがありました。

しかし人気になり過ぎたために、取引量が増え、処理が詰まってしまっている現象が起きています。

今日はイーサリアムの送金時間について

・送金詰まりとは?なぜおこる?
・送金詰まりは取引所のせい?
・イーサ以外に送金の早い通貨は?


などを切り口に見ていきましょう。

Ethereum(イーサリアム)-ETHの価格チャートはこちら

イーサリアムのシステムの仕組みとは

イーサリアムもビットコインもブロックチェーンという技術を使っています。

ブロックチェーンとは、それぞれのユーザーの「送金したい」「コインを売りたい」などの取引を、特定の企業が管理するのではなく、ユーザ全員で管理するシステムです。

そのコインの取引は全て、そのコインのブロックチェーン上に公開され、常に世界のどこかのユーザーが、誰かの取引データについて検証・承認の作業を行なっています。

送金に時間がかかることを「送金詰まり」といいます。

この詰まりは、取引量に処理スピードが追いついていないことによって発生します。

送金の遅延は取引所のせいではない

赤信号

送金詰まりが発生すると、自分の使っている取引所の問題だととらえてしまいますが、実は送金詰まりは取引所のせい(だけ)ではありません。

確かに送金がなかなか反映されないと、消失したのかと思い、不安になりますよね。

ユーザーによっては数日かかったという声もあり、送金したイーサでアルトコインを購入しようと思っていたのに買い時を逃した、などの怒りの声も、多く見られました。

取引所がイーサリアムのシステムを持っている訳ではない

実は、取引所は仮想通貨のシステムを持っているわけではないので、送金の手続きを取引所の社員が行なっているわけではありません。

仮想通貨の送金はそれぞれのブロックチェーン上で行われます。

そのコインが持つシステムの特性によって、送金にかかる時間は様々。

例えばビットコインとイーサリアムで比較すると、1秒あたりの取引処理可能件数はこれだけ違いがあります。

ビットコイン:6件/秒

イーサリアム:15件/秒

ビットコインは取引を書き込んでいくブロックの生成が10分に1つとなっているため、送金反映は最短でも10分かかります。

それと比較するとイーサリアムは4分ほどで送金完了。

確かに速かったのですが、年末から年始にかけてイーサリアムユーザが急激に増えたため、その許容量を超えてしまいました。

リップル(XRP)なら送金10秒

リップル

イーサリアムが送金詰まりを起こしている間、注目を集めたのがリップルです。

リップルは送金時間の短さをウリにしており、ネット上ではビットコインもイーサも詰まっているけれど、同じ取引所でもリップルならすぐに送金できたという声が多く上がっていました。

ビットコインやイーサリアムはこのところ送金詰まりが多く見られるので、リップルなど送金スピードが早いコインに乗り換えるユーザが増えています。

それによって価格も上がっているので、注目しがいがありますね。

リップル(XRP)は送金を最重要視した通貨

リップルはそのタイムラグをほとんど感じさせずに高速送金できる技術がウリ。

その取引処理件数を先ほどのビットコイン、イーサリアムと比較すると以下のようになっています。

ビットコイン:6件/秒

イーサリアム:15件/秒

リップル:1,500件/秒

ビットコインの250倍、イーサリアムの100倍のスピードで取引を処理できます。

ハイスピードの送金技術にネットバンキングのSBIホールディングスが目をつけ、リップル社と共同開発で、他行と共に為替送金の実証実験を開始したほど。

イーサリアム(ETH)の送金待ち状況を調べる方法

イーサリアム

仮想通貨の送金状況について調べたい場合には、取引所で履歴を調べる他に、仮想通貨ごとによって異なるトランザクションを確認できるサイトで調べるという方法があります。

Tx(トランザクション)を確認しよう

トランザクションとは、ブロックチェーンで実行される取引(情報の送受信)のことです。

送受信された情報の正確性が、マイナーと呼ばれる取引承認作業を行なっているユーザーによって承認されることで、取引が実行されます。

トランザクション

イーサリアムのトランザクションは、以下のサイトで確認できます。

イーサスキャン

トップページ右上の検索窓に、トランザクションIDまたは送金先のアドレスを入力するだけ。

トランザクションIDは、送金を実行した取引所などの履歴で確認することができます。

「未確認」と表示される場合は送金詰まりが起こっている可能性あり

検索結果として、送金先や送金額などの情報が表示されれば、処理中なので待っていれば完了となります。

ここで「未確認」と表示されてしまった場合には、送金詰まりが起きている可能性があります。

数時間から数日、気長に待つしかないでしょう。

イーサリアム(ETH)の送金手数料比較

上昇 矢印

イーサリアムの送金手数料は取引所によって大きく異なり、coincheckやZaifは0.01ETH(時価800円ほど)、bitFlyerやGMOは無料となっています。

手数料が上がる要因の一つに、この送金詰まりの問題が挙げられます。

取引の承認を行うユーザは、承認作業と引き換えに新しいコインをもらえる(マイニング)を報酬として受け取っています。

しかしその他、送金時にユーザーが支払う手数料も一部受け取る仕組みになっています。

したがって、手数料が高い取引ほど、マイナー達が優先して承認作業を進める可能性が高いのです。

取引所はトランザクションの混雑状況に応じて数料を増減させることで、送金時のラグを最小限に抑えるよう努めています。

イーサリアムの送金手数料比較表
取引所・販売所 送金手数料
コインチェック 0.01ETH
Zaif 0.01ETH
bitbank 0.005ETH
bitFlyer 無料
GMOコイン 無料

まとめ

今回はイーサリアムの送金時に起きるタイムラグとその原因、対処方法について紹介していきました。

送金詰まりは、人気が出すぎてしまっているが故に送金時間が遅くなってしまう、仮想通貨ならではの現象です。

また、必ずしも取引所の責任ではなく、手数料を調整することで承認が優先されることもある、ということがわかりました。

送金がすぐ反映されなくても焦りは禁物。

その時々に応じて送金速度の速いコインと使い分け、送金におけるタイムラグも含めた、リスク対策が行えるようにしていきましょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。